「新しい靴をおろすときの時間は夜はよくない」
という言い伝え、聞いたことありますか?。

先日新しく靴を買って履こうとした時に、子供のころ母親からよく言われていたのを思い出したんです。

子供こころに新しい靴が嬉しくて、夜に履こうとしていた時でしたね。

でもそのころ母親に「なんで夜はよくないの?」と尋ねても、「なんででも!」とか「縁起が悪いから!」などちゃんとしたワケを教えてもらっていなかったような…。

なぜ新しい靴をおろすとき、「夜」はよくないんでしょう?。

今回は子供にも伝えられるように、「新しい靴をおろすときの時間は夜はよくない」の言い伝えについてしっかり調べてみたいと思います。

【スポンサーリンク】

新しい靴をおろすときの時間、なぜ夜はよくないのか?

子供のころ母親からは、新しい靴を夜におろすことは「縁起が悪いから!」とだけは聞かされてきましたが、いったいどんなふうに縁起が悪いのでしょう。

あらためて調べてみると、いくつかの説がありました。

新しい靴を夜におろすことは「死」を連想させる?!

こういった言い伝えが始まったころの環境を考えると、「なるほど」と思わされることが多いもの。

今回の「新しい靴をおろすとき」というのも、江戸時代ころの「夜」を想像するとわかりやすいですね。

現代は24時間営業するお店も多く、夜中でも街は明るく路地にも街灯がついています。

しかし江戸時代ころの夜はというと、街灯もなくあたりは「真っ暗」

そんな暗い夜に「新しい靴をおろす」というのは、誰かが亡くなり「お通夜」などがある時くらいなものだったのです。

さらに江戸時代ころは新しい靴をおろすとなると、いわゆる「冠婚葬祭」のときと相場が決まっていて、それが「夜」ともなればイコール「お通夜」へ参列することを連想するにつながることから、「新しい靴をおろすときの時間は夜はよくない」とされるのです。

新しい靴を履いて夜でていくのは「亡くなられた方」だから?!

新しい靴をおろすときは、これから「長旅」にでるときでもあります。

わざわざ新しい靴をおろすときの時間に「夜」を選ぶということは、亡くなられた方の長旅を連想してしまうのです。

亡くなられた方の出棺のときには、新しい靴を履かせる慣わしがありますから。

暗い夜に新しい靴をおろして長旅にでるなんて、なんとも「縁起が悪い」ことに違いないのです。

【スポンサーリンク】

新しい靴を夜におろすときが夜になる場合は?

現代は江戸時代ころのような昔とは違って、夜のパーティやお食事会などお洒落して出掛けることも多いでしょう。

せっかくなら、その夜のために買った新しい靴をおろしていきたいと考えるのも当然です。

「新しい靴をおろすときの時間は夜はよくない」の言い伝えも、気にしないという方もいれば、子供のころに母親から言われた「縁起が悪いから!」がずっと気になって、夜のお出掛けに新しい靴をおろせないという方もいるでしょう。

実はこの言い伝えには、新しい靴を夜におろすための「裏ワザ」があったのです!。

新しい靴を「なんちゃって中古品」にしてしまう!?

どうしても新しい靴をおろして、夜にお出掛けしたいなら(縁起を気にする場合ですよ)…。

「新しい靴」でなくしてしまえばいいのです!。

子供のころ新しい靴を履いて学校にいくと、友達からわざと汚されたりする「洗礼」を受けた方もいるかと思いますが、あれに似てるかな?。

昔も、新しい靴を夜に履いて出掛けなければならない場面があったのでしょう。

だからこそ、昔から「裏ワザ」がありました。

・靴の裏にツバをつける
・靴の裏を火で炙る
・靴の裏に靴墨を塗る

などワザと靴を汚すことで、「なんちゃって中古品」にしてしまうのです!

なんだか言い伝えを逆手にとった、可愛い「裏ワザ」ですね。

まとめ

今回は、先日新しく靴を買って履こうとした時に、子供のころ母親からよく言われていた「新しい靴をおろすときの時間は夜はよくない」の言い伝えを思い出したことから、「なぜ?」が湧いてきて調べたことを紹介してみました。

「夜」にちなむ言い伝えって、靴だけでなく「死」を連想させることって多いんですよね。

「言い伝え」や「縁起」は、たしかに気にしなければしないで済んでしまうことではあります。

でも、縁起を担ぐこと自体に「マイナス要素」はないと思っています。

日本人ならではの「文化」かもしれません。

私たちの暮らしの中で、「縁起もの」ってけっこうあるものです。

最近の若い方々はあまり気にしないことなのかもしれませんが、「無くしちゃイケナイ」ものの様な気がします。

逆に若い方が日本に伝わる「言い伝え」や「縁起」を知ってたりすると、それだけでなんだか素敵かも…。

「裏ワザ」知ってれば、縁起の悪さも覆せますしね!。

【スポンサーリンク】