その年のフィナーレ!「大晦日」

特別感極まりない日だと思うのですが、今年の大晦日はどんな感じで過ごすとか、予定を立てられてますか?。

「今年の大晦日は、旅先で過ごして新年を迎えるよ!」、なんていう羨ましい過ごし方をされる方もきっと多いのでしょうね。

さておき、大掃除も終わった大晦日の夜は、毎年決まってNHKの「紅白歌合戦」という方も多いと思います。

他局も紅白歌合戦の裏番組として、「お笑い」や「ボクシング」などイベント的要素を組入れて頑張っていますが、なかなか視聴率は伸びない様子。

最近では有料動画サイトを利用して、映画三昧という方も多いのでしょうね。

大晦日の夜は「新年を迎える」べく仲間で集まり、「ホームパーティー」で深夜まで楽しまれるという方も結構多いかもしれませんね。(楽しそう!)

とはいえ、「大晦日」は昔から日本人が大切にしてきた「大きな節目の日」であるに違いありません。

その日の過ごし方も、年々変わってきているのでしょう。

今回は改めて、「大晦日」とは何か?、昔の風習はどんなものがあるのか?について見ていきたいと思います。

今となっては「大晦日」も1つの風習。

けれど、本来の意味や由来を知っているのと知らないとでは、新年を迎える姿勢が変わってくるかもしれません。

【スポンサーリンク】

「大晦日」ってナニ?

1年締めの「12月31日」、その日を私たちは「大晦日」と普通に呼んでいますが、改めてどんな意味や由来があるのでしょう?。

そもそも「晦日(みそか)」とは、月の最後の日を表した言葉です。

また「三十日」と書いて「みそか」と読み、その月の最後の日を表す言葉でもあるのだとか。

1年の集大成というか、その年の最後の日という意味で、その年の最後の月(12月)の「晦日」を「大晦日」と呼ぶようになったのです。

大晦日は「おおつごもり」ともいう?!

現在ではややマイナーな表現かもしれませんが、大晦日にあたる1年最後の日(12月31日)を、「大晦日」ではなく「おおつごもり」ということがあります。

「つごもり」とは、「月隠(つきごもり)」が短縮・変化した言葉です。

「月隠」とは、月の光がまったく見えなくなる頃を表していて、「陰暦」が用いられていた時代では「月の終わりの日」、いわゆる「月末」に相当します。

先の「晦日」の場合と同様に、12月31日は「1年最後の月末」であることから、「おおつごもり」と呼ばれるようになったのです。

大晦日!昔の風習は!

私たち日本人にとって、「大晦日」は1年を締め括るとともに「新年」を迎えるとても重要な日とされていて、地方にいくと現在でも昔の風習が継承されて残っています。

私たちも年末が近づくとあらためて意識する「大掃除」「年越し蕎麦」なども、大晦日に行われていた昔の風習の1つだといわれます。

掃き納め

大晦日に、1年最後の掃除をする「掃き納め」

新年早々に掃除をしてしまうと、「歳神様」がつれてきてくれた「福の神」をも外へ掃き出してしまうので、掃除は大晦日までに済ませておくというもの。

現在の「大掃除」に繋がる風習だと思いますが、現在の「大掃除」は新年早々に掃除しないようにというより、その年の汚れを一気に片付けるというイメージですが。

いずれにしても、すっきりキレイな環境で新年を迎えたいですものね。

【スポンサーリンク】

年越し蕎麦

大晦日に「年越し蕎麦」を食べる風習は、江戸時代頃から始まったものとされています。

「蕎麦」ってなんとなく江戸っこが好きな食べ物のイメージがあります。

「落語」でもよく出てきますものね。

現在も年末になると、デパートやスーパーで「蕎麦」の特設コーナーが設けられたりします。

「年越し蕎麦」を食べる意味も、「細く長く生きられる」という長寿祈願からのものだと伝えられていますよね。

この「年越し蕎麦」、何時頃に食べるものだと思いますか。

この点が、昔の風習と現在のものとでは違いがある様子です。

現在は「年越し蕎麦」というと、大晦日の深夜「年越し」の頃に食べるものと思われている方も多いようですが、昔の風習では「日暮れ時」に食べるものだったのです。

昔は「陽が沈むと一日が終わる」とされていたので、年越し蕎麦は日暮れ時に食べられていたようです。

除夜の鐘

大晦日の夜、NHKの「紅白歌合戦」が終わったと同時に各地方の「除夜の鐘」が紹介されます。

この除夜の鐘の音を聞くことで、「あぁ、年が明けるのね~」と実感するという方も多いのではありませんか?。

除夜の鐘は「108回」突かれます。

この108回は「人間の煩悩の数」とされていることは有名ですが、他にも様々な説もあるようです。

・「月の数の12」・「二十四節気の24」・「七十二候の72」を足すと108となる説
・「四苦八苦」を「4×9+8×9」で108となるという説

どちらも「言われてみれば…」納得の説ですが、「除夜の鐘」は仏教の行事ですから、やはり「108回は煩悩を祓う数」というのが説得力ありますね。

本来、除夜の鐘は「紅白歌合戦」の後に紹介されているように旧年中から突き始め、最後の1回を新年に突くものだとされています。

しかし、現在は新年を迎えたと同時に突き始めるお寺も多くなっているようです。

大晦日は寝ないで過ごす?!

その年最後の日「大晦日」は、心身を清めて一晩中寝ずに起きて、新年の「歳神様」を迎えるという昔の風習もありました。

間違って早く寝てしまうと「白髪になる」とか「シワがよる」など言われるほど、大切に行われていた風習だったようです。

現代でも若者たちは、アイドルの「年越しライブ」へ出掛けたり、夜通し飲み会で盛り上がったりして寝ないで過ごされている方も少なくないと思います。

「歳神様を起きて迎える」昔の風習が、心の根底で受け継がれているものなのかは「?」ですが…。

まとめ

今回は、「大晦日!昔の風習は?」について振り返るように見てきました。

昔の風習といっても、現代も引き継がれている風習が多いとの印象でした。

年末に大掃除をしてスッキリとしたお部屋で、年越し蕎麦を食べて、NHKの「紅白歌合戦」を観る。

除夜の鐘の音を聞き新年を迎える。

大晦日の昔の風習は、しっかりと現代にも引き継がれているのではないでしょうか。

「大晦日は寝ないで過ごす」ことも、形は違うかもしれませんが、現代も若者たちによってしっかり(?)受け継がれていますね。

今年の大晦日は、改めて昔からの風習を継承した1日になるように過ごしてみましょうか。

【スポンサーリンク】