みなさんは外出時に、「マグボトル」と呼ばれるような、ステンレス製の水筒を使われること多いですか?。

夏は冷えた飲みものを、冬は暖かい飲みものを入れて持ち運べる、小ぶりで便利な水筒です。

行く先々で缶やペットボトルの飲みものを買うよりも「コスパ」もいいし、バッグに入れてもかさばらないので「いつでも気軽に」飲むことができますしね。

サイズ・色・デザインも豊富で、今や老若男女に人気の水筒です。

ところで、この便利なステンレス製の水筒に「入れてはいけない」モノってあるのをご存知ですか?。

実はわたし、チョッと暖かな日に冷えた「炭酸飲料」を入れてタイヘンな目にあいました。

「蓋が開かない!」

水筒に貼られた注意書きをよくよく見てみると、入れてはいけないモノに「炭酸飲料」とありました!。

だって、キンキンに冷えた炭酸飲料を保冷効果の高いステンレス製の水筒に入れておけば、好きなときに「冷たく」「美味しく」飲めると思うと思いませんか?。

今回は、誰もがやってみたくなる「炭酸飲料を水筒に」は、蓋が開かなくなるだけでなく、大事故にもつながることを紹介してみたいと思います。

【スポンサーリンク】

炭酸飲料を水筒に入れると蓋が開かない?!

炭酸飲料を水筒に入れて外出した結果、「蓋が開かない!」と困った経験がある方はどうやら少なくないようです。

ネット上の相談コーナーでは、わたしと同じように「水筒に炭酸飲料を入れたら蓋が開かなくなってしまいました…」と悩んでいらっしゃる方が多いコト(苦笑)。

炭酸飲料を水筒に入れると蓋が開なくなるのはナゼ?!

みなさんも「なんとなく」お気づきかと思いますが、コンビニや自販機で買った炭酸飲料を開けたとき、「プシュッ」と缶やペットボトルに溜まっていた空気圧「内圧」が抜けることを実感しますよね?。

そもそも炭酸飲料は、「冷やす」ことで液体に溶け込む炭酸ガスの量を増やすように作られています。

保冷効果の高い「ステンレス製マグボトル」などの水筒でも、時間がたてば徐々に水筒内の温度は高くなることから、液体に溶けていた炭酸ガスの溶解度は下がっていき、水筒内は炭酸ガスによる内圧でパンパンにな状態になっていきます。

水筒内の内圧の高まりは「蓋を上へ押し上げる」チカラとなり、ギュッと強く締めつけてしまい「蓋が開かない」ことになるのです。

ボタン式の蓋は「押せない!」

ボタン式の水筒の蓋、どうして「押せない!」かその理由も同じ。

水筒の中が炭酸ガスによる内圧でパンパンなのですから、ボタンを押し下げることすらできなくなります。

チカラづくで押そうとして、指を痛めないでくださいね。

炭酸飲料を水筒に入れると「爆発」の大事故にも!?

炭酸飲料を水筒に入れ「蓋が開かない」くらいなら、まだカワイイ困りごとなのかもしれません!。

炭酸ガスによる水筒の内圧が高まることで、最悪は水筒の蓋がすっ飛んでしまう「爆発!」ともいえる大事故に繋がるケースもあるのだとか。

ガス爆発のように、周囲の方々に迷惑を掛けるほどのモノではないにしても、バッグの中に入れた水筒が爆発して、炭酸飲料が噴出してしまっては大事な資料も「水の泡」ならぬ「炭酸の泡」まみれになってしまいます。

コーラなど臭いの強い炭酸飲料がバッグのなかで爆発したらそのあと使うことすら…。

考えたくもありませんね。

【スポンサーリンク】

炭酸飲料を入れた開かない水筒を開ける裏技!?

炭酸飲料は保冷効果の高い水筒であっても、少しづつ温度が上昇することで液体への炭酸の溶解度が下がります。

つまり、液体から排出された炭酸ガスが水筒内に充満することで「内圧」が高められ、蓋がキツク締め付けられ「開かない」状態となっている感じです。

「裏技」というほどのコトではないかもしれませんが、この水筒の「内圧を弱めてあげる」ことで蓋が開くようになります。

水筒を冷やす!

炭酸飲料の内圧で開かなくなった水筒の蓋も、冷やしてあげることで開けられるようになります。

ビール缶を急いで冷やす時のように、氷水に漬けて「クルクル」回すと効果的に水筒全体が冷やされます。

但し、水筒の中が凍るほど長時間「冷凍庫」へ入れるのはNG!。

理科の実験で習ったかと思いますが、水は凍ると体積が増えます。

水筒の蓋が開かないだけでなく、最悪水筒を壊してしまいかねません。

炭酸飲料用の水筒がある?!

わたしが炭酸飲料を水筒に入れて「蓋が開かない!」と失敗したのは、炭酸飲料をいつでも冷え冷えで飲みたいと思ったから…。

「水筒に炭酸飲料を入れる」ことがイケナイことだったのです。

ならば…と探してみると、炭酸飲料でも使える水筒がありました!。

水筒っていうより、冷えた炭酸飲料の缶やペットボトルを持ち運ぶ「魔法瓶」って感じかもしれません。

正直「缶」ではどうなの?って思いましたが、ペットボトルなら蓋も締められるので、飲むたびに「魔法瓶」に戻しておけば炭酸飲料も安心して冷やしておけそうです。

まとめ

暖かくなってくるにつれ、冷えた炭酸飲料などを飲みたくなる季節にもなります。

「いつでも」冷えた炭酸飲料が飲めたらいいなと思って水筒に入れてみたら「蓋が開かない!」ってことの経験。

ネット上では、わたしだけでなく多くの方が困った経験がある様子です。

みなさん、考えることは同じってことでしょうか(苦笑)。

考えてみれば、自販機内で「冷やされ」「静かに」待っていた炭酸飲料の缶やペットボトルでさえも、蓋を開けるときには「プシュッ!」と圧力が抜けるコトを実感しますものね。

それを水筒に入れ持ち運ぶということは、バッグの中で温度は高まり揺さぶられ、いつしか炭酸ガスの内圧で水筒内はパンパンに。

蓋が開かないだけでなく、いつ「爆発!」してもおかしくない状況が作られていたワケです。

炭酸飲料でも使える水筒「魔法瓶」がありました。

その強い保冷効果を期待してのモノではありますが、外出時だけでなくお部屋で長く冷えた飲み物を楽しむのにも便利ですし、温かい飲みものを長く温めておく「保温効果」も期待できますね。

たかが水筒、されど水筒、ご安全に!

【スポンサーリンク】