りんごの季節、スーパーでは様々な品種のりんごが並んでいます。

品種改良もどんどん進んで、昔に比べてホント美味しい魅力的なりんごが多くなりました。

りんご好きには堪らない季節です。

ところで大人になった今では、風邪をひいても誰も食べさせてはくれませんが…、まだ小さな子供の頃は、風邪をひくとよく母親がりんごをを食べさせてくれた記憶があります。

そんな私の記憶も一例として、きっと多くの方はりんごは「風邪にいいもの」と思われているのではないでしょうか?。

「1日1個のりんごは医者を遠ざける」

イギリスには古くからそんな「ことわざ」があるように、りんごには実に豊富な栄養素が含まれているので、風邪にいいとされるのもうなずけます。

今回は、「りんごは風邪にいい?」のかについて、あらためて見ていきたいと思います。

【スポンサーリンク】

りんごは万能薬!?

先にも紹介したようにイギリスには古くから、「1日1個のりんごは医者を遠ざける」ということわざがあります。

しかしこれはあくまで「ことわざ」ということで、りんごの健康効果がどれだけ高いものなのか?について、イギリスはオックスフォード大学の研究チームが、りんごと一般的な薬の効能について比較する実験を行いました。

その実験から得たものは、りんごの豊富な栄養素がカラダに与える健康効果は、一般的な薬と比べても殆ど変わらないという結果でした。

さらに特筆すべきは、りんごは薬と違って副作用の心配がないということでしょう。

強い薬にはよく胃薬も一緒に処方されることが多いように、薬にはなんらかの副作用の心配があるのに対し、りんごはカラダに優しく効いてくれるのです。

りんごは、古くから「カラダの不調に対する万能薬」的な存在だったのですね。

りんごはナゼ風邪にいいのか?

風邪をひくと、発熱や鼻水など以外にも様々な症状が現れますよね。

大人でも同じですが、特に子供の場合には風邪をひくと元気が奪われ食欲もありませんし、下痢などお腹の調子も崩しやすくなります。

風邪をひいてしまったときにりんごを食べるとどんな効果が期待されるのでしょう。

「りんごは風邪にいい?」について、1つ1つ具体的に見ていきましょう。

白血球の働きを活性化

風邪をひいたときに摂りたい栄養素の筆頭は、「ビタミンC」がまず思いつくと思います。

ウイルスを退治してくれる「白血球」の働きを活発にしてくれるものなので、積極的に摂り入れたいものです。

しかし意外かもしれませんが、実はりんご自体は、さほどビタミンCが特別多く含まれたものではありません。

しかしりんごには、このビタミンCの吸収を高める働きがあるので、りんごを食べることで、その他の食材から摂ったものも含め、カラダのビタミンCが増えることに繋がっていくとされています。

水分補給効果

風邪をひいたときは、発熱による発汗などで水分が奪われがちで、「脱水症状」のリスクを伴います。

りんごは約85%が水分でできているように、豊富な水分が含まれているので効果的な水分補給が期待できます。

さらにりんごは、多くの果糖が含まれ甘く美味しいことから、食欲が落ちているときなどにも摂り入れやすいという点も挙げられます。

整腸効果

風邪をひくと、下痢の症状などお腹の調子を崩すことがあります。

食欲も落ちてしまいますが、無理に食べることはせずに先に紹介したように、りんごで優しく水分補給してあげることがベターです。

さらに、りんごに含まれる水溶性食物繊維「ペクチン」は腸内環境の向上に大きく働きかけ、下痢の症状の改善に大きな効果が期待されます。

ポリフェノールで免疫力UP!

りんごには、100種類を超えるポリフェノールが含まれています。

普通、1つの果物に3種類以上のポリフェノールが含まれること自体が稀とされる中、100種類を超えるというりんごの数値は驚きです!。

そんなりんごに含まれるたくさんのポリフェノールの中でも、「エピカキテン」と呼ばれるものは抗酸化作用が強く、さらに免疫力もUPさせてくれることから、風邪のときにとても有効なものとされています。

発汗で失われたカリウムを補う

カラダの水分と塩分量のバランスを取る働きをもつ「カリウム」

血流を促すことから、「高血圧」の予防にも繋がるといわれる大事な栄養素です。

風邪による発汗で失われがちなカリウムも、りんごを食べることで効果的に補うことができます。

りんごには様々な栄養素が多く含まれることから、風邪をひいたときにはウイルス退治・水分補給・整腸効果などを期待して積極的に食べたい食材ですが、「皮も一緒に食べる」とさらにいいようです。

りんごの皮に含まれる栄養素!皮ごと食べる注意点は?

りんごの皮には、実よりもさらに多くの栄養素が凝縮されているので、むいて捨ててしまうのは「勿体無い」ですよ!。

【スポンサーリンク】

風邪にはすりおろしのりんごがいい!?

りんごは栄養素などを考えると、先に紹介したように「皮ごと食べる」のがいいように、風邪をひいたときにりんごを「皮ごと食べる」なら、すりおろして食べるのがベターでしょう。

健康なときの胃腸なら全く問題ないですが、風邪で調子を崩した胃腸には「皮ごと食べる」のはやや消化で負担が掛かります。

また、すりおろして食べた方が、免疫力UPに繋がる「酵素」を多く摂り入れられるので、風邪をひいたときにはりんごを「皮ごと」すりおろすスタイルで食べるのが良いでしょう。

りんごのすりおろしはプラスチック製のおろし器で!

りんごに含まれる健康成分は、皮に凝縮されていることが分かっているので、「皮ごと食べる」のが一番いいのですが、問題はすりおろしに使う道具です。

りんごをすりおろすときには、プラスチック製や陶器製のおろし器を使いましょう。

金属製のおろし器を使うと、折角のりんごの成分が変質してしまうとされているからです。

普段から金属製のおろし器を使われている方も、りんごをすりおろすときはプラスチック製です!

りんごジュースも風邪にいい?

りんごジュースは、赤ちゃんへも与えられる飲み物。

風邪をひいた時、りんごをそのまま食べたり、すりおろして食べることが難しければ、りんごジュースで代用するのもいいとされます。

その効果を十分に得るために大切なことは、果汁100%を謳っているジュースの中でもりんごの果汁で濁って見える「ストレートタイプ」を選ぶことです。

見た目に透明感のある「濃縮還元タイプ」は、製造過程の熱処理で酵素が失われていたり、食物繊維もろ過してしまっているのでペクチンの効果も期待できなくなってしまいます。

本来はりんごをすりおろしたものを口にできればベストですが、ジュースで代用するなら、やや高価になってしまいますが「ストレートタイプ」を選ぶのが効果的です。

まとめ

国産のりんごって、甘さと酸味がいいバランスの品種が色々あって、ホントどれを食べても美味しいです!。

りんごの様々な栄養素は、ウイルス退治や水分補給、整腸効果などに効果的に働くことを知り、りんごは風邪にいいということが、あらためて分かりました。

「1日1個のりんごは医者を遠ざける」というイギリスのことわざも、ホントにいい点ついていると思います。

健康を維持するための、万能薬ともいえるりんごです。

風邪を予防するという意味からも、旬の季節には、りんごを美味しくたくさん食べましょう!。

【スポンサーリンク】