ドラッグストアで「どんな感じかな?」と買ってきたものの、気に入らなくてほとんど使わず中身の入ったままの整髪料のスプレー缶

流行に乗って、DIYでお部屋のリノベーションにチャレンジして残ったままのスプレー式塗料

家のなかには、「中身の入ったスプレー缶」ってけっこう溜まってしまうモノです。

「大掃除」のときなどに捨てようと思っても、「中身が入ったスプレー缶の捨て方」ってどうしたらいいものか…?、悩んでしまうことも多いと思います。

捨て方がわからないから、「見なかったことに…」と放置され、中身の入ったままのスプレー缶がドンドン溜まっていってしまう悪循環にも。

また「ゴミの日」に、中身の入ったスプレー缶をそのまま出してしまうのは、スプレー缶の中のガスに引火して爆発事故となり、収集作業員の方がケガしてしまう恐れもあるので、とても危険なコトです。

今回は、使い掛けた「中身の入ったスプレー缶」の安全な捨て方について、分かりやすく手順を追いながら紹介したいと思います。

【スポンサーリンク】

中身の入ったスプレー缶の捨て方!

使い掛けで中身の入ったスプレー缶の捨て方の基本は、「中身を出しきって」から捨てることです。

面倒臭いからと、中身の入ったままのスプレー缶を捨てることは、爆発事故を引き起こす原因ともなり、ゴミの収集作業員の方を危険にさらすことになるので、絶対にしないようにしましょう!。

問題は、中身の入ったスプレー缶の「中身」をどう出しきるのか?ということでしょう。
次は、その手順を見ていきましょう。

中身の入ったスプレー缶の中身を出しきる!

中身の入ったスプレー缶の中身をどう出しきるのか?。

ここでは、スプレー缶の種類によって中身の出しきり方を紹介します。

まずは、

一番手っ取り早い「空中へスプレーして中身を出しきる方法」からスタートしましょう。

空中にスプレーして中身を出しきる方法

ヘアスプレーやデオドラントスプレー、カセットコンロのガス缶などは、中身を空中へ逃がすこと自体問題になりません。

人通りがなく風通しのいい場所で、中身の入ったスプレー缶のボタン(アクチュエーター)を押し続けて、「シューッ」という音が聞こえなくなればOKです。

カセットコンロのガス缶の場合は先にボタンがついていないので、やや凸凹したアスファルトなどにノズルの先端を強く押し付けてあげれば、隙間からガスが出ていってくれます。
(垂直ではなく、少し斜めに押し付ける形がいいですね)

ただし、カセットコンロのガス缶の中身を出しきる作業をするときは、周囲の火の元(ライターを使う人などがいないか?)に十分注意が必要です。

作業しながらタバコを吸うなんて「以ての外」。

流行の加熱式タバコのカチカチもダメですよ!。

また、最近のスプレー缶は中身を出しきるのに「便利な仕組み」も用意されているモノがあります。

スプレー缶の側面の「説明」欄を見てみて下さい。

ボタンを押し続けるより、簡単な方法が紹介されていることがあります。

中身の入ったスプレー缶を布や新聞紙などに染み込ませる捨て方

中身の入った塗料スプレーや殺虫剤などは、その辺の空中に撒き散らすワケにもいきません。

「着色」や「臭い」もそうですが、古い殺虫剤では「毒性が強い成分」が使われていることもあります。

空中に撒き散らすことができない「塗料スプレー」など中身を出しきるには、「布や新聞紙に染み込ませる方法」が、周囲の方にも迷惑を掛けないおススメの捨て方です。

【スポンサーリンク】

【用意するモノ】

・大きめのゴミ袋やスーパーのレジ袋
・吸水性のいいボロ布や古新聞、トイレットペーパーなど
・マスク
・手袋

マスクや手袋は自分を守るモノなので、なくてもOK!。

やり方はとても簡単ですが、必ず風通しがいい屋外がベスト。

ベランダなどでもいいですが、風向きには注意しましょう。

お隣り・上下階のお部屋に注意が必要です。

手順1. ゴミ袋やレジ袋にボロ布や古新聞、トイレットペーパーを入れる

トイレットペーパーは、ロールから引き出してグシャグシャにして入れましょう。

古新聞の場合も、細かく裂きながら軽く丸めて入れていきます。

また、マスクや手袋の用意ができるなら手順2.の前に着用しましょう。

思わぬハネ返りに自分を守ってくれます!。

塗料が手についたら、なかなか取れませんから。

手順2. ゴミ袋やレジ袋に入れたボロ布や古新聞などに向かってスプレー缶の中身を出しきる

袋のなかのボロ布や古新聞に吸わせるように、スプレー缶の中身を出しきるまで噴射します。

「シューッ」という音が聞こえなくなればOKです。

スプレーの種類によっては、長く噴射していると缶の表面が冷たくなることがあります。

用意できれば、「軍手」などの手袋があると安心ですね。

手順3. スプレー缶の中身を出しきったボロ布や古新聞はゴミ袋ごと可燃物で捨てる

中身の入ったスプレー缶を出し切った袋の中には、噴出したガスが溜まっています。

すぐに封をせず、しばらく放置してからにしましょう。

スプレー缶の中身を吸わせたボロ布や古新聞も「可燃物」のゴミの日に出せばOKです。

特に塗料スプレーなどを吸わせたモノは、袋の封をしてもけっこう臭いが出てくるものです。

中身の入ったスプレー缶の捨て方として、できれば可燃ゴミの日の前日に「中身を出しきる作業」をするのがいいのかもしれませんね。

中身の入ったスプレー缶の捨て方として、まずはスプレー缶の中身を出しきる作業を紹介しました。

続いて、スプレー缶の捨て方を見ていきましょう。

スプレー缶の捨て方!

中身の入ったスプレー缶の捨て方も、最終段階の「スプレー缶の捨て方」です。

使い掛けの残った中身を出しきれば、あとは各自治体ごとに定められたゴミ収集の冊子に記載された「スプレー缶の捨て方」を確認すればOKです。

スプレー缶に「穴あけ」が必要な自治体もある!

各自治体によって、スプレー缶の捨て方で「穴をあける」必要があるか否かが分かれます。

スプレー缶に穴をあけるのは、もちろん「中身を出しきって」からです。

中身が入っている状態で穴をあけようとすると、ガスのチカラで塗料など中身が飛び散ってタイヘンな目にあいます!。

ドライバーや釘を金槌で打って穴をあける!?

実際、慣れた方ならドライバーや釘をスプレー缶に当て、金槌で打てば簡単に穴があけることができます。

ただ女性をはじめ、このような道具の扱いに慣れていない方の場合、思わぬケガに繋がることも考えられます。

最近は、スプレー缶に穴をあけたり固いビンの蓋をあけたりできる便利なツールも、探してみると1,000円以下で購入できるようです。

もしも、お住まいの自治体がスプレー缶の捨て方で「穴をあける」必要があるなら、1つ用意しておくのもいいかもしれませんね。

まとめ

今回は、中身の入ったスプレー缶の捨て方について、手順を追いながら見てきました。

中身の入ったスプレー缶をゴミの日にそのまま出すのは、爆発事故を引き起こす原因ともなり、収集作業員の方を危険にさらすことになるので絶対しないようにしましょう。

スプレー缶の中身によっては、そのまま空中に出しきることで簡単に捨てることもできそうです。

塗料や殺虫剤などのスプレー缶の場合、また周囲に気を使う状況の場合には、スプレー缶の中身をゴミ袋に入れたボロ布や新聞紙に向かって出しきる捨て方がおススメです。

スプレー缶の中身を吸わせたボロ布や古新聞も、「可燃物」のゴミの日に出せばOKですしね。

いずれの場合も「安全第一!」で作業してください。

中身の入ったスプレー缶の捨て方で一番大事なことは、

ご自身も周囲の方の安全のために「火の気の無い、屋外の風通しのいい場所で作業する」ことです!。」

【スポンサーリンク】