%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-12

私は小さい頃、シルバニアファミリーが大好きでした。

赤い屋根の大きなおうちをかってもらって、妹と二人で、ごっこ遊びをしていました。

リスの服をウサギさんに着せたらどうなるんだろう?

男の子の服もカワイイ!

着せかえ遊びをしている私を見て、手芸好きな母が、帽子を編んでくれたり、スカートをつくってくれたり。

とても楽しかったのを覚えています。

【スポンサーリンク】

ミニスウィーツドールとの出会い

最近、twitterの、アクア系で仲良くなった方が、とても小さい・・・足からあたままで、15cmないんじゃない?というくらいの、ちいさいお人形の写真をアップしていました。

それまで、大人が手を出す「お人形」というのは、一体十万円?とかするような、大きくて、でも繊細できれいなお人形というイメージでした。

ほしいけど、飾る場所もないし、それに、高いから、怖い・・・。

けれどお友達がアップしていたお人形は、なんだかプラモデルみたい?

プラスチックのからだに、大きなひとみで、なんだか「リカちゃん人形の、間接がたくさん動くやつ」って感じ。

お友達に聞いてみたら
ミニスウィーツドールっていってね、いま人気のお人形なの。月に一回店舗で限定販売しててね。あとその翌日も、早いもの勝ちの通販とか。」

「ち、ちなみにお値段はいかほど・・・?」

「服もウィッグもアイもセットで、2万円いかなかったりするよ!」

お、これだ!小さいし、持ち運べる!
暇を持て余していた私は、早速購入しました♪

メイクの練習

私の好きなアーティストにあやかって、名前は「コテツ」にしました。

なかなかあざとい顔をしていて、ドルチェ(ミニスウィーツドールを出しているショップ)の公式設定だと男子なんですが、女装させてる人も多いです。

お友達は、ニヤリと笑っていいました
「小さい子は、増えるよ・・・」

「いやいや、そんな予算ないですwそれに次の子は自分でメイクしてみたいんだ!」

金銭的なことを理由にして逃げようとしていた私に、その友達が、ボソリと・・・

「パラボックスっていうところも、オビツ11サイズのヘッドを売っててね。自分でカスタムとかメイクしたいなら、そこもオススメ。ヘッドだけなら、2000円しないで買えちゃうよ」

な、なんですとー!!!

その足で私は、中野にあるパラボックスへ。

「いちばんちいさいサイズの子にあうヘッドがほしいんですけど・・・」

店員さんはにっこりしながら

「いまオビツ11サイズ人気ですよね!こちらですよ!」

と何種類か指してくれました。
その中でピンときた子を購入。

そして家でひたすら、メイクの練習です。

【スポンサーリンク】

基本的に、すっぴんのヘッドはのっぺらぼう。
目のところには穴があいてるだけだし、眉毛もないし、まつげも自分で書かなきゃだし。

何より小さいし。

ボークスさんからでている下書きペンで何度も何度も、自分の好みになるようにメイクしました。

眉毛はキリっとしているほうがいい!

でも、タレ目がいい!

無愛想な感じだけど、顔が美しすぎるというか、まつげが多いせいで、無愛想に思われない!そんな・・・そう、一言でいうと

「お耽美系の顔の子を作りたい!」

そう思って日夜メイクに励みました。
だんだんなれて行くもので、よく考えたらあれって、立体のものにお絵かきしてるようなものなんですよね。

で、なんでお耽美系の顔の子がいいかっていうと、オビツ11サイズっていうのはなんか、年齢的には6歳ー9歳ぐらいまでの、小さくてあどけない感じの顔の子が多いんです。

そもそも小さいですしね。

なので需要がないのかも。

作っても売れないみたいな。笑

なんども下書きペン(水で消えます)で下書きの下書き、

気に入ったら水彩色鉛筆で大まかに書いて、

リキテックス(ホビー用塗料です)やアクリルガッシュ(耐水性絵の具)でアイラインを入れる!眉毛も!

まつげも細かく書く!アイラインを下げ目にしたらタレ目♪

くちびるはうっすらピンクにして、しあげにパステル(粉のやつ)をほっぺに♪

おっと、大切な行程をわすれていた。
今までのメイクは、上から塗っているだけなので、パステルなんかは特に「上からこするとメイクがはげちゃう」んですよ。

なのでここでフィニッシングスプレーを噴射!して、メイクを定着!

紅顔の美少年が完成♪

名前は愁「シュウ」にしました。

コテツくんと愁くん、二人はいつも机の上で寄り添ってます。
・・・ドールオーナーの私よりも、リア充です。

男子のくせに・・・笑

みなさんも楽しいドールライフ、いかがですか?

【スポンサーリンク】