春の訪れを実感させてくれる「桜の開花予想」

今年も、テレビやラジオなどのお天気お姉さんが、「桜の開花予想」や桜が満開となる時期を伝えてくれる季節となりました。

会社で「お花見」の幹事に指名されたなら、近くの桜が満開になる日に合わせたスケジュール調整もなかなか大変ですよね。

いざ、桜が満開になってからお花見をと考えても、スケジュールがあわずに桜が散ってしまうなんてことにも…。

いったい「桜が満開になってから散るまでの日数」ってどれくらいなんでしょう?。

それが分かれば、お花見も慌てずに済みそうです。

実際には、雨や風など天候左右されたり桜の品種によって違ってくるものですが。

今回は、「桜が満開になってから散るまでの日数」を調べてみたいと思います。

お花見の幹事さん「必見!」の情報になれば嬉しいです。

【スポンサーリンク】

桜の満開期間とは?散るまでの日数は?

毎年「日本気象協会」から発表される「桜の開花宣言」とは、それぞれの都道府県で指定されているソメイヨシノの「標本木」を基準に、桜の開花を確認してのもの。

ちなみに本州・四国・九州では主にソメイヨシノで確認しますが、ソメイヨシノの植樹が少ない沖縄では「カンヒザクラ」北海道では「オオヤマザクラ(別名:エゾヤマザクラ)」を確認して発表するようです。

また、この標本木となる桜に1つ2つ開花したことが「開花」となる基準ではなく、5~6割くらい桜の花が開いた時点を「開花」と呼ぶようです。

半分くらいのつぼみが開けば、チョッと離れた場所から見ても「桜が咲いた」と分かる感じからでしょうか?。

桜の満開とは?

桜の満開とは、どの時点を指すと思いますか?。

きっと、「桜の木すべての蕾が開ききった時点」をイメージされる方が多いのでは?と思います。

日本気象協会が発表する桜の「満開宣言」は、8分咲きの時点で発表されるものだとか。

同じ桜の木でも、すべての花の蕾が一斉に開いていくわけではありません。

はじめに開き始めた花から徐々に散ることになり、桜の木に「葉」が混ざるようになってきます。

桜が満開をイメージする「薄紅色」一色となるのは、まだ蕾が若干残る「8分咲き」くらいなんですね。

【スポンサーリンク】

桜が満開から散るまでの日数は?!

「桜が満開となってから散るまでの日数」。

ここが会社や友人・仲間うちで、お花見の幹事となられた方が知りたい一番のポイントでしょう?!。

桜の満開から散るまでの日数は、ホント短かく思います。

「桜が開いたな」と思ったら、おやおや風にあおられ「桜吹雪」となってしまいます。

私たちがよく目にする「ソメイヨシノ」に代表される桜は、蕾が開き始めてから約1週間ほどで「8分咲き」の満開を迎えます。

桜が「散る」ことを感じるのも、満開から約1週間後。

つまり、桜を楽しめるのは開花から約「2週間」

満開状態のお花見を楽しめるのは、満開となる「8分咲き」から散るまでの日数「約1週間」といった感じ。

やはり「桜の開花」のお知らせをテレビやラジオで聞いたなら、なるべく早めに「お花見」のスケジュールを立てるのがいいみたいですね。

その情報が「開花宣言」なら、お花見に絶好の日数は1週間後~2週間くらいまでといった感じでしょうか。

いやはや、桜を楽しめる期間ってホント短いものですね…。

桜の種類による開花や満開、散るまでの日数の違い!

日本気象協会やテレビのお天気番組で紹介される桜の「開花予想」や「開花宣言」、桜の「満開宣言」などは先にも紹介したように、全国的に植樹されている「ソメイヨシノ」を標本木として確認し発表されています。

しかし、全国的にみると桜の仲間でも、2月頃から咲く「早咲き」の桜や、5月頃に満開となる「遅咲き」の桜まで色々あります。

植物学上で「サクラ」に分類されるのは300種類以上ともいわれるくらいです。

ここでは、代表的なソメイヨシノをはじめとする代表的な桜について、特徴を紹介してみたいと思います。

ソメイヨシノ(染井吉野)

私たちが「桜」としてイメージするのは、日本国内で植樹されている桜の約8割を占めるとされる「ソメイヨシノ」だと思います。

毎日の気温の合計が400℃~600℃になると開花しはじめるとされていて、毎年の「開花予想」の基準にもなっています。

平均して3月下旬から4月上旬に開花しますが、満開から散るまでの時間も短く、満開から3日ほどで散りはじめてきます。

エドヒガンザクラ(江戸彼岸桜)

エドヒガンザクラの開花は、ソメイヨシノより少し早く「春のお彼岸」頃から咲きはじめます。

ソメイヨシノ同様に、花が咲き、花が散る後に葉が成長することから桜の花の「華いだ感じ」を感じられることから、ソメイヨシノと並んで人気の桜です。

エドヒガンザクラの特徴が、ソメイヨシノに似ているのもそのはずです。

ソメイヨシノは、このエドヒガンザクラとオオシマザクラを交配して作られた桜だといわれています。

ヤエザクラ(八重桜)

ヤエザクラは、ソメイヨシノより遅く開花し、5月のGW頃まで楽しむこともできます。

全国的なソメイヨシノが満開なお花見を逃してしまわれた方には、ヤエザクラは春のお花見の「セカンドチャンス」です!。

ヤエザクラの名所としては、関東では「新宿御苑」、関西では「桜の通り抜け」として有名な大阪の造幣局が名所となっています。

早咲きの「河津桜」は開花から満開、散るまでの日数が長い!

伊豆・河津町の木と指定されているカワヅザクラ(河津桜)は、毎年2月上旬頃から開花し、2月中旬(2月15日前後)に淡紅色の桜の花を満開にさせます。

約1ヶ月にわたって楽しむことができますが、だいたい2月25日頃には散る花も多くなり「葉桜」となっていきます。

2月上旬から開花しはじめる河津桜は、開花から満開、散るまでの日数が長いので、お花見のスケジュールも立てやすくなりそうです。

伊豆・河津町は、都心からのアクセスを考えると少々距離もあります。

どちらかといえば、家族やカップルなどプライベートの旅行を兼ねてのお花見が素敵かもしれませんね。

まとめ

今回は、お花見の幹事さん必見の「桜が満開になってから散るまでの日数」について、ソメイヨシノの他代表的な桜を取り上げ紹介してきました。

あらためて知ったことは、「満開」とは8分咲きを指すということでした。

たしかに同じ桜の木でも、すべての蕾が一斉に開くものではなく時間差があるでしょうから、すべての蕾が開いた時には散って「葉」が混ざるようになるものです。

「満開宣言は8分咲き」、なるほどと思いました。

桜は一般的に、開花してから1週間後に「満開」を迎え、満開から散るまでの日数は1週間ほどと覚えておけばいいでしょう。

もしも会社でお花見の幹事を任せられたら、テレビやラジオのお天気お姉さんからの、「桜の開花予想」や「開花情報」にアンテナを張り、桜が満開となる「開花から1週間後」を目安にスケジュールを立てると、桜の見ごろでいいお花見になりそうですね。

【スポンサーリンク】