536201

お盆やシルバーウィークのディズニーランド。

あふれるような人混みの中、よく目にする光景があります。

日陰のベンチで、疲れ切って眠り込む・・・お父さん。

普段お仕事でお疲れで、休日は家族サービス。

本当にお疲れさまです。

せっかく家族で出かける機会なので、できればお父さんにも楽しんでほしいですよね。

と、いうことで
「お父さんをひとりぼっちにしない、俺ここで待ってるから行ってきていいよーを言わせないディズニーランドの楽しみ方!」を考えてみました。

この楽しみ方で、待つの嫌い「行ってらっしゃい」系の父親が、ミッキーの帽子を自発的にかぶるようになりました。笑

【スポンサーリンク】

待ち時間対策

男の人は、待つのが嫌い。

なので、待ち時間の長いアトラクションはできるだけ「ファストパス」を活用しましょう。

ディズニーランドはシーとちがって、ゲストが一番最初にとるファストパスがばらける傾向にあります。

なので、絶叫好きなお父さんなら、スペースマウンテンかビッグサンダーマウンテンのファストパスを取ってみてはいかがでしょうか?

アドベンチャーランド側なら、お父さんもワクワクする?

カリブの海賊は、休日でも15分待ち。

ウエスタンリバー鉄道は(内緒ですが)途中で恐竜が出てきたり・・・

ジャングルクルーズは、熱帯のジャングルを探検し、神秘的な体験のできるアトラクション。

どれも待ち時間が短めです。

ポップコーンなどを食べながら、列に並んでいたら乗り場まですぐ!

絶叫系ではなく、基本的に座ってるだけのアトラクションなので、
お父さんも本当に疲れていたら、寝てます。笑

寝てても怒らずにいてあげましょう・・・一緒にいてくれるだけでいいんです笑。

人の多いファンタジーランド側で、
長い待ち時間に疲れてきたお父さんには、・・・スターツアーズを有効活用!

お父さん世代で、スターウォーズに全く興味がない人を、私はあまり見ません。笑

スターツアーズは、待ち時間が一番長くても30分ほどで乗れます。

待っている間の中の通路も、いろんな仕掛けがあって待つのが楽しい!

ドロイドたちが話しかけてくるんです。

ほかには、ゴーカートなどもおおすすめ。

待ち時間も比較的短く、自分で運転できるので、お父さんもきっと満足です。

【スポンサーリンク】

男の人は、おなかが空いたら不機嫌に・・・

これはわたしの経験上なんですが、男の人はおなかが空いたらすごく不機嫌になります。

女の子の場合、子供の方がのほうがまだましなくらいです。

なので、かならずなにか食べられるものを鞄に入れておきましょう。

というか、ポップコーンを買いましょう。

アドベンチャーランド側で売っているカレー味ポップコーンは少し並びますが男性に大人気。

蒸気船の近くで売っているものは、プレーンな味ですが場所がわかりにくいので並ばずに買えます。

とりあえずポップコーンを切らさないようにして、なにかしら食べておいてもらいましょう。笑

休憩時間はシアター型で!

とはいえ、やはりいろんなアトラクションに乗りっぱなしではお父さんも疲労困憊になってしまいます。

うちの父は
「魅惑のチキルーム」「カントリーベアシアター」「ミッキーのフィルハーマジック」を、休憩場所と呼んでました。笑

どれも待ち時間がほぼなく中に入れて、中は適温、チキルームとカントリーベアのいすは堅めですが、フィルハーマジックのいすはふかふかでよく眠れそう。

次回から「今度はもうちょっと積極的に乗ってみようかな・・・」と思ってもらうために、

休憩時間(だけど子供は楽しい時間)をうまく作って、お父さんも一緒にディズニーを楽しみましょう!

【スポンサーリンク】