「しじみ汁のしじみは食べる?」、いや~この手のテーマ大好きです!。

以前、エビフライ!しっぽは食べる?栄養はあるの?をテーマに紹介したコトがありますが、人によって「食べる派」「食べない派」に分かれるモノってけっこうあるモノですね。

今回は、「しじみ汁のしじみ」について。

その昔から、二日酔いにイイといわれたりする「しじみ汁」。

気のせいかもしれませんが、深酒した翌朝のしじみ汁は、カラダにジワ~ッと染みわたる感じがします(苦笑)。

かく言うワタシは、しじみ汁のしじみは「食べる派」です。

しじみは「出汁」としての役割りが大きいのかもしれませんが、食べ方のマナーとして「どうなの?」なんて考えもせず、しじみ汁のしじみには、まだまだ栄養素が残っている気がするのです。

ちなみに「しじみ」を漢字で書くと、虫偏(へん)に見ると書いて「蜆」

殻が小さく縮んでいるように見える「ちぢみ」が「しじみ」に変化したとされるように、しじみは小さくて食べづらいのもたしかですけどね。

今回は、タイトル「しじみ汁のしじみは食べる?食べ方のマナーは?」について、気になる点を具体的に見ていきましょう。

【スポンサーリンク】

しじみ汁のしじみは食べる?

冒頭でも紹介したとおり、ワタシはしじみ汁のしじみは「食べる派」ですが、みなさんはしじみ「食べる派」ですか?「食べない派」ですか?。

あるアンケート調査結果では、

・食べる派 :約8割
・食べない派:約2割

となり、食べない派の中には「そもそもしじみ汁が嫌い」という意見も含まれていました。

しじみ汁のしじみを食べる自分ってどうなの?とやや不安に思われていた方も、この結果をみて安心できましたね!。

大多数の方が、しじみ汁のしじみを「食べる派」で、けっして恥ずかしいコトではありませんでしたょ(苦笑)。

しじみ汁のしじみを食べない派の言い分!?

アンケート結果を見ると「少数派」かもしれませんが、しじみ汁のしじみを「食べない派」の言いぶんにも「ごもっとも!」なモノもありました。

・しじみの出汁が十分に出ていると思うので、しじみは食べない。
・しじみは身が小さくて食べづらい。
・「ジャリッ」っと砂を噛むのが怖い。
・忙しい朝食でチマチマ食べるのが時間が掛かる。

「あさり汁」のあさりは食べるという方でも、しじみ汁のしじみは「小さくて食べづらいから」という意見も多いようです。

たしかにそれは、「食べる派」のワタシでさえ感じるコトでもあります。

しかし!、出汁で出つくされたと思えるしじみ汁のしじみの「栄養素」も、まだまだたくさん含まれていることを知ったならどうでしょう?。

しじみ汁のしじみに含まれる栄養素とは!?

しじみ汁のしじみは、出汁としての役割りを終え、さまざまな栄養素が出つくされた「出しガラ」的な存在に思われている方も多いかもしれません。

たしかにしじみ汁には、しじみから出汁となる旨み成分「アミノ酸」「コハク酸」などが出ていますが、しじみから得られる代表的な栄養素を見てみると、

・鉄分
・カルシウム
・ミネラル
・ビタミンB12

の他、肝機能向上や疲労回復効果が期待される

・オルニチン
・タウリン

などさまざまな栄養素が含まれています。

これらカラダにイイ栄養素はしじみ汁に溶け出し、「二日酔い」や「お酒が好きな方」にイイとされるものですが、しじみ汁のしじみにもそれらの栄養素が「半分以上」も残っているといわれているのです。

しじみは「生きた肝臓薬」ともいわれる食材!。

その半分以上もの栄養素がしじみ汁のしじみに残っているのであれば、「食べる」のがベスト!です。

ワタシ同様、「お酒が好き」な方ならなお更!でしょうか(苦笑)。

ここで気になるのが、料亭や和食レストランなど外食で「しじみ汁」が出された場合です。

ご自宅でのしじみ汁なら、気にせずしじみも食べるという方も、外食ではどうなのでしょう。

【スポンサーリンク】

しじみ汁のしじみの食べ方やマナーは?

出汁ガラではなく、まだまだ栄養素がたっぷり含まれた「しじみ汁のしじみ」。

食べ方やマナーを知っていれば、悩まず安心して食べることができますね。

ご自宅での食べ方はマナーとして如何なモノか?も含めて、しじみの食べ方やマナーを見てみましょう。

しじみの身の食べ方のマナー

「あさりやはまぐり」と違い、身も殻も小さな貝のしじみ

食べづらく、「お行儀よく」と思っても箸だけではなかなか殻から身ははがれてくれません。

しじみを箸で持ち上げ、左手の指でしじみの殻を押さつつ、箸で身を摘まむようにはがすのがイイでしょう。

逆に箸だけでしじみの身をはがそうとすると、カチャカチャ音がするだけで上手くはがせず、マナーとしてはいかがなモノか?と。

しじみの殻の置き方のマナー

しじみ汁のしじみを食べたあとの殻は、お椀・器にそのまま入れておくのがマナーです。

しじみを食べながら「貝殻をお椀の蓋などに入れておく」ようなスタイルは、「片付けているようで」実はマナー違反となってしまいます。

・しじみの貝殻はお椀にそのまま戻し、元あったようにお椀の蓋をする。
・殻を入れるようなお皿があれば利用する。

貝殻をお椀の蓋に置くのは、見た目にもイイものではないですし、高級な和食店になるほど、お椀の質にもこだわりもあります。

乾いた蓋に貝殻を置けば、傷つきの原因にもなり得ます。

食べたしじみの殻はそっと元のお椀へ戻し、最後は蓋をするというのがスマートです。

まとめ

今回は、しじみ汁のしじみは食べる?食べ方のマナーは?について調べてみましたがいかがでしたか。

しじみは小さい貝ですから食べづらいのも確かですし、これまでワタシ自身も、人前でしじみをチマチマ食べる姿って「どうなの?」と正直気になっていました。

食べる派・食べない派のアンケートでは、なんと8割もの方が食べる派だったコトを知り、なんだかスッキリした思いです。

しじみ汁のしじみには、まだまだ栄養もタップリ残っているモノですし、これからもちゃんと残さず食べましょう!

今回ご紹介したような、チョッとした心遣いのマナーを忘れなければ「どこでも」OKですよ!。

【スポンサーリンク】