img_5489

先日、こつこつと貯めたお金で、思い切ってロードバイクを購入しました。

現在の移動は主にロードバイクです。

電車から開放された生活は幸せです。

さて、ロードバイクを買うに当たって、先にロードバイクを始めていた友達に聞いたところ
「20万はみといた方が・・・」と言われたのですが、特にそんなにかからず・・・

買ったのが、初心者のエントリーモデルだったせいか、本体代9万にもろもろが2万ほどですみました。

ということで、ロードバイクを購入前に「ここチェックしておけば良かった」
というポイントをまとめてみました。

特に女性に見てほしい記事になっております。

よろしくお願いします。

【スポンサーリンク】

デザインやカラーリングのかわいいビアンキは女性に人気!けれど・・・

専門店や、ロードバイクを買う時に、レースにあまり興味がなかったりマンガの影響で始めた女性(まさに私ですが)は、デザインやメーカーで選びがち。

けれど、海外・・・特にヨーロッパで生産されているロードバイクのフレームは、日本人の小柄な女性には少し大きいことがあります。

海外の方、女性でも足が長いしそもそも大きいですもんね・・・。

わたしは、ショップの方に見ていただいた結果

「Sサイズのフレームでも少し大きい。XSのフレームのほうがいい」といわれました。

そしてとどめの一言

「ここにおいてある、あのビアンキは、XSサイズ生産してないですね・・・」

な、なんだって!

という気分になりました。

さようならビアンキ。

ちなみに私の身長は158cm、足は短めですがむちゃくちゃ短いわけではないです。

ということで、

デザインが気に入った車体でもまず女性は「XSサイズは生産されているか、在庫があるか」を確認しましょう。

ペダルはついているのか

ふつうの自転車だと考えられないことですが、

なんと、

ロードバイクを買った場合「ペダル別売り」のことがほとんどです。

私は、ジャイアントというメーカーからでているエントリーモデル、コンテンドというのを予約したのですが、

ロード先輩の友人から
「ペダルついてるの?」と聞かれて初めて、

ロードバイクの車体の値段にはペダルがついていないことを知りました。

ペダルも結構高いですのでご注意を。

でもよく考えたら、ロード玄人で乗り換えしてる人とか、レースでてる人からしたら、ペダルは踏み慣れてる前のを使うから必要ないよ!

でないとペダルばっか溜まるじゃん!

ってことなんでしょうね。

ちなみに、コンテンドはエントリーモデル(初心者モデル)だったおかげか、ペダル付きで込みの値段でした。

よかったです。

【スポンサーリンク】

アフターサービス、車両保険は絶対入ろう。

わたしはいわゆるチェーン店で、ロード専門店でもない「サイクルベースあさひ」さんで購入したんですが、

購入時に3000円で保険的な「サイクルメイト」というものに入ると通常1500円の車体点検が無料になります。

あと車両保険もついていて、事故にあったり起こしたときも、微々たるものかもですが保証があり、盗難保証も付いていたので入りました。

あと、サイクルメイトにはいると、あさひさんで買い物するときの代金が10パーセントオフになるって言うのも大きいですね。

大手さんでは、割引にはなるけど点検にお金がかかったり・・・

そのあたりは、いろいろ調べてみたり、私みたいに「というかあさひさん近いからちょくちょく点検してもらえるならあさひさんで買おう・・・」

という原因で買うのもぜんぜんあり!かと思います。

後編に続く!?

【スポンサーリンク】