毎日のお風呂、寒い冬のお風呂はカラダも温まって気持ちいいものですし、夏だってお風呂上りはサッパリと気持ちいいですよね!。

お風呂で湯船につかることで心身ともにリラックスできますし、カラダを温めることで凝りがほぐされ疲労回復にもつながります。

好きな入浴剤の香りで、ストレスが和らいだりもしますよね!。

でも、逆に「お風呂に入ると疲れる」という意見もあります。

お風呂の入り方1つで、疲労回復にもなるし、逆に疲れることにも繋がってしまうのだとか…。

今回は、「疲労回復に効果的なお風呂の入り方」を中心に紹介していきたいと思います。

お風呂に入って「あ~、ぐっすり眠れた~」と感じるのは、実は間違ったお風呂の入り方をしているかもしれないみたいです!?。

【スポンサーリンク】

お風呂は体力使う?!

気持ちいいハズのお風呂ですが、「お風呂に入ると疲れる」という方もいるようです。

お風呂で湯船にゆっくりつかるのは、健康的にも美容的にもいいハズなのですが、「疲れる」というのではお風呂はカラダに「マイナス」効果になってしまいます。

お風呂は本来、疲労回復に効果があるといわれるもの。

「お風呂に入ると疲れる」ということは、お風呂の入り方に「間違い」があるのでしょうか?。

お風呂に入るとよく眠れるのは疲れたから?!

シャワーだけでは感じないものの、湯船に長くゆっくりつかった時ほど疲れを感じるという方がいます。

その時のお風呂は、どれくらいの温度になっているでしょう?

熱いお風呂に肩までしっかり、長い時間つかっていませんか?。

熱いお風呂に長く入ることで、カラダも心も温まり疲労回復に効果的だという説を信じられている方も多いようです。

熱いお風呂に長い時間つかっているとカラダはたしかに温まりますが、体温が上り過ぎないように調整するために汗をかき、かなりの体力を使うことになるのです。

熱いお風呂に肩までしっかり入ったあと、疲労回復したような感覚で「よく眠れる」と感じるのは、それは疲労回復効果ではなく逆に「疲れて」しまったためだったのです。

また肩までしっかり長時間つかっていると「血圧」が高くなり、心臓への負担が大きくなるといわれています。

心臓が弱い方や高血圧症の方は、長い時間肩までつかるようなお風呂の入り方は注意が必要です。

疲労回復に効果的なお風呂の入り方!

熱いお風呂に長時間つかるような入り方は、逆に疲れてしまうことに繋がることがわかりました。

では、「疲労回復」に効果的なお風呂の入り方とはどんなモノなのでしょうか?。

まずは、お風呂で湯船につかる効果(メリット)を見ていくことにしましょう。

お風呂で湯船につかることで得られる3大効果とは?!

温熱効果で血流がよくなる!

温かな湯船につかると、カラダが芯から温まることから、手足の末端まで血管が広がり「血流」がよくなります。

また、お風呂につかってほどよく発汗することは「老廃物の排出作用」もあり、疲労回復に繋がるとされています。

水圧によるマッサージ効果!

湯船につかっているときは、カラダを取り囲む全ての方向から均等に圧力が加わっているので「重さ」を感じることはありませんが、520kgもの水圧が全身にかかっています。

カラダ表面に受ける水圧はそのまま「マッサージ効果」へと繋がり、カラダの末端とくに下半身に溜まった血液が心臓へ押し戻されることから、足のむくみや疲労回復へ繋がります。

浮力で全身リラックス!

湯船につかっている時は、水(お湯)の浮力でカラダが受ける重さは陸上の10分の1にまで軽くなります。

余分な力が抜けカラダの内側・体幹の筋肉までリラックスすることで、疲労回復につながるとされます。

【スポンサーリンク】

疲労回復に効果的なお風呂の入り方!

疲労回復に効果的なお風呂の入り方としては、お風呂で湯船につかることで得られる、温熱・水圧・浮力の3大効果を生かすことでもあります。

お風呂の温度

お風呂のお湯の温度は、ややぬるめの38℃~40℃くらいがおススメ。

40℃以上のやや熱めお風呂になると、冬など「あ~気持ちいい~」と感じるかもしれませんが、「交感神経」が優位になることでカラダに「お目覚めスイッチ」が入ってしまいます。

ぬるめのお風呂に20分~30分ゆっくりつかることで「副交感神経」が優位に働きカラダがリラックスした状態になることで心地よい眠りへと繋がっていきます。

お風呂の中でマッサージ

お風呂で湯船につかることは、その水圧で全身マッサージされている状況ではありますが、カラダの末端に溜まった「疲労物質」をほぐすように優しくさするようにマッサージしてあげると効果的です。

さする方向は、末端から中央に向かって。

血液を、心臓へと戻すイメージです。

血のめぐりをよくすることで、冷え症はもちろん、胃腸の調子がイマイチな時などにも、お腹のまわりを優しくさするようにマッサージするといいようです。

浮力を意識してカラダの力を抜く

湯船につかったら、お湯の浮力にフワフワと身をまかせるように余分な力を抜きましょう。

自分ではなかなか意識できない「体幹」の筋肉ですが、浮力を意識してゆっくり力を抜いていくことでリラックスできると思います。

まとめ

お風呂に入ることは多少なりとも体力を使います。

体調が悪いときに、病院の先生から「お風呂はやめておいた方が…」といわれるのも、体力消耗の面からのようですし…。

熱めのお風呂に長く入ると疲れがとれてぐっすり眠れるというのは、逆に疲れてしまったからというのが興味深い点でした。

今回、「疲労回復に効果的なお風呂の入り方」を紹介しました。

お風呂で湯船につかる3大メリットも紹介しましたが、お風呂に入ることじたい体力使います。

少なからず体力を使いつつ、それを如何に「疲労回復」に繋げるかがポイントで、3大メリットを生かし、心地よい眠りにつくことも疲労回復につながるでしょう。

とはいえ毎日のお風呂は、1日の疲れを洗い流し「気持ちをリフレッシュするもの」です。

自分にとって1番心地いいお風呂の入り方、それを追求するのもアリだと思いますよ。

【スポンサーリンク】