最近は、「アルコールテイスト飲料」の需要がとても高まっているようですね。

いわゆる「ノンアルコール飲料」「ノンアル」と呼ばれるものです。

そのお味の方はというと、以前は正直「本物」とはまるで違う…という感じでしたが、各メーカーがしのぎを削るようにかなり完成度の高いものへと進化し続けているようです。

また一昔前までは、ノンアルコールといえば「ビール」でしたが、最近では焼酎やカクテルはもちろん、日本酒やワインテイストのノンアルコール飲料まで出ていて、正直ビックリしてしまいます。

なにもそこまで「ノンアルコールが必要」なのか?と思ったりするものですが、健康上飲酒を禁止されていたり、車を運転する方にとっては、お酒に似た「味わい」や「雰囲気」を楽しめるノンアルコール飲料は、とてもありがたいものに違いありません。

色々なノンアルコール飲料を楽しめる世の中ではありますが、中には「ノンアルコールなのに酔う」と、まさに本物のアルコールを飲んだときと同じような現象が起きてしまう方もいるのだとか。

最近のノンアルコール飲料・アルコールテイスト飲料は、基本的にアルコール0.00%のものが主流なのにチョッと不思議な話ですよね。

今回は、ノンアルコールでも酔うのか?、本物のアルコールを飲んで酔った時のような現象が起きるのか?について、興味のまま見ていきたいと思います。

【スポンサーリンク】

ノンアルコールでも酔う?!実はアルコールが含まれている?!

日本の酒税法において酒類とは、「アルコール分1度以上の飲料」であると定義されています。

第2条 酒類の定義及び種類

第1項関係

1 「アルコール分1度以上の飲料」の範囲

 「アルコール分1度以上の飲料」には、アルコール分1度以上のものでそのまま飲用に供し得るもののほか、水その他の物品を混和してそのアルコール分を薄めて飲料とすることができるもの(飲用に供し得る程度まで水その他の物品を混和したときのアルコール分が1度未満となるものを除く。)又は水その他の物品と併せて飲用に供することができるものを含むものとする。

つまり、ノンアルコール飲料やアルコールテイスト飲料と呼ばれるものは、含まれるアルコール分が1%未満のものとなります。

裏返せばごく僅かなアルコール分が含まれていても、その量が1%未満であれば「ノンアルコール」を名乗ることができるのです。

確かに2000年代前半頃のノンアルコールビールには、1%未満のアルコールが含まれているものが多かったようで、たくさん飲んだ後や飲んだ直後に受けた検問の「アルコール検査」で、トラブルが生じる原因にもなっていたようです。

2010年代以降は、各メーカーから販売されているノンアルコール飲料のほとんどの商品は「アルコール分0.00%」となっています。

ノンアルコールでも酔うのは、「僅かでもアルコールが含まれているから?」を疑うものではないということです。

ノンアルコールでも酔う「空酔い」って?!

「空酔い」って、聞いたことありますか?。

空酔いとは、ノンアルコールビールやノンアルコール焼酎のように実際にはアルコールが含まれていないにも関わらず、それらを飲んだことでまるで「本当」のアルコールを飲んだときのように酔ったようになる現象をいいます。

空酔いは、アルコールの作用で酔っているものではありません。

例えばノンアルコールビールを飲んでいるにも関わらず、脳が「本物」のビールを飲んでいると錯覚してしまっている状態でおきる「酔ったような感じ」です。

逆にいうと空酔いは、脳が本物のアルコールを飲んだ時の事を、よく覚えているからこそ起きる現象なのかもしれませんね。

この現象のを引き起こす理由に大きく関係していると言われているのが、「プラシーボ効果」と呼ばれるものです。

実際にはその作用がないにも関わらず、一種の暗示に掛かってしまったようなものだといわれています。

【スポンサーリンク】

ノンアルコールで酔った「空酔い」で現れる現象とは?!

ノンアルコールでも酔ってしまう「空酔い」がおこる理由が、脳の錯覚や一種の暗示に掛かるプラシーボ効果によるものから、現れる現象も人それぞれです。

・テンションが高くなる
・明るく開放的になる
・顔が赤くなる
・泣き上戸になる

などなど…。

テンションが高くなるのは、空酔いの代表的な現象の1つです。

お酒を飲めない方でも、飲み会などお酒の席でテンションが高くなり、まるで「お酒を飲んだ?」と思えるような方っていますよね。

まさに飲み会の雰囲気に酔っている、「空酔い」で楽しまれているケースではないでしょうか。

ただ、どの現象でも同様ですが、「本当」のアルコールを飲んでいるわけではないので、 アルコールが脳に影響したような「酩酊(メイテイ)状態」にはなりえません。

もしも、ノンアルコールで「足腰立たない」「ろれつが回らない」などの酩酊状態の現象が現れるのなら、かなりプラシーボ効果が掛かりやすい、いわば「暗示に掛かりやすい」方なのかもしれませんね。

ノンアルコールならいつでも飲んでOK?

最近のノンアルコール飲料のほとんどが、アルコール0.00%を謳っているものですから、「車の運転中」も含め、いつ飲んでも法律的にとがめられるものでないことは間違いありません。

実際に、高速道路のSA・PAでもノンアルコール飲料が販売されていますしね。

ただ、気をつけたいのがノンアルコールといえど「空酔い」などの現象が起きるということ。

アルコール分は含まれていないのですから、本来の「酔い」ではありませんが、いつもよりテンションが高くなったりすることは押さえておいた方がいいでしょう。

ノンアルコール飲料は、お酒を飲みたいけど飲めないときに、味わいや雰囲気を楽しむための飲み物なのではないかと思います。

実際、健康上の問題や、車の運転が控える会食で雰囲気を壊さないためにもとてもありがたいものです。

その反面、本来お酒を飲んではいけない場面の「車の運転」や「仕事中」にノンアルコールを飲むのは如何なものか?と感じたりもします。

実際、車のボトルホルダーに「ノンアルコールビール」を置きながら運転している方は少ないのではないでしょうか。

まとめ

車を運転することが控えていたり、健康上飲酒が禁止されている方でも、雰囲気だけでも楽しみたいというシーンでノンアルコール飲料は大変ありがたい飲み物でしょう。

最近のノンアルコール飲料は、ビールも焼酎も本物に近い味わいで美味しいですしね。

「ノンアルコールでも酔う」ということに対して、最近のノンアルコールは0.00%が主流なのに「酔う」というのはチョッと不思議だと思ったのですが、

・脳の錯覚
・プラシーボ効果

などからの「空酔い」の現象だったことを知りました。

ちなみに空酔いする方の多くは、本当のお酒を飲む習慣のある方、もしくは飲んだことのある方だとされています。

「脳の錯覚」で起きる現象ですから当然かもしれませんね。

【スポンサーリンク】