046650

私は、一度、飼っていた金魚を病気で全滅させてしまった経験があります。

今飼っている金魚は二代目です。

種類は丹頂。白いからだにもこもこの赤い頭がかわいいんです!
私はこの種類ラブなんです。

なので同じ失敗は絶対に繰り返したくない!
ということで、今の金魚を水槽に入れる前に、完全に水槽と水を立ち上げようと考えました。

【スポンサーリンク】

そこで、パイロットフィッシュという考え方を知りました。

金魚は、アンモニアを大量に出します。

それをバクテリアが処理しきれず、金魚がアンモニア中毒で☆になる。
それなら、アンモニアをあんまり出さない小型の魚で、しかも体質が強いものを先に泳がせて、アンモニアを少しずつ出してもらう。

アンモニアは、亜硝酸に変わり硝酸塩に変わり、魚にとって殆ど無害になる。

そしてバクテリアが完全に繁殖した状態で金魚を入れればいいんじゃないか?

だから最初に強い、
そして小さくて管理のしやすい魚を入れよう!

それがパイロットフィッシュです。

小さい頃、父がグッピーを飼っていたのを思い出しました。

たぶんブームです。
グッピーはすごい強い魚だったように思います。

しかも小さいし。大きさはメダカぐらいで、雄は綺麗なヒレを持ってます。

水が立ち上がったら、新しい水槽を買ってグッピーをそっちに移動させようと思い、グッピーを購入しました。

パイロットフィッシュとしては他に「アカヒレ」なんかもおすすめだと聞きました。
私もそう思います。

グッピーは熱帯魚なので、ヒーターが必要ですがアカヒレは必要ないです。

金魚をヒーターなしで飼おうと思うなら、グッピーのためにヒーターを買うのはナンセンスなので、アカヒレをおすすめします。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

あと、アカヒレをパイロットフィッシュではなくふつうに飼っている人曰く
「アカヒレは調子がいいと体の赤いラインがくっきりと輝くので、調子の善し悪しがわかりやすい」とのこと。

つまり、アカヒレをかってきて、アカヒレの赤いラインがくっきりの状態を保てるようになったら、水ができあがったと考えてもいい!ってことなのかな?

何より、グッピーほど増えませんから・・・。

ほんとここ重要・・・グッピーめっちゃ増えますから・・・。笑

【スポンサーリンク】

グッピーの種類にこだわりはなかったので、通販サイトのチャームさんで購入しました。

すごいやすいです。

私のいきつけの熱帯魚屋のおじさんは「うちで買うよりチャームの方がやすいよ」が口癖です。笑
それでもそこで買っちゃう私。笑

梱包も丁寧で、15時までに注文と入金が終わったら即日発送でした。

すぐ届きましたー!

発泡スチロールに保冷剤をいれて、袋も二重とかにしてあって、緩衝材もたくさん入ってました。
とどいた色とりどりのグッピーたちはみんな元気!
4500円以上の注文で、送料が無料になるので、いろいろ注文しました。

うちには亀もいるので、亀の餌とかも買いました。
一定金額以上買ったらおまけもつけてくれたりします。

しかもおまけは自分で選べます。笑

さあ、生体(グッピー)も用意できたし、金魚用の60cm水槽にカルキを抜いた水も入れた!

これでグッピーを水槽にいれれば完璧だ!

・・・とは問屋がおろしません。

水あわせしましょう!

【スポンサーリンク】