新緑の季節。

5月は、あらゆる植物・木々にも新芽が生えはじめ、緑が香るさわやかな季節到来って感じです。

5月・新芽となれば、お茶好きには嬉しい、美味しい「新茶」の季節到来です!。

でも「新茶とは何?」といわれても、茶葉を摘む時期によって何やら違いがあるようです。

お米だと、その年に収穫されたモノが「新米」ですが、お茶の「新茶」はどうなんでしょう?。

また新茶は「縁起物」として重宝されたり、新茶を飲むと「長生き」するといわれたりするようです。

お茶は、大切な方への贈り物や、お客様へお渡しするお土産でも喜ばれる品ですしね。

今回は新茶について、

・新茶とは何?
・新茶を飲むと長生きする?
・新茶は縁起物?

を中心に一緒に見ていきましょう!。

「新茶の美味しい淹れ方」なども、ぜひ参考にしていただければと思います。

【スポンサーリンク】

新茶とは何?

「新茶」といっても、その考え方は色々です。

冒頭でもチラッと紹介したように「お米」同様、その年に生産されたお茶を「新茶」と呼ぶ場合もあります。

でも、これは新茶の意味を「広く」解釈した表現でしょう。

一方、まさに「新茶」と表現されているお茶は、4月下旬~6月初旬に摘み取られた新芽から作られるモノが一般的。

具体的には、その年の「1番茶」を新茶、もしくは「2番茶」までを新茶とされています。

1番茶(2番茶)は、他の時期のお茶とは別格の、新茶ならではの「味と香り」を楽しめます。

新茶のスタート「八十八夜」!

ここでいう「新茶」とは、1番早摘みの「1番茶」としましょう。

「茶摘(ちゃつみ)」

夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る
あれに見えるは
茶摘じゃないか
茜襷(あかねだすき)に菅(すげ)の笠

久しぶりに、歌の1番を全部歌いましたか?。

八十八夜とは、2月4日の「立春」から数えて88日目の5月2日頃

その3日後には「立夏」を迎える、まさに新緑の季節です。

この八十八夜こそ、全国的にその年の最初の茶摘、「1番茶」の茶摘作業のピークを迎える時期になるのです。

新茶のおいしさ!

八十八夜とされる5月初旬のお茶の「新芽」は、まだ紫外線にさほど多くの時間さらされていません。

お茶から得られる成分として、有名なのがポリフェノールの1つであり、お茶らしい渋み成分「カテキン」です。

しかし、新茶とされる八十八夜頃に摘まれる「1番茶」は「甘み成分」とされる「テアニン」が豊富に含まれ、甘みが多く渋みの少ないことから「1番美味しいお茶」や「極上品」と表現されます。

ただ、この甘さと渋みのバランスの好みは人それぞれでしょうから、「新茶が1番」とは一概にいい切れないのもたしかです。

新茶ならではの「テアニン」の甘さは、紫外線に当たる時間が増すごとに「カテキン」へと変わっていきます。

年に4回あるといわれる茶摘のシーズンでの、3番茶・4番茶は渋みが引き立つお茶となります。

その渋さも、お茶を飲んだ際の「あ~ッ」とか「お~ッ」に繋がるんでしょうけどね。

新茶を飲むと長生きする?

八十八夜前後に摘まれた新茶を飲むと、「無病息災」長生きするとされる言い伝えがありますが、ナゼなんでしょう?。

新茶は「不老長寿」の縁起モノのとして重宝されてきたモノで、地域によっては新茶は神社やお寺へのお供え物にもされています。

長寿!「茶寿」のお祝い!

還暦からはじまる長生きのお祝い、70歳の古稀、77歳の喜寿など長寿のお祝いにはたくさんの種類がありますが、108歳の長寿祝い「茶寿」です。

茶寿の由来を見てみると、「茶」の字を分解すると「草冠」の下が「八十八」に見え、末広がりで縁起がイイとされていることからきているとか。

108歳もの長生き「茶寿」を引き合いに出しましたが、長寿のお祝いの品にその年の「新茶」もイイかなと思います。

5月といえば、第2日曜日は「母の日」ですよね。

さまざまなお茶店のHPでは、新茶を「母の日プレゼント」に推してます。

間に合えば、5月第2日曜日の「母の日」のプレゼントで、「長生きしてね!」の意味を込めて「新茶」はいいプレゼントになるかもしれません。

新茶は縁起物?

その昔は、お茶というと弔いごとに使われることが多く、また「お茶をにごす」とか「茶々をいれる」の例えからも、「縁起物」とはイメージされづらいモノでした。

現在のお茶はどうでしょう?。

とくに「新茶」は、贈り物として色々な場面で重宝される「縁起物」となっています。

会社などへ訪問いただいたお客様へ、お帰りの際に気軽な感じでお渡しする、「お土産」にもよく利用されていますよね。

【スポンサーリンク】

新茶が縁起物とされる由来は?

嫁入り先でイイ家庭を築く?!

お茶の木がまだ若いときに一度移植すると、良質な茶葉が出ることから、別の土地つまり「嫁入り先でしっかり根付きイイ家庭を築く」とされています。

丈夫で長生き?!

お茶は、土壌や日当たりに関わらずしっかり根をはる力強い木。

「丈夫で長生き」を象徴するモノとされています。

お芽出たい?!

茶摘の時期は、八十八夜前後の一番茶にはじまり、二番茶・三番茶・四番茶と4月末~10月初旬まで、4回も繰り返されます。

つまり、摘んでも摘んでも新しい芽が出ることから「お芽出たい」につながり「縁起物」となるのです。

新茶の美味しい淹れ方!

これまで新茶について、色々角度をかえながら見てきましたが、せっかくの新茶ですから「美味しい淹れ方」でいただきましょう!。

新茶は、新芽の甘みと香りを楽しむモノ。

とくに「青葉アルコール」と呼ばれる新茶特有の香りと甘みを上手に引き立たせるには、やや熱めの80℃くらいのお湯でサッと抽出するのがポイントです。

①急須に茶葉を入れましょう

適当な量をポンポンと入れてしまっては、せっかくの新茶がもったいないです。

適量としては、1人分あたり小さじ1杯(2g)程度。

お茶店のHPで見る、「ティーバッグ」も2g入りが多いです。

②沸騰したお湯を湯呑に入れましょう

ポットでもヤカンでもOKですが、必ず一旦沸騰させたお湯を使います。

沸騰することで「カルキ抜き」がされていれば、お茶を淹れる水は「水道水」がイイといわれます。

ポイントは、いきなり急須にお湯を入れないコト。

1つは湯呑を温める意味ですが、新茶を美味しく淹れるベストな温度とされる80℃前後まで冷ますのに、一旦湯呑に注ぐと丁度イイ感じになるのです。

ちなみに良質な茶葉になるほど、ベストな温度は低くなるとされています。

③湯呑のお湯を急須に注いで抽出します

抽出にかける時間は、急須に蓋をしてから「30秒~40秒」くらい。

抽出しすぎもいけません。

最後に急須を2回~3回さっと回すことで、茶葉の間に留まる旨みが引き出せます。

④均等の濃さになるように注ぎましょう

急須の中のお茶は、時間が経つごと、動かすごとに濃くなっていきます。

1杯づつ注いでいってしまうと、2杯目以降の湯呑の方が濃くなってしまうので、湯呑の数だけ少しづつ均等の濃さとなるように注いでいきましょう。

⑤最後の1滴まで大切に注ぎましょう

最後の1滴が美味しいのはもちろんなのですが、急須にお湯を残さないことで「2煎目」も美味しくいただけます。

2煎目は、急須を軽く叩いて中の茶葉を平らに直します。

2煎目では急須へ直接お湯を注いでOKです。

またすでに茶葉が開いているので、抽出時間も必要ありません。

まとめ

新緑の季節5月といえば、お茶好きには嬉しい「新茶」の季節ということで、今回は「新茶」について、あらためて「新茶とは何?」からはじめ、「長生き」や「縁起物」といわれることについて見てきました。

「茶柱がたつと縁起がイイ」ともいわれますね。

記事の中でお茶と長生きについて紹介しましたが、お茶の産地「静岡」はお茶を飲む量も日本一ですが、健康で長生きする「健康寿命」も日本一なんですって。

忙しい日々の中、この季節でしか味わえない「新茶」を楽しむ時間も欲しいですね。

新茶のさわやかな香りと甘みが、ほっこり心癒してくれそうです。

【スポンサーリンク】