日本ならではの食文化ともいえる「お刺身」

「大好き!」という方は多いですよね!。

スーパーでお買い得品のお刺身を見つけると、「今日は家族でお刺身!」と思ってつい多めに奮発してしまうこともあるでしょう。

なのにそんな日に限って、意外に残ってしまうこともしばしば…。

お刺身=生ものですから「日持ち」しないことは承知ですが、買った翌日のお刺身でも食べて大丈夫なのでしょうか?。

「お買い得品」とはいっても、お刺身はいいお値段するモノなので「捨てる」のはもったいなく思います。

今回は日本人が大好きな「お刺身」の、賞味期限についてあらためて考えてみたいと思います。

残ったお刺身は翌日でも大丈夫なのか?、また賞味期限を過ぎてしまったお刺身は「捨てる」しかないのか?、気になるアレコレ見ていきましょう!。

【スポンサーリンク】

お刺身の賞味期限と消費期限

まずは「お刺身」も含め、賞味期限消費期限についておさらいしてみましょう!。

スーパーの生鮮売り場で買うお刺身のパックには、一般的に「賞味期限」や「消費期限」が表示されているのですが、その違いはなんでしょう?。

賞味期限は「美味しく食べられる」期限!

パックや容器に表示された「保存方法」を守った場合に限って、「美味しく食べられる」期限のことを「賞味期限」といいます。

どちらかというと、容器を開封せずに保存した場合に長い期間品質が安定している、スナック菓子やカップ麺、缶詰などに多く用いられる表示で、この期限を過ぎたからといってもすぐに「食べられない」というわけでもないとのこと。

ようは「味」が落ちるという意味合いですよね。

「賞味期限」でいうと、大事なことは表示されている「保存方法」を守るということです。

一度開封して外気に触れたり、推奨される温度帯を外れるようなことがあれば、その「期限」は有効なものではなくなってしまいます。

消費期限は「安全に食べられる」期限!

パックや容器に表示された「保存方法」を守った場合に限って、「安全に食べられる」期限のことを「消費期限」といいます。

どちらかといえば、時間を追うごとに「痛みやすい」モノの表示に用いられます。

具体的にいうと、「この期限を過ぎたら食べないようにしてください」を表す表示と覚えておけばいいでしょう。

お刺身の賞味期限は?!

お刺身は「生鮮食料品」に分類されることから、法的に「賞味期限」や「消費期限」を表示する義務はありません。

基本的には私たち消費者が味やにおいなど五感から、「食べられる」「食べられない」を判断する食品です。

しかしスーパーなど小売店では「ユーザー目線」に立ち、お刺身のパックに賞味期限や消費期限を積極的に表示することが多く見かけられます。

「お刺身」は漁獲された後の様々な流通の過程で、味や鮮度も徐々に落ちてきてしまいます。

スーパーで「お刺身」の形態に加工され、生鮮品のお刺身コーナーへ並ぶ、まさに「その時」が一番、鮮度も味もいいタイミングになるよう工夫されています。

お刺身の賞味期限は?!

スーパーで買う「お刺身」のパックに「賞味期限」が表示されていたなら、それはそのお刺身たちが「食べられる期限」ではなく、「お刺身として」つまり「生」で食べて美味しい期限と考えればいいでしょう。

「お刺身」については、インターネット上でも「賞味期限」と「消費期限」がゴッチャになっている感じを受けます。

基本的にお刺身を美味しくいただく「賞味期限」は、買った当日「1日」だとする意見が多いです。

なんといっても、お刺身は鮮度が命ですからね!。

代わりに、インターネット上で紹介されている種類別の「賞味期限」は、実際には「消費期限」に近い考え方だと考えた方が無難でしょう。

・まぐろやブリなどのお刺身:2~3日程度
・サーモンのお刺身:2~3日程度
・鯛やヒラメなど白身魚のお刺身:1~2日程度
・イカやタコのお刺身:1~2日程度
・サバやサンマなどの青魚のお刺身:当日

法律的には、賞味期限も消費期限も表示義務のない「生鮮食品」ですが、お刺身の場合は「鮮度が命」に違いありません。

特にサバやサンマなど青魚のお刺身は賞味期限=消費期限と思ってもいいくらいで、買った当日に食べるのがいいようですね。!。

【スポンサーリンク】

賞味期限を過ぎた「お刺身」の使い方!、賞味期限の翌日でも大丈夫?!

お刺身は「鮮度が命」、実際には「お刺身の盛り合わせ」のようにスライスされたモノを買ってきて、冷蔵庫から出して食卓に並べたとしたら、2時間もしないでグンナリと色も変色してきて見た目にも「美味しい」感じはなくなってしまいます。

例えば、会社や仲間内での飲み会などお酒の席で「お刺身の盛り合わせ」が出ても、「宴たけなわ」まで手をつけずに残されたお刺身たちは、間違いなく既に「美味しいタイミング」は逸しています。

翌日に残ったお刺身は焼いて食べるのが安心!美味しい!

スーパーで買ったお刺身のパックに表示されている賞味期限は、大抵「当日」ではないでしょうか?。

先にも紹介したように、お刺身の賞味期限は「お刺身として」つまり「生」で食べて美味しい期限ですから、冷蔵庫で保存することで、「サバやサンマなどの青魚でなければ」翌日でも大丈夫です。

残ったお刺身は、翌日「盛り合わせ方」などを変えたりしてテーブルに並べても大丈夫ではありますが、家族の反応はいかがでしょう?。

「今日もお刺身?」って感、アリアリですものね~。

だったら、「焼いて食べる!」のもおススメの1つです。

鮮度が命のお刺身ですから、翌日も大丈夫といわれてもチョッと不安だな?と思われる方も多いでしょう。

翌日に残ったお刺身は、焼いて食べるのが安心ですし美味しいですよ!。

フライパンにバターを引いて焼き、塩・胡椒でシンプルな味わいもヨシ。

お醤油で味付けすれば和風なソテーの出来上がり。

ニンニクを使ってパンチを与えるのもいいですね。

いえいえもっとシンプルに、フライパンでさっと熱を通してお刺身同様「ワサビ&お醤油」で食べるスタイルも、レアな感じでけっこうイケるんですよ。

残ったお刺身は「漬け」で翌日でも美味しく食べられる!

スーパーなどで買うお刺身の賞味期限は、ほとんど「当日」だと思ってOKです。

だって、すぐに食べるのが美味しい状態で提供されているモノなのですから。

先に紹介した「焼いて食べる」のも1つですが、もう1つのおススメは「漬け(づけ)」ですね!

本格的な「漬け」は、高級なお寿司屋さんでホント美味しくいただける一品ですからね。

今回は紹介するのは、残ったお刺身を翌日でも家庭でも美味しく食べられる「漬け」の方法です。

お刺身の「漬けタレ」の黄金比率は「3:1:1」!?

残ってしまったお刺身、マグロやブリ、カツオやサーモンなど、「漬け(づけ)」で翌日も安心して美味しく食べましょう!。

お寿司屋さんも推奨する「漬けタレ」の黄金比率「3:1:1」とはなんでしょうか?。

「お醤油3:みりん1:酒1」、この比率を抑えれば大さじ・お玉・カップなんでもOK。

残ったお刺身の量に合わせて作ればOK!。

お刺身の「漬け」の作り方!

1.お醤油・みりん・酒を「黄金比率3:1:1」で計ったら、小鍋で中火で少し煮詰めましょう。
グツグツと沸騰してきなと思ってから30秒ほどでOKです。

2.1で作った漬けタレを十分冷ましたら、ボールやトレイに移しお刺身を浸し、冷蔵庫内で漬けこんでいきます。
時間的には15分~30分といった短時間でもOKですし、1日以上漬け込んでも問題ありません。
そこはお好みということで…。

賞味期限を過ぎたお刺身でも、食べ残した後すぐに「漬け」にしてしまうことで、美味しく食べられる「賞味期限」を1日~2日伸ばすことができます。

お刺身の「漬け」は、買ってきたお刺身とはまたチョッと違う美味しさを味わうことができると思います。

まとめ

お刺身は、当然「鮮度が命」です。

いわゆる「生きがいい」ほど美味しいモノに違いありません。

それは流通を介さずに、獲れたてのお魚のお刺身を食べれば一目同然!。

スーパーで「お買い得」と紹介されていたお刺身を買ってきたのに、「意外に残ってしまった…」。

スーパーのパックの賞味期限に、当日の○時までと表示されていても、それは「お刺身」として生で食べる場合のおススメ期限なワケです。

その時間を過ぎたら「食べられない」ワケではありません!。

「残ったお刺身」も、ここはポジティブに考えましょう!。

残ってしまったお刺身でも、色々な味付けで「焼く」ことで美味しくいただけます。

また「漬け」でも賞味期限が1日~2日伸びるとされています。

火を通すなど熱調理加えたり、漬けなどでお刺身とはまた一味違う味わいを楽しむこともできそうですね。

【スポンサーリンク】