ダウンロード (40)

毎年秋になると「お月見の季節ですね~」などと、テレビで見る天気予報のお姉さんの言葉をはじめ、色々なメディアで聞かれるようになりますよね。

お月見というと、カレンダーの挿絵などにも描かれているように、白い団子やすすきをお供えをして満月を楽しむイメージが思い浮かびます。

秋の済んだ夜空に見える月は、いつになく輪郭がよく見えてキレイなんですよね~。

また、これまでお月見を1つのイベントとして改まって過ごしたことのない方にとっては、「秋はお月見の季節」と聞いて「今年はお月見してみようかな」と思っても、「お月見っていつからいつまでにする?」のかも良く分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、日本の風情溢れる秋のイベント「お月見」について、いつからいつまでにするものなのか?、またお月見の由来などについて紹介したいと思います。

【スポンサーリンク】

お月見の季節ってどんな季節?

お月見は、旧暦の8月15日と旧暦の9月13日に意識的に月を鑑賞する古来から続く行事で、日本では平安時代頃から貴族社会を中心に徐々に規模が大きくなってきたとされています。

旧暦の8月15日の月は「中秋の名月」や「十五夜」と呼ばれ、旧暦の9月13日の月は「十三夜」と呼ばれています。

これらはそれぞれ、旧暦でのものなので、現在の新暦に当て嵌めると毎年日付が変わるのです。

例えば、2016年のお月見の時期は、

・十五夜は9月15日
・十三夜は10月13日

でしたが、2017年は、

・十五夜は10月4日
・十三夜は11月1日

と全く異なる日を指します。

十五夜・十三夜のお月見を紹介すると…

●十五夜とは

十五夜の頃は収穫の季節であり、秋の季節ならではのキレイな月を鑑賞しつつ、収穫に対して感謝する行事で、その月は「中秋の名月」と呼ばれます。

旧暦の7~9月は現在の秋の季節で、台風を始め雨の日が多いのですが、中秋8月15日頃は大陸からの乾燥した空気が流れ込み、秋晴れとなる日が多い季節となるので月がキレイに見えるようになるのです。

平安時代の頃には、中国から入ってきたお月見の風習を取り入れ、貴族社会を中心にお月見の宴を楽しむようになりました。

さらに庶民にまでその風習が広まる中で、収穫に対する感謝「収穫祭」と結びつけながら、十五夜の月をお供え物で感謝の意を表しつつ鑑賞するようになったのです。

お供えする団子の数は、いくつがいいのかについては諸説ありますが、十五夜にちなんで15個とするのが一般的のようです。

●十三夜とは

十三夜とは、旧暦の9月13日に行われるお月見で、先の旧暦の8月15日の十五夜の次に巡ってくる最初の十三夜の日を指します。

十五夜の月に次ぐキレイな月となる日とされ、こちらも古来からお月見の日として大切にされてきました。

また、十五夜にお月見をするのは中国から入ってきた行事に対し、十三夜は日本独自の慣わしだとされています。

季節的に栗や豆類の収穫時期にあたるので、「栗名月」や「豆名月」と呼ばれることがあります。

十五夜のところでも紹介したお供えする団子の数、十三夜のお月見では当然13個になるようですね。

片見月とは

ちなみに、十五夜にお月見をして十三夜にお月見をしないこと、またその逆も、「片見月」と呼んで昔から縁起が悪いことと言われているそうです。

正直、十五夜のお月見は有名で知っている方は多いですが、十三夜があること自体知らないという方も多いと思います。

しかし、調べてみた結果、縁起が悪いなんてことを知ってしまうと、十三夜のお月見も欠かせなくなりそうですね。

【スポンサーリンク】

お月見っていつからいつまで?

お月見は十五夜もしくは十三夜に行うものと決めて、その日にお団子をお供えしお月見をするという方が多いと思います。

お月見をする時期と収穫を感謝する行事の時期が重なるのは確かですが、お月見は感謝祭など地域を上げてのお祭り行事とは違い、それぞれのご家庭で行われるもの。

つまり、お月見の日はそれぞれのご家庭で決めることが出来るものであって、「この日でなくてはいけない!」という絶対的なものはないのです。

「満月の日」あるいは「最もキレイな満月の日」にお月見をしたいと考えるなら、それは十五夜の夜とは限りません。

庶民の中に広まったお月見の習慣は、収穫に対してお月様に感謝する日。

感謝したいタイミング、お月様がキレイだなと思う日で良いのです。

「いつからいつまで?」は、調べても答えとなるものは得られませんし、実際気にしなくていいものだと思います。

まとめ

「お月見」というと中秋の名月と呼ばれる十五夜や十三夜などが有名で、秋の済んだ夜空は月をキレイに見せてくれます。

特に十五夜「中秋の名月」が近づくことで、テレビのお天気お姉さんからも「お月見」情報が耳に入ってきます。

今回紹介したように十五夜にも、十三夜にもお月見する由来はあります。

しかし「今夜の月キレイだね~」と思った時に、近所の和菓子・お団子屋さん・スーパーなどでお団子を買ってお供えして、パートナーやご家族と月を見上げて時間を共にするのがいいんじゃないでしょうか。

一番キレイに見える日にお月見して、お供えしおえたお団子を頂くのが一番ですよ。

【スポンサーリンク】