091341

私は女性です。

そして同棲している男性がいます。

会社で残業が多くなり、地元の駅に着くのは終電だったりします。

そんなとき、どんなに「安全」とされている町でもひとりじゃ心細くて、
駅まで迎えに来てもらいたいですよね。

タクシーで帰るような距離でもなければなおさら。

ラインで
「○時○分に終電で駅に着くから迎えに来てくれへん?」

と聞くとだいたいすっごい嫌そうに
「一人でも大丈夫じゃない?どうしても行かなきゃダメ?」

といわれます。何かあってからでは遅いのに。

でもここでそういうこと言うと、家に帰ってから大喧嘩勃発です。

なので、ぐっと我慢。とにかくお願いする。

いやがりながらも結局は来てくれるんですけど、彼氏からしても
「せっかく家についてごろごろしてるんだから、ゴロゴロしてたい」んでしょう。
それはよくわかる。

【スポンサーリンク】

そして男というものは「理由」がないと動かない生き物です。

「彼女が襲われちゃうかもしれない!」という不確定要素は、どうやら彼らにとって「理由」足り得ないようです。

今までは
「駅まで迎えに来てくれたら、駅前のコンビニでアイスおごるから!」とかなんとかいうと、アイスが食べたい気分の時は来てくれます。

「アイスをおごってもらう」という理由があるからです。

7月の末に、ポケモンGOというアプリが配信されました。

町中を歩き回って、ポケモンをゲットしたり、いっぱい歩いてたまごを孵化させるゲームです。
めざせポケモンマスター!

私も彼氏もポケモン世代なので、配信初日にダウンロードして競い合うようにトレーナーレベルをあげています。

そして最近、私から「迎えに来て」といわなくても、彼氏から駅前まで迎えに来てくれることが増えました。

というか絶対来てくれるようになりました。

なぜか。

【スポンサーリンク】

彼氏が駅前まで迎えに来てくれる理由

根底には、「彼女が心配だから」というのはあると思います。というかあると思いたいです。でもそれ以上に・・・

「あと1.5kmで、たまごが孵化するな・・・ちょっと歩くか・・・ついでに迎えに行くか・・・」

という「たまご孵化のために歩く」という、彼女を迎えにいく理由付けがさせられてるんですねー笑

というのも、ポケモンをゲットするには二通りの方法があって、一つは町中にいるポケモンをボールを投げてゲットする。

もう一つが「たくさん距離を歩いて、手に入ったたまごを孵化させる」なのです。

駅前のベンチを見回してみると、確かに男の人が多い。

そして、その男の人は、電車から降りてきた女の人・・・彼女じゃなくて姉や妹かもしれないけど・・・と帰って行く。

これ、ポケモンGOが立派な犯罪抑止力になっているように、私には感じるんです。

今まで暗い夜道を一人で帰っていた女性が、迎えに来てくれた男性と一緒に帰れる。

今はカップルじゃなくても、たとえば
「方向が一緒なら家まで送るよ!」という言葉。

ちょっと前なら、下心満載にしか感じられなかったけど・・・

「方向が一緒なら家まで送るよ!歩数稼ぎたいし!」もしくは

「その近くにジムあるらしいから制覇してから帰りたいし!」といえば、
下心が感じられなくなりますね。

ただし・・・ポケモンに興味ない、ゲーム嫌いの女性にやっちゃうと、マジギレされる可能性があるのでご注意を・・・。

【スポンサーリンク】