テーブルにあるだけで甘い香りに誘われ、食べたい気持ちが掻き立てられる「パイナップル」

甘みと酸味の絶妙な味わいで、ついつい口に運ぶ手が止まらなくなってしまいますが、次第に「舌がピリピリする」痛みのような、痺れのような感覚が襲ってきます。

パイナップルを食べると「舌がピリピリする」というのは、私だけでなく結構多くの方なってるみたいですね。

パイナップルの美味しさは知っている・・・、だけど舌がピリピリするからと敬遠してしまっている方も少なくないのだとか。

今回は、パイナップルを食べると舌がピリピリする原因を中心に、美味しいパイナップルをピリピリ感を抑えて食べられる方法などについて紹介してみたいと思います。

【スポンサーリンク】

パイナップルアレルギーって?!

パイナップルを食べると「舌がピリピリする」ことに、パイナップルに含まれる成分への過剰な反応「アレルギー」だと思われる方がいらっしゃるようですが、「舌がピリピリする」程度の症状ならアレルギーを心配する必要はないでしょう。

とはいえ、パイナップルを食べると喉に痛みや痒みが現れたり、唇が腫れたり、顔が腫れるなどの症状が現れるという場合には、パイナップルに対するアレルギー症状である可能性も疑わざるを得ません。

病院で症状をあげて相談し、アレルギーチェックを受けてみるのがいいかもしれません。

パイナップルを食べると舌がピリピリする原因は?

パイナップルを食べると舌がピリピリする原因は、パイナップルに含まれる「ブロメライン」という普段聞き慣れない「たんぱく質分解酵素」によるものです。

「たんぱく質分解酵素」が含まれる果物としては、他にもキウイなどが有名です。

確かに、キウイを食べた時にも、舌のピリピリ感ありますね。

パイナップルを食べると舌がピリピリするメカニズム

私たちの舌の表面は、通常は唾液に含まれたたんぱく質で覆われています。

ヌルヌル?ツルツル?とした感じのものがソレ。

そのたんぱく質を分解除去してしまうのが、パイナップルに含まれる「たんぱく質分解酵素」だったのです。

たんぱく質が分解・流されてしまった舌の表面は、外部からの刺激に敏感な状態となってしまいます。

そこへ更にパイナップルの酸味が加われば、その刺激は「ピリピリ」や「ヒリヒリ」などの痛みを伴うものへと繋がってしまうのです。

パイナップルのピリピリを軽くする方法は?

「甘く美味しいパイナップル」。

たくさん食べてみたいけれど「舌がピリピリする」のが怖くてチョッと…という方は、パイナップルに含まれる「たんぱく質分解酵素」の働きを弱める食べ方がおススメ。

ヨーグルトは、果物と一緒に食べる機会も多いですよね?。

実はヨーグルト+果物という組み合わせが、「舌がピリピリする」ことを抑えてくれるのです。

パイナップル以外にも、キウイやメロンなどでも舌がピリピリすることありませんか?

アレ、みな同じメカニズムなんです。

でも、ヨーグルトと一緒に食べると不思議と果物の甘みや酸味を素直に楽しむことができるのです。

【スポンサーリンク】

「牛乳と一緒に食べる」ということでも、同様に舌のピリピリ感を抑えてくれる効果が期待できます。

先の「パイナップルを食べると舌がピリピリするメカニズム」でも紹介しましたが、パイナップルに含まれる「ブロメライン」というたんぱく質分解酵素によって、舌が刺激に対して敏感な状態へとなってしまいます。

たんぱく質を含んでいるヨーグルトなど乳製品と一緒に食べることによって、パイナップルのたんぱく質分解酵素はそれらと結びつくことが多くなり、舌の表面のたんぱく質が守られるというワケです。

加熱処理されたパイナップルならピリピリしない?!

パイナップルを食べると舌がピリピリするという方も、缶詰のパイナップルの場合はどうですか?。

甘いシロップと一緒に、たぶん舌がピリピリしないで食べられていませんか?。

パイナップルに含まれるたんぱく質分解酵素「ブロメライン」の「弱点」は熱で、60℃以上に加熱されることで酵素の力はなくなるとされています。

缶詰のパイナップルは製造工程の中で一旦熱処理されているので、食べても舌がピリピリしないのです。

酢豚やハンバーグのトッピングにもパイナップルが使われることがありますが、そのパイナップルも大丈夫ではないですか?。

それは、加熱調理されているためです。

まとめ

今回は、パイナップルを食べると舌がピリピリするのはなぜ?なのかをテーマに、原因やメカニズムを紹介してみました。

パイナップルを食べると舌がピリピリするのは「アレルギー」のせい?と心配される方もいらっしゃるようですが、多くの場合はアレルギーを心配するものするものではなく、パイナップルに含まれる「たんぱく質分解酵素ブロメライン」の仕業によるものです。

今回紹介した「ヨーグルトと一緒に食べる」ことで、確かに舌のピリピリ感は抑えられると実感します。

また、缶詰のパイナップルも加熱処理されていることからOKでしたね。

舌がピリピリする理由が分かれば、怖いことはありません。

美味しいと思える食べ方で、パイナップルを味わいましょう!。

【スポンサーリンク】