夏の昼食。

我が家では、「そうめん」が登場することが多くなります。

冷たくて喉ごしもイイので、2人の子どもたちも大好きです。

サッカーの試合で1日遠征ともなると、お弁当に「そうめんセット」を持っていくほど。

暑バテ気味でも、お腹が満たせるのでお気に入りみたいです。

我が家のそうめんは、「つゆ」にもこだわりがあるんですけどね。

ちなみに「我が家」とは、義父・母と同居する妻の実家。

そうワタシ、マスオさんなんです…(苦笑)。

それとは逆に、ワタシの生まれ育った実家では、夏といえば「ひやむぎ」

母が作ってくれた、シンプルな濃いめのつゆで食べるひやむぎが好きでした。

学校が夏休み中の昼食は、ひやむぎの「ヘビーローテーション」!。

「そうめん」VS「ひやむぎ」!。

どちらも白く、見ための細さ(太さ)も同じような麺。

この2つの麺に、どんな違いがあるのでしょう?。

食べるときの「つゆ」に違いがあるのでしょうか?、カロリー的に見ると違いがあったりするのでしょうか?。

これから先、「そうめん派」と「ひやむぎ派」で、奥さんとモメモメするのもイヤなので、その違いをハッキリさせてしまいましょう!。

「つゆ」や「カロリー」なども含めて、どんな違いがあるのでしょうね?。

まぁ、この我が家で生まれ育った子どもたちは、揃って「そうめん派」でしょうが…(苦笑)。

【スポンサーリンク】

「そうめん」と「ひやむぎ」の由来の違い?!

どちらも同じような麺だけど、それぞれ「由来」から違うモノなのでしょうか?。

そうめんの由来とは?!

「そうめん」その由来は、

古来中国から続く、宮中儀式の供えモノの1つだった、小麦粉を練って細長く捻るようにして、油で揚げた「索餅(さくべい・そうびん)」と呼ばれるお菓子。

奈良時代~平安時代に伝わったとされる「索餅」も、当時はかなりの高級食品。

一般庶民では、口にできるような食べ物ではありませんでした。

さらに鎌倉時代以降、索餅を油を塗って「手延べ」し、細く長くする製法が伝わり、現在の「そうめん」の元「索麺(そうめん)」が誕生し、さらに作り方が変化するコトで「そうめん(素麺)」へとなっていったのだとか。

実際に、庶民の間でも「そうめん」を食べる風習が広まったのは、江戸時代頃からとされています。

もともと高級品だったそうめんは、その後も「贈答品」としても重宝されるようになっていきました。

たしかに「お中元」の贈り物に、高級「手延べそうめん」を選ぶ方も多いですよね。

ひやむぎの由来は?!

ひやむぎの由来を探ると、「製法」ではなく「食べ方」の違い?に由来するモノなのかもしれません。

「冷たいうどん=ひやむぎ」と呼ばれる説がありました。

・茹でた麺を温かいまま「せいろ」に乗せて出すスタイルが「熱麦(あつむぎ)」
・茹でた麺を一旦冷水で締め、冷えた状態で出すのが「冷麦(ひやむぎ)」

なるほど…冷たく冷やした状態が「ひやむぎ」。

分かりやすい!。

ちなみに、
温かいつゆの中に麺を浮かせて食べるスタイルを「温飩・饂飩(うどん)」と呼ぶようです。

そういえば、近所のうどん屋さんの看板は、「饂飩」の文字が使われていました。

実家の母は、「冷たいうどん」が好きだったですね。

その流れなのでしょうか?、実家の夏の定番が「ひやむぎ」だったのは…。

そういえば、「熱盛り」のひやむぎって聞かないないですモノね(苦笑)。

ひやむぎが温かいまま盛られたなら、それはもはや「あつむぎ」ですものね。

そうめんとひやむぎの決定的な違いは「太さ」?!

色は白く、細い麺。

食べた感じも殆ど一緒な、そうめんvsひやむぎ

いったい、どこに違いがあるのでしょう?!。

「そうめん」と「ひやむぎ」の違い。

その決定打は、麺の「太さ」でしかありません!

呼び方の基準は、麺の太さによって「JAS(日本農林規格)」で定められているのです。

それでは、その違いは?というと、かなり「微妙」なラインもあったりして…(苦笑)。

そうめんとひやむぎの違いは麺の「太さ・細さ」?!

先のJAS(日本農林規格)」の基準で比べると…

そうめんとひやむぎ。

その違いは「太さ・細さ」であって、さらに探ると製法・作り方が「手延べ」か「機械製麺」かで、規格が異なるようです。

チョッと面倒くさい?。

大丈夫!けっこう簡単なので…。

「手延べ」での規格は?

そうめん:直径1.7mm未満
ひやむぎ:直径1.7mm未満

ちなみに、直径1.7mm以上が「うどん」。

アレレ…「まったく同じ」じゃないですか!、そうめんとひやむぎに違いがありません!。

ならば、手延べで作られた直径1.7mm未満の麺なら、どちらも名乗れるというコトですね。

ならば、「手延べそうめん」名乗っておきたくなるハズ。

だって、高級感といったら「そうめん」に軍配が上がりますから。

「機械製麺」での規格は?

そうめん:直径1.3mm未満
ひやむぎ:直径1.3mm~1.7mm未満

ここで、ハッキリとした違いが見えてきましたね!。

そうめんとひやむぎの決定的な違いは、JAS基準で定められた「機械製麺」での「規格」の違いでした!。

コンビニやスーパーなどで市販されている、安価なそうめんやひやむぎは「機械製麺」で作られたモノが多い。

ならば、より細い方が「そうめん」となるワケです。

ちなみに、「手延べ」は圧倒的にそうめんに多く、ひやむぎは「機械製麺」が多く用いられています。

そうめんは、贈答用にも利用されることが多いので、より高級な「手延べ」が喜ばれるのでしょう。

オマケの色つき麺の有無の違い?!

「色つき麺」の有無。

そうめんとひやむぎの違いで、雑学としてコレを覚えておくとチョッと自慢できるカモ?です。

ひやむぎを食べていると、ときおり「オマケ」のようにピンクや緑の色つきの麺が入っていませんか?。

あの「色つき麺」は、束で見たときに「ひやむぎ」であるコトを分かりやすくする為なんですって。

色つき麺の有無は、太さ・細さの違いが微妙なときの、そうめんとひやむぎの違いを見極める「決定打」になりえます。

作ってくれた奥さんに聞いてしまえば、簡単なんですけどね…(苦笑)。

【スポンサーリンク】

そうめんとひやむぎにカロリーやつゆの違いはある?!

太さだけが違うといってもいい、そうめんとひやむぎ。

コシやノビにくさを考えると、よりキメ細かく伸ばされていく「手延べ」製法が多いそうめんの方が好き!という方も多いかもしれませね。

暑さ厳しい夏の間、食べることが多くなるそうめんやひやむぎですから、カロリーも気になるトコロですよね。

そうめんとひやむぎの「カロリー」の違いは?!

乾麺で比較した場合、その答えは簡単だと思います。

だって、同じ製法で作られたそうめんとひやむぎでは、成分としてはほぼ一緒なワケで、カロリーに違いはありません。

そうめんは手延べ製法が多く、油を塗りながら伸ばされていくので、機械製麺製法が主なひやむぎより「カロリーが高い」と主張する情報もありますが、その違いは極わずか。

さらに製麺技術の進歩によって、

・手延べでも、油の量を抑えて細くできるようになった
・コシを出すために使う塩分も、カロリー0が多くなった

そうめんとひやむぎ、意識して「低い方」をと考えなくてもイイと思います。

それより、お腹一杯食べたときのカロリーの違いの方が問題カモですよ。

麺の太さが低カロリーにつながる?!

乾麺では、同じ重さ(量)ならカロリーに違いは殆どありません。

ただ食べるには「茹でる」ワケで、ここでカロリーの違いが出てきます。

うどんも含めて、ひやむぎそうめんでと麺が太くなればなるほど茹でることで含まれる水分量が多くなります。

となれば、茹で上げたあと同じ重さ(量)で比べたら、太い麺ほど小麦粉の成分量が少なくなるので「低カロリー」となるワケです。

これは、同じ重さの1束の麺を茹でて食べたら、カロリーは殆ど一緒であって、たくさんの束を茹でて、各々「好きなだけ食べてね」スタイルで考えると同じ「お腹一杯」でも、ひやむぎの方が水分量が多く、つまり「カロリーが低くなる」というコト。

そうめんとひやむぎの「つゆ」の違いは?!

ご家庭ごとに、好みの麺つゆってあるでしょうし、我が家では冒頭でも紹介したように「そうめん」のつゆには拘りがあるようです。

ちなみに、そうめんと冷麦。

細く伸ばされた麺を食べるときの「つゆ」に明確な違いはなく、基本的には醤油ベースでそれぞれお好みの濃さとなるワケです。

ただ、より細い「そうめん」の方がつゆが絡みやすく、薄味で作られたつゆでもしっかり味が乗っかってくるモノ。

麺が太くなればなるほど、つゆが絡みにくくなるのだとか。

なので、麺つゆメーカーから紹介されている「そうめん○○」とか「ひやむぎ○○」など、それぞれの麺にあったつゆを比べてみると、麺が太いひやむぎ用、さらにうどん用の方が「塩分量(g)」が多いようです。

我が家の「麺つゆ」は、市販の「めんつゆ」は使いません。

鰹や煮干などで出汁を取り、炒めた豚肉と茄子を出汁で煮たモノを「麺つゆ」にするのが拘りのようす。

祖母からウチの奥さんへと受け継がれたモノのようですが、サッカー小僧の息子たちは、これが夏の「大好物」になっています。

まとめ

今回は、とても似ている「そうめん」と「ひやむぎ」について、その違いを探ってみました。

ざっくり言えば、その違いは麺の「太さ」「細さ」の違い。

細い方が「そうめん」です。

そうそう、束の中にオマケのような「色つき麺」入っていることがありますが、あれこそが「ひやむぎ」を表すモノ。

微妙な太さの麺なら、そうめんとひやむぎの違いを確認するにはありがたい「オマケ」ですね。

そうめんとひやむぎ、その主な違いは「太さ」「細さ」であって、食べ応え・喉ごし、つゆとの相性・絡みやすさなどから、どちらが好みなのかが分かれてくるのでしょう。

その意味では、ワタシの実家では「ひやむぎ」であり、現在義父・母と同居する我が家では「そうめん」なワケです。

そうめんの方が、由来からして「高級感」ありますしね。

今さら頼めません…。

そうだ、今週末は久しぶりに実家へ行こう!。

さっそく電話して、事前に母に頼んでおこうと思う。

「昼食は、『ひやむぎ』にしてね!」ってね(笑)。

【スポンサーリンク】