昔から「食べ合わせ」って聞きますよね。

一緒に食べると、消化が悪いから「お腹を下す」とか、場合によっては命にも関わるような悪い食べ合わせもあるともいわれます。

また逆に、昔から「ダメ」とされていた食べ合わせも、最近の研究結果からホントは「良い」食べ合わせだったり、やはり「悪い」食べ合わせだったりが証明されるようになってきました。

今回はさまざま言われる「食べ合わせ」の中から、この夏もたくさん食べであろう「スイカ」、また食べ合わせの話題でよく取り上げられる「スイカ」にスポットを当てて探っていきたいと思います。

スイカと食べ合わせるとホントにダメな食べ物、悪い食べ物が一番気になるモノですが、食べ合わせで良い食べ物があるなら、それも是非知りたいし、食べてみたいと思いますよね。

【スポンサーリンク】

スイカと食べ合わせでダメな食べ物は?!

良いとか悪いとかじゃなく、「ダメ」とは絶対やめておくのが懸命な食べ合わせ!。

場合によっては、命をも危ぶまれる食べ物。

「食べ合わせ」は、チョッとムズカシイ言葉に置き換えると「合食禁(がっしょくきん)」と呼ばれます。

合食禁

食に関する伝承の一つ。一緒に食べるときに食材の取り合わせが悪いとされる言い伝えであり、一般に消化に害を来たすとされている。平易な日本語では食べ合わせ(たべあわせ)、食い合わせ(くいあわせ)と呼ばれることが多い。

凄い表現ですね「合食禁」。

食べ合わせては「ダメ」だと、字を見てわかりますモノ(苦笑)。

スイカと食べ合わせで絶対ダメな食べ物とは?!

・スイカ × ビール

スイカとビールは、どちらも殆どが水分ですが、アルコールの利尿作用も合まりビールがドンドン進んでしまう。

ビールだけではありません。

スイカ×酒類の食い合わせは、急性アルコール中毒の危険性があります。

夏の海水浴や川遊びでは、スイカ割りして「スイカとビール」なんてシーンもあり得ますが、脱水症状で意識がモウロウとして「溺る」リスクが高まります。

実にアリガチですが、絶対ダメな食べ合わせです!。

スイカと食べ合わせで悪い食べ物は?!

場合によっては「命に関わる」モノとして、「スイカ×ビール」を絶対ダメな食べ合わせとして紹介しましたが、そもそも「合食禁」なる食べ合わせの言い伝えは、「消化が悪くなる」というモノ。

【スポンサーリンク】

スイカと食べ合わせで悪い食べ物とは?!

スイカとの食べ合わせでは様々な食べ物が悪いとされていますが、代表的な例として取り沙汰されるのが、

・スイカ × 天ぷら
・スイカ × うなぎ

天ぷらは衣を油で揚げたモノで「油分」が多い。

夏バテ予防に効果的なうなぎも、「脂分」が多い食材。

そこに水分の多いスイカを食べ合わせると、お腹の中で「どうなるか?」がポイントです。

油分・脂分が多い食べ物は消化しずらく、ほかの食べ物と比べるとより多くの胃液を使って消化されます。

しかし水分の多いスイカを食べ合わせてしまうと、胃の中の胃酸の働きが薄まってしまい、消化が悪くなってしまうのです。

これ、食事中にお水をたくさん飲んでいると「消化が悪くなるよ」って注意された子どもの頃を思い出します。

また、スイカとの食べ合わせで「カラダを冷やす」悪い食べ物としては、

・スイカ × アイス
・スイカ × 牛乳

などが取り沙汰されるコトがあります。

大人のワタシたちでは、実際に食べ合わせる機会はなさそうですが、夏休みのお子様ならあり得そうではありませんか?…。

「暑い~」って冷蔵庫を覗いたら、冷凍庫にはアイスが、冷蔵室にはカットしたスイカや牛乳が冷えている。

お子様だと、思いのまま食べ合わせてしまいそうです。

「お腹が冷えるよ」「お腹を下すよ」と、スイカとの食べ合わせで悪い食べ物を教えておく必要がありそうですね。

スイカと食べ合わせで良い食べ物ってあるの?!

スイカというと、食べ合わせの悪い食べ物の代名詞的な存在に思われガチですが、スイカの成分には、脂質の吸収を抑える働きや抗酸化作用が期待されるコトもあるのです。

食べ合わせで悪いとされる食べ物も、水分が多いスイカを食べ過ぎてしまうコトも一因。

スイカの食べ過ぎに注意するコトで、食べ合わせると逆にカラダに良い食べ物もあるのです。

スイカと食べ合わせで良い食べ物は?!

・高血圧予防 : スイカ × トマト・柿・キウイ・レモン
・腎臓病予防 : スイカ × きゅうり・冬瓜・小豆・ブドウ
・熱中症予防 : スイカ × レモン・メロン・梅・ココナッツ

それぞれの食材は、単品的に見てもカラダに良い食べ物とされるモノばかりです。

さらにスイカが持つカリウムやミネラルなどの成分が加わることで、様々な健康効果へ繋がるというカタチです。

ただ、それぞれの食べ物を見てもらうと、それ自体水分が多いモノが多いことがわかると思います。

水分×水分は、胃の消化力を低下させたり、カラダを冷やす原因にもなりかねません。

あくまで、スイカと食べ合わせで良い食べ物も、スイカの食べ過ぎに注意した上でが「前提」となるモノですね。

まとめ

今回は、昔からの言い伝えでもある「食べ合わせ」について、これからたくさん食べるであろう「スイカ」にスポットを当ててみました。

スイカと食べ合わせで絶対ダメとされる「ビール」は、脱水症状で「命に関わる」と紹介しましたけど、スイカと食べ合わせでなくても「飲み過ぎ注意」ですけどね(苦笑)。

でも、「天ぷら」や「うなぎ」といった昔からスイカと食べ合わせで悪い食べ物とされてきた理由は、水分の多いスイカによって油分・脂分の消化が悪くなってしまうというコトは良くわかりました。

実際には、「スイカ」を例にした言い伝えであって、油分・脂分が多い食事をした際に「水分を摂りすぎてはダメ」ということでしょう。

また、食べ合わせで「悪い食べ物」の代名詞的なスイカでも、食べ合わせることでカラダに良い食べ物もあるようです。

それもあくまで、スイカの食べ過ぎに注意した上でが「前提」となるモノですが…。

なんでもそう、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。

【スポンサーリンク】