寒い冬は、セーターを着る機会も多くなりますね。

カシミヤのセーターとか、1枚着るだけでもホント暖かくなります。

セーターを着る上での難点とえば、「洗濯」でしょうか?。

セーターだって他のファッション同様、着れば汗も吸うし匂いもつくので、できれば洗濯していつもキレイに着たいと思います。

自分で洗濯できればコストは抑えられるのだけど、怖いのがセーターが「縮む」ことなんですよね?。

せっかくの高価なカシミヤセーターが、洗濯したら「子供サイズか?!」と思えるほど縮んでしまったら、それはショックでしかありません!。

セーターが縮む原因は、洗濯方法にあります。

セーターの素材ウールの特徴や、正しい洗濯方法を知って怖いものなしです!。

・洗濯したセーターが縮む原因は?
・セーターの縮みを防ぐ洗濯方法は?
・セーターの縮みの直し方は?

セーターが洗濯で縮む原因は、ズバリ洗濯方法にあります。

正しい洗濯方法や、縮みの直し方を抑えておけば「怖いものなし!」で、いつも清潔なセーターを着れそうです。

【スポンサーリンク】

洗濯したセーターが縮む原因は?

セーターで使われる素材「ウール」が洗濯で縮む原因は、ずばりウールの特徴である「水に弱い」点にあります。

水で洗濯することでウール繊維は、固く収縮してしまうのですが、もう少しだけ詳しく見てみましょう。

ウール最大の欠点「フエルト収縮」

これは実に「ミクロ」の世界の話です。

セーターのウール繊維は顕微鏡で見てみると、私たちの髪の「キューティクル」と呼ばれるような魚のうろこ状のギザギザがあります。

羊やヤギなど「動物の毛」なのですから、人の髪と同じですね。

人の髪も同じですが、乾燥していれば水分を逃がさないようにキューティクルは閉まり、湿気があるとキューティクルは開いて水分を得ようとします。

ここがポイント!。

洗濯前の乾いたセーターのウール繊維は、うろこ状のキューティクルは閉じているので1本1本の繊維は「絡みにくい状態」で、フワッとしています。

それが、水分を得ることでうろこ状のキューティクルが開き、ギザギザすることから1本1本の繊維が深く絡みあい「固く縮む」のです。

1本1本のウール繊維が絡みあったセーターは、自力では元に戻ることはありません。

繊維が絡みあったまま乾燥した結果、セーターは縮んでしまうのです。

この水で洗濯したことでセーターの素材ウール繊維が縮むことを、「フエルト収縮」「フエルト化」と呼ばれます。

ウール最大の欠点ですね。

水を使わない「ドライクリーニング」なら縮まない

クリーニング店などでは水を使わず、塩素系の「パークロロエチレン」や石油系の「クリーニングソルベント」などといった有機溶剤を用いた「ドライクリーニング」で洗濯します。

ドライクリーニングでは、ウール繊維表面のうろこ状のキューティクルは開きにくいことから「フエルト収縮」が起きず、セーターが縮む心配はないのです。

セーターの縮みを防ぐ洗濯方法は?

「自分でセーターを洗濯してみよう!」と思ったら、まずはセーターについている「取扱絵表示」「洗濯表示」と呼ばれるタグを確認しましょう。

ここに「手洗いマーク」か「洗濯機マーク」があれば、自分で洗濯することもできるということです。

セーターを洗濯機で洗う方法

ここでは、ご自宅の洗濯機で「ドライコース」が選べることを前提に紹介します。

もしも「ドライコース」の設定ができない場合には、次に紹介する「手洗い」を参考にしてください。

使う洗剤:液体の中性洗剤

1.セーターの表面についてるゴミは取り除いておきましょう
2.洗濯ネットにセーターを畳んで入れます
3.必ず「ドライコース」で洗濯
4.洗濯が終わったらすぐに形を整え日陰で平干しする

洗濯に使う液体中性洗剤も、「縮みを防ぐ」とか「色落ちを防ぐ」といった表示があると心強いですね!。

セーターが縮む原因が、キューティクルが開いて繊維が絡みあうことにあるので、洗濯はあくまで「やさしく」

なるべく繊維に摩擦を与えないことが大事になります。

だからこそ洗濯機の「ドライコース」です。

洗濯槽をあまり回さず、流水もやさしい設定になっているのでウール繊維に与える摩擦を軽減してくれるのです。

【スポンサーリンク】

セーターを手洗いする方法

使う洗剤:液体の中性洗剤

1.大きめの洗面器に30℃程度のぬるま湯をはり、液体の中性洗剤を溶かす
2.セーターを軽く畳み洗面器へ漬け、時間にして5分、20~30回押し洗いする。
3.洗剤が残らないよう、すすぎ用のぬるま湯を入れ替え、2~3分押し洗いを続ける。
4.軽く絞って、大きめのタオルに包み水気をとる。
5.形を整え日陰で平干しする

手洗いする場合にも、「揉む」や「擦る」などウール繊維に摩擦を与えると「フエルト収縮」しやすくなるので、あくまでやさしく押し洗う感じです。

洗濯後に絞るのも、あくまで「やさしく」です。

洗濯機の「脱水」を利用するなら、必ずネットに入れて「高速」で回り始めて30秒ほどで止めてしまいましょう。

セーターの縮みの直し方は?

縮んでしまったセーターも、「元に戻す直し方」があるようです。

これはかなりの特ダネです!。

洗濯で縮んでしまったセーターはありませんか?。

お風呂で使う「ヘアトリートメント」を使うだけという実に簡単なものなので、ぜひ試してみてください。

セーターの縮みをトリートメントで治す!

私たちの髪も、「トリートメント」や「コンディショナー」でキューティクルの痛みを抑えますよね。

セーターが縮んだウール繊維のキューティクルの状態も同じイメージ。

開いたキューティクルを閉じて、繊維のすべりを良くして絡みを解いてあげる感じです。

1.大きめの洗面器に30℃程度のぬるま湯をはりトリートメントを溶かす
2.縮んだセーターを漬けて、セーター全体をやさしく引張りながら伸ばしていく
3.そのまま30分ほど漬ける
4.軽く絞って、大きめのタオルに包み水気をとる。
5.形を整え日陰で平干しする

なるほど…、髪に効くのであれば「ウール繊維」にも効くということでしょうかね。

ヘアトリートメントの有効成分が、「固く縮む」ように絡んだ繊維を解いてくれることで、セーターを元の大きさに直してくれるでしょう。

セーターの縮み「プロ」の直し方は?

洗濯の「プロ」クリーニング店なのでは、シリコンを含む柔軟剤などをセーターへ含ませ直す方法も取られています。

さらに、干し方に様々な工夫がなされています。

代表的なものが、伸ばしたいサイズに「ダンボール」をカットして、そこに縮んだセーターを着せるように伸ばし自然乾燥させる方法です。

縮んだセーターを「ダンボール」で戻したいサイズに直す方法は、自分でもできそうですね。

先に紹介した「トリートメント」との合わせ技で試してみる価値ありそうです!。

まとめ

今回は、洗濯したセーターが縮む原因や縮んだセーターの直し方を紹介してみました。

セーターに使われるカシミヤなどウール素材も、いわれてみれば私たちの髪と同じようにキューティクルがあって、乾燥や湿気で状態が変化するんですね。

キューティクルが開くことで1本1本の繊維が絡み合い、結果セーターが「固く縮む」ということを改めて知ることができました。

これまで小まめな洗濯を躊躇してしまっていたセーターも、今回紹介した方法を参考に洗濯することで、縮むことなくいつもキレイなセーターを着ることが出来そうですね。

もしも縮んでしまったセーターがあるのなら「ヘアトリートメント」、ぜひ試してみてください。

【スポンサーリンク】