423621

前回は、パパと一緒に東京ディズニーランドをご紹介しました。

こんどはディズニーシーです。

ディズニーシーはランドと違って坂が多め、移動が結構大変です。

ベビーカーを使わずに舞浜まできたとしても、ぜひパーク内でベビーカーを借りることをおすすめします。

こどもがぐずったとき、眠ったときには乗っていてもいいし、歩く!という気分の時には、パパやママの荷物を載せておけばらくちんです。

おみやげとかもバカになりません。

【スポンサーリンク】

トイ・ストーリーマニアのファストパスを!

開園同時に入れるなら、まずトイ・ストーリーマニアのファストパスを!

ミラコスタなどに宿泊の場合、一般のお客様より15分早く入れます。

再入場もできるので、朝だけはがんばってもらって家族全員でパークに入り、トイ・ストーリーマニア!のファストパスをとりましょう。

男の人も楽しめる、トイ・ストーリーを知らなくても楽しめる、シューティング&3Dのアトラクションです。

トイ・ストーリーマニアがだめでも、あきらめないで。

近くにはタワーオブテラーがあります。

フリーフォールタイプのアトラクションですが、ちゃんとストーリーがあります。

タワーオブテラーのファストパスをとって、
「次はミラコスタに泊まって、ぜったいトイ・ストーリーマニア乗りたいね!」なんて言っておいたら、ひょっとしたらお泊まりディズニーが実現するかもしれません。笑

移動は基本、トランジットスチーマーラインやエレクトリックレールウェイを使いましょう。

船や電車で、坂道をスルーして奥の方まで移動できますし、乗り物に乗った感じがして「乗ったの少なかったね」なんて不満も少なくなる(はず)

エレクトリックレールウェイは、ミラコスタが見える側に座ると、夜なら綺麗な夜景を堪能しながら目的地までいけます。

パパも大好きインディージョーンズ!

ディズニーは、なんだかんだで子供とママだけでなくパパの夢の国でもあるのです。

ディズニーシーには、インディジョーンズアドベンチャーという乗り物があります。

インディージョーンズの世界を体感でき、冒険気分を味わえるアトラクション!

そして、このアトラクションは、夜けっこう空きます。

ディズニーシーの奥地なので、たとえば海上ショーのファンタズミックをやっている時間以降なんかは人通りも少なく、20分程度の待ち時間で乗れることも。

(私はこの時間帯に5分待ちだったことがあり、3回連続で乗って酔いました。笑)

【スポンサーリンク】

大人も満足抽選ショー!

今、ディズニーシーには抽選で当たった人たちだけがみれるショーが二つあります。

一つは、リニューアルしたビッグバンドビート

ピアノもドラムも金管楽器も生演奏!

誰もが聞いたことがある有名な曲(生演奏)にあわせて、キャラクターやダンサーが歌う!踊る!

大人も大満足のショーになっております。

是非、望みをかけてショーの抽選をしてみてはいかがでしょうか。

ビッグバンドビートがだめでも、あきらめないで。

もう一つの抽選ショーは「アウトオブシャドウ」演劇やミュージカルが好きな人なら、こちらのほうが興味深いかも?

ディズニーキャラクターはいっさいでてこず、メイという少女が冒険をする物語。

俳優さんが歌い踊ります。

ストーリーもしっかりしているし、ワイヤーをつかったアクションやプロジェクションマッピングを使った映像は必見です。

どちらのショーも公演一回目は抽選がありません。

実際、イヤそうに並んでいた50代くらいの男性が、帰りに「良かったな!」ってニコニコしているところを何回もみました。笑

ディズニーシー的「休憩スポット」父ランキング

ちなみに、ディズニーシー的「休憩スポット」父ランキングは

・ジーニーのマジックランプシアター(後ろのほう)いすがふかふか

・シンドバッド・セブンヴォヤッジ すずしい

だそうです。

ランドに比べて少ないですね。

けれど、シーではお酒が飲めるので、いい感じのテラス席を確保して、みんなでカンパイ!もいいかもです。

個人的穴場でおいしい料理が食べれるのは、火山の中で地下にあるお店。

なにせ入り口がわかりにくいので空いてることも多く、
中で食べられる餃子は最高!

お酒も飲める!

さあ、いつかはお父さんの方から「次いつディズニーいく?」と聞かれるのを夢見て、
お父さんと一緒のディズニーシー巡りの参考にしてください!

【スポンサーリンク】