こどもたちもスッカリ夏休みモードで、海や川へ遊びに行きたい様子です。

奥さんまで一緒になって、

「パパ~、海に行きたいよ~!」

なんてオネダリしてきてさ…(苦笑)。

まぁたしかに、海や川遊びって「夏ならでは」って感じもするし、その気持ちはわかる。

パパだって遊びにいきたいですよ。

けれど、パパが「よ~しっ、海行くぞ~!」って気持ちになるのは、会社の「お盆休み」だったりするモノ。

ふだんはお疲れモードですからね…(苦笑)。

だけど、お盆に海行くとなると昔から伝わる「お盆に海に入るな」って迷信が気になるという方もいるのでは?。

実際、お盆時期になると「水の事故」の件数が、やたらニュースで頻繁に見聞きするようになります。

何か理由があってのコトだと思いますが、お盆の海には「怖い話」もたくさんあるみたい…。

今回は、お盆に「海に入るな」といわれる理由について、色々な角度から探っていきたいと思います。

【スポンサーリンク】

お盆に海に入るなといわれる「怖い話」!!

実際、お盆時期になると「水の事故」の件数が多くなっているのは間違いありません。

その理由は何なんでしょう?。

チョッと怖い話は、「お盆の海」の事故は昔から「霊の仕業」だとされているコトですね…(怖)。

海はあの世とこの世をつなぐ路(みち)?!

お盆になると各地で、「灯篭流し」というお盆中に「この世」に帰ってきたご先祖様を「あの世」に送り返す行事が行われていますよね。

逆に、地域によってはご先祖様は「海から帰ってくる」とも言われているようです。

つまり、海は「この世」と「あの世」をつなぐ路(みち)なのです。

よく、人は死後「三途の川」を渡り「あの世」へいくといわれますが、三途の川は「川」ではなく「海」だといわれています。

この世とあの世をつなぐ路(みち)で遊ぶだなんて、霊の怒りを買うに違いないと思いませんか…。

死者の霊が足を引っ張る?!

海で亡くなられた方の霊が、お盆になると事故のあった場所へ里帰りをする。

あの世に再び戻るときになると、「なんで自分だけが…」と嘆き、遊びにきている人の足を引っ張り「道連れ」にしようとするのだとか…。

お盆の海は「地獄の窯の蓋」が開く?!

生前の悪行を咎められた霊は、閻魔大王によって「地獄」へ落されるといわれていますが、その地獄の窯の蓋も、お盆時期になると開くとされ、悪霊が海へ解き放たれるのです。

地獄の窯の蓋が開いているのは1日だけとする説や、お盆時期に合わせ13日~16日とする説もありますが、怖いのはどちらもまた地獄へ帰るときに、海で遊んでいる人を「道連れ」にしようと足を引っ張るのだとか…。

どうでしょう。

これだけお盆の海の怖さを聞くと、「お盆に海に入るな」という迷信も納得してしまいます。

チョッと「ブルッ」ときた方で、「今年のお盆休みは海どうしようかな…」なんて不安を抱いたのなら、古い昔の方々は「ヨシヨシ」と喜ぶのでは?と思ってしまいます。

でも、さらに色々しらべていくと、このような「怖い言い伝え」だけでなく、お盆の時期の海は、色々な面で家族で安心して楽しめる環境ではないのもたしかな様子。

お盆の海がどれだけ怖いモノであるか、現実の世界で見ていきましょう。

お盆に海に入るなといわれる理由!

「お盆に海に入るな」といわれるは、お盆の時期の海は、本来「海水浴」に適したモノではなくなっているからと考えるのが、現実的な理由。

でも、パパやママのお仕事が「お盆休み」のときにしか海に行けないという現実もあるワケで…。

ここからは、お盆の時期の海の危険性について1つ1つ確認していきましょう。

【スポンサーリンク】

お盆の海「土用波」の危険性!

「土用波」とは「夏の土用」の頃に発生する「大波」のコト。

この頃になると、日本近海で台風が発生するコトが多くなることも大きく影響しています。

まだ本州へは遠い沖縄周辺の台風による海のうねりが、静岡の「遠州灘」や千葉の「九十九里浜」まで伝わり「大波」となって襲うのだといいます。

台風じたいはまだ遠くにあると、まだ天気がイイので油断しがちです。

しかしお盆時期は「大潮」と重なる時期でもあり、突然「通常の2倍~3倍」もの大波となるコトがあるのだとか。

お盆の海、とくに遠洋に台風の発生があるときには、「土曜波」の危険性を意識する必要があります。

お盆の海「離岸流」の危険性!

先の「霊が足を引っ張る」の話から、「離岸流(りがんりゅう)」が頭に浮かんだ方もいらっしゃるのではないでしょうか?。

離岸流(りがんりゅう)とは、海浜流系の一種で、海岸の波打ち際から沖合に向かってできる流れのこと。幅10メートルから30メートル前後、長さ数十メートルから数百メートル前後で生じる、局所的に強い沖方向の波。主に、海岸に打ち寄せた波が沖に戻ろうとする時に発生する強い流れ。

簡単にいえば、海岸の波打ち際から沖に向かう強い流れのコト。

「離岸流」は遠浅の海岸で発生しやすく、海水浴客が知らず知らずに巻き込まれるケースが多い。

たとえば、流されたビーチボールや浮き輪を追いかけているうちに、知らず知らずに沖合へと流されるような形です。

怖いのは、この「離岸流」に完全にハマってしまうと、オリンピックレベルの水泳選手でさえも、その流れの強さには逆らえないほど勢いよく沖へ沖へと流されてしまうモノだとか。

離岸流の発生が強いトコロでは、たとえ膝くらいの深さでも、足をすくわれバランスを崩すコトがあります。

まさに「霊に足を引っ張られた」と感じる瞬間かもしれませんね。

お盆の海「海水温度」が急激に下がる!?

お盆時期に、家族など海水浴に行くと、海に入ったときは「あたたかく」「温く」と思った海水が、急に「冷たッ!」ってなるコトありませんか?。

海水の急激な温度変化は、心臓麻痺や筋肉の痙攣(吊る)などを生じ、「溺れる」事故へと繋がる危険性もあります。

お盆の海にはクラゲが大量発生?!

お盆の海は「くらげが多い」とは、昔からよく聞きますよね。

くらげの生態を見ると、6月~8月頃にかけが「ポリプ」と呼ばれる幼体から、大人のくらげへと成長を遂げる時期。

くらげが好きな海水温度は「20℃~30℃」くらい。

お盆時期にあたる頃の海水浴で賑わう海岸の浅瀬の温度が、ちょうどその温度となるコトから、沢山のくらげ発生し「くらげに刺された~!」という方が多くなるのです。

まとめ

今回は、お盆に「海に入るな」といわれる理由について、色々な角度から見てきました。

昔からの言い伝えでは、お盆の海には「霊」の仕業に因む「怖い」モノもありました。

お盆とは、ご先祖様があの世からこの世に帰ってくる時期とともに、「地獄の窯の蓋が開く」と言われるように、悪い霊も解き放たれる時期。

お盆時期に海へ戻った霊が、帰るときに「道連れ」として遊びにきた人を引っ張り込むと伝えられてきたモノでした。

また「怖い話」を裏付けるように、お盆の海は安心して楽しめる環境でないのもたしか。

・土用波
・離岸流
・急激な海水温度の低下
・くらげの大量発生

一見おだやかに見える海でも、これらの危険に直面すれば命をも危ぶまれるコトにもなります。

霊による仕業だと言い伝えられてきた「お盆に海に入るな」も、お盆の海の危険性を家族やこどもたちを怖がらせて「海に近づけさせない」ためのモノだったのでしょう。

今年のお盆休みも、大勢の家族連れで賑わうことでしょうが、今回紹介したようなお盆の海の怖さを意識しつつ楽しんでもらえたらと…。

とくにお子さんの行動は、一瞬たりとも目を離さないようにしてくださいね!。

【スポンサーリンク】