まさに、「収穫の秋」を実感する今日この頃。

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、幼稚園や小学校の「芋掘り遠足」でたくさんのサツマイモが獲れたのではないでしょうか?。

我が家も先日、田舎の両親から「家庭菜園」で獲れたたくさんのサツマイモが届きました!。

段ボールに詰められたサツマイモは「獲れたて」だというので、すぐには食べず、以前紹介した記事「芋掘りのお芋は干すといい?何日くらい?保存期間で甘くなる?」のとおり、天日干しのあと保存してますけどね(笑)。

とはいえ、たくさんのサツマイモ…。

すぐに食べられるワケもなく、気がつくと「芽」が出てきたり、茎が伸びて立派な葉っぱが開いていてるモノまで出てきます(苦笑)。

みなさんのご家庭ではどうですか?。

その姿からも、思わず「これ食べられるのかな~?」とか、ジャガイモのように「芽に毒があるのでは?」という思いにも激しく共感します!。

ということで、今回のテーマは「サツマイモの芽が出ても食べられる?」。

・サツマイモの芽にも毒がある?
・芽が出たサツマイモの味は?
・サツマイモの芽の取り方

など、サツマイモの「芽」についての情報をいろいろシェアしていきたいと思います!。

【スポンサーリンク】

サツマイモの芽にも毒がある?!

サツマイモから芽が出た姿、まして立派な葉っぱまで広げた姿をはじめて見たら、もはや「もう食べられない…」と思うのも自然なコト。

まして、気になるのが芽の「毒」ですよね。

ジャガイモの芽には、神経系に中毒症状を起こす「ソラニン」と呼ばれる毒があるのは有名な話。

嘔吐や下痢・頭痛、重症になると血圧低下も伴って昏睡状態、命も危ぶまれる怖いモノ。

実際ワタシも、独身時代に芽がでたジャガイモを食べて、酷い目にあいました~(苦笑)。

けれど、サツマイモの芽には「毒がない」ので大丈夫!。

なぜなら…

・サツマイモは、「ヒルガオ科」の植物
・ジャガイモは、「ナス科」の植物

サツマイモとジャガイモは、「芋」がつくのは同じでも、まったく違う植物。

そう、サツマイモは芽が出ても、安心して食べられるのです!(笑)。

芽が出たサツマイモの味は?

たくさんのサツマイモも、天日干しのあと上手に保存すれば、数か月間は美味しく食べられるモノ。

とはいえ「芽が出たサツマイモの味」は…

芽が出るときや、茎・葉の成長にと、どんどんサツマイモの「デンプン」など養分が奪われてしまうコトから、甘味が落ちサツマイモ本来の美味しさが失われていきます。

芽が出たサツマイモを見つけたら、養分が奪われシワシワになる前、早めに食べられるのがイイですね!。

甘味が落ちた分、「スイートポテト」や「大学いも」など甘味を足す料理に使うというのも、オススメです。

サツマイモの芽の取り方は!?

ジャガイモの芽には、「ソラニン」と呼ばれる毒があるコトがよく知られているので、みなさん「ホジくるように」しっかり取られていると思います。

けれど先に紹介したとおり、サツマイモの芽には毒がないので、ホントは取らなくたって大丈夫なんですよ。

けれど、大きく育った芽や茎だと正直「食感」がチョッとね…(苦笑)。

「やっぱり、サツマイモの芽は気になるわ~」

という方も、サツマイモの芽の取り方はごく簡単なモノでOK!。

とくべつ毒もないワケですから、手や、包丁の角でチョッとこそげ落とすくらいの感じで十分です。

サツマイモの芽も食べられる?

「食感が…」「見た目が…」と、気になって取ったサツマイモの芽はどうしましょう?…。

「サツマイモの芽も食べられる?」って思いませんか?。

昔のコトを引っ張り出すのもナンですが…、サツマイモは茎や葉っぱも、食糧難の時代には立派な食材として食べられてきたモノなんです。

「芽」だとチョッと寂しいけれど、もっと育った茎や葉っぱなら。

例えば、「サツマイモ 茎 葉 レシピ」とキーワード検索してみると…

・サツマイモの葉の佃煮
・サツマイモの茎のきんぴら
・サツマイモの葉のお浸し
・サツマイモの茎葉づくしガーリック炒め

など、かの「クックパッド」でもたくさん紹介されていますし、どれも美味しそうでしょ?!。

サツマイモから芽を取ったあとは、茎や葉っぱも1つの食材として食べられるのって意外だったかもしれませんが、けっこうアリだと思います。

ワタシも試してみましたが、「芋の葉と茎のツナ缶炒め 」お酒のおツマミにぴったりで美味しかったですよ!(笑)。

【スポンサーリンク】

サツマイモの保存方法!

サツマイモの芽には毒がない、さらに茎や葉っぱも1つの食材として美味しく食べられるコトを紹介してきました。

とはいえ、芽がでたサツマイモは甘味が落ちて本来の美味しさが失われていきます。

となると、出来るだけ芽が出ないように保存するのがベスト!。

そのポイントとなるのが、「温度」「水分」です。

サツマイモを保存する温度は?

サツマイモは、20℃以上になると芽が出てきてしまいます。

理想としては、13℃~16℃ほどに保てる「冷暗所」で保存するコト。

とはいえ、冷蔵庫の「野菜室」などで保存するのもダメ!。

サツマイモは、冷えすぎると「低温障害」を起こしてしまって、黒ずんだり、味が落ちてしまいます。

サツマイモは水分が苦手?!

サツマイモは、「外からの」水分が大の苦手です!。

水で洗ってしまえば、1~2日でカビは生えたり腐ってしまうコトさえあります。

獲れたてのサツマイモは、収穫されてから時間が経つほど甘く美味しくなります。

畑の土がついたまま「3日~1週間」天日で干し、1つずつ新聞紙などで包んで、自然に出てきた水分を吸収・乾燥してくれる形で保存するのがベストです。

芋掘りのお芋は干すといい?何日くらい?保存期間で甘くなる?

まとめ

今回は、「サツマイモの芽が出ても食べられる?」をテーマに、サツマイモの「芽」についての情報を色々シェアしてきました。

サツマイモの芽にも、ジャガイモ同様「毒がある?」と思われていた方も少なくないと思いますが、まずは安心されたのではないですか?(笑)。

・サツマイモの芽に毒はない!
・芽が出たサツマイモは、どんどん美味しさが失われていく!
・サツマイモの芽の取り方はごく簡単なモノでOK!
・サツマイモは芽・茎・葉っぱも立派な食材として食べられる!

とはいえ、芋掘りなど「獲れたて」のサツマイモは、天日干しでよく乾燥させることで、保存期間に熟成が進み甘くなっていきます。

できれば、サツマイモから美味しさを奪う芽が出ないようにも、温度と水分を意識して上手に保存するコトが一番のようですね。

【スポンサーリンク】