掃除が苦手ということの1つに、「捨てるのが苦手」という方は少なくありません。

お部屋をいつもキレイにしておくために、ものを片付け掃除をしているものの、「モノ」の量は減ることなくどんどんモノで溢れかえってしまっている状況。

一歩間違えば、「ゴミ屋敷」にさえなってしまいかねない状態です。

自分で買ったもの、知人から貰ったものは「思い入れ」も強いものが多いのでしょう。

捨てるには「勿体無い」という思いもあるでしょう。

エコロジーの意識が大切にされている現代において、モノを大事にすること自体は確かに悪いことではありません。

でも「勿体無い」気持ちも、適切な判断基準もナシに度が過ぎてしまえば、お部屋はモノで溢れかえってしまいます。

今回は掃除が苦手、特に「捨てるのが苦手」という方のために、「捨てる」「捨てない」の判断基準にこだわった内容で紹介していきたいと思います。

【スポンサーリンク】

掃除で捨てるのが苦手なワケは?

お部屋をスッキリさせたい、新たなスペースを作りたいと思うなら、お部屋を掃除しモノを捨てるということが必要になってきます。

でも、どうでしょう?。

今まで捨てずに取っておいたモノを捨てるというのは、なんらか新しい判断基準が必要となりませんか?。

だって、今まで捨てられなかったモノを捨てるワケですから…。

掃除でモノを捨てるのが苦手な方の特徴は、「モノの価値」で判断しまいがちだったりします。

家の中には、買ったモノ・貰ったモノなど様様ありますが、それらは壊れたり・痛んだりしていなければ「使えるモノ」に分類されてませんか?。

それでは、一向にモノを捨てることが出来ません。

だって、壊れたりしてモノ自体の価値がなくなるというのは、なかなか無いことなのですから。

それこそが、掃除でモノを捨てるのが苦手なワケになってしまっているのでしょう。

掃除でモノを捨てる判断基準!

お部屋をキレイに片付けたい、新たにスペースを作りたい場合、当然のように今ある「モノを捨てる」という行動が必要になってきます。

お部屋が増えるワケでも大きくなるワケでもありませんから、今あるスペースを有効利用するしかありません。

先に紹介したように「モノの価値」で取捨選択していては、一向にお部屋をスッキリ掃除することは出来ません。

まずはモノを捨てる覚悟が必要で、判断基準を「使うか?」「着るか?」、もしくは「使わないだろう」「着ないだろう」といった「使用価値」を判断基準にするのがいいようです。

「使わないだろう」「着ないだろう」という判断は多くの場合正解で、後々後悔することは少ないと思います。

限定品や貴重なモノ

捨てる捨てないの判断基準として、「使わないだろう」「着ないだろう」といった使用価値するのがいい反面、この先入手することが難しいようなモノは、「モノ自体の価値が高い」ものとして捨てずに取っておくのがベターでしょう。

一旦手放したら、二度と手に入らないようなモノは手放せません。

記念品やプレゼントにも厳しい判断も…

誰にでも、「思い出の品」というものはあるものです。

それら全て取っておくか否かの判断はとても難しい部分でもあり、自分の気持ちと向き合って判断するしかないでしょう。

チョッと厳しい部分かもしれませんが、「一生取っておきたいモノ」かどうかが判断基準になるかもしれませんね。

家のスペースに問題ないのなら、とりあえず「思い出の品」は全て取っておきたいモノですけどね…。

【スポンサーリンク】

どうしても迷ったら「とりあえずBOX」へ

1年以上使わなかったモノや着なかった服は、おそらくその後もそのままとなってしまうことが殆どです。

「まだ使える」、「サイズも丁度いいから」などと考えていたら、一向に捨てることはできません。

先に紹介したような、「使わないだろう」「着ないだろう」といった「使用価値」を新たな判断基準にすることで、これまで捨てられなかったモノも捨てられるようになるでしょう。

でも、どうしても迷うモノも出てくると思います。

この「迷うモノ」に悩んでいては、時間ばかりたってしまうので効率的な掃除になりません。

なので、まずは「とりあえずBOX」を用意するといいかもしれません。

・捨ててしまうモノ
・捨てないモノ
・迷うのでとりあえず取っておくモノ

この3種類で判断していくことで、迷う時間がグッと少なくなって効率的になります。

「とりあえずBOX」のルール

でも、この迷って「とりあえずBOX」に保管したモノって、やっぱり使わないモノである確率はとても高いのものです。

最終的に取捨選択するタイミングを、自分で決めておくことが大切です。

掃除でお部屋をスッキリさせたいと思ってはじめたのですから、最終的な目的は「捨てること」です。

・3ヶ月
・半年
・1年

自分で決めたタイミングでもう一度見直し、やっぱり「使わない」と思えたものから捨てていくべきです。

1年以上使わなかったもの、頭にも浮かばなかったものは「必要のないモノ」と判断していいのではないでしょうか。

まとめ

今回は、特に「捨てるのが苦手」でモノで溢れかえってしまいがちな方向けに、これまでの「モノの価値」ではない「使用価値」を判断基準にしてモノを捨てるということを紹介しました。

迷うこともあるのは当然なので、「とりあえずBOX」を用意することも掃除が効率的に進むようです。

最終的には「思い切り」が必要になりますが、「エイッ!」と決めたその判断は案外正解であることが多いものです。

後々「取っておけば良かった~」と後悔することって、けっこう少ないですよ。

実際モノを捨てるときって、あ~コレ「ほとんど使わなかったな~」とか、バーゲンで買ったのに結局「あまり着なかったな~」という反省の念も沸いてくるもの。

安いから、お買い得だからといった感情ではなく、自分にとって本当に必要なモノなのかを考えた買い物こそが、モノを大切にしエコロジーにも繋がることを実感するのではないでしょうか。

【スポンサーリンク】