あなたは「たぬき蕎麦」と聞いて、どんな蕎麦を頭に思い浮かべますか?。

というのも、このとき頭に浮かんだ「たぬき蕎麦」の違いは、そのまま、あなたが関東人か関西人かがわかる「食文化」の違いの1つでもあるのです。

関東で「たぬき蕎麦」といえば、「揚げ玉」が入った蕎麦のコト。

一方、関西では大きな「油揚げ」がのった蕎麦をたぬき蕎麦といいます。

さらに言えば、関東人からすると、「油揚げがのった蕎麦、それはきつね蕎麦でしょ?」となるワケですが、関西人からすれば「きつね蕎麦?、なんだそれ?」ってコトになるワケ。

そう、関西では一般的に「きつね蕎麦」じたい、メニューに存在しないお店も多い。

それでは「きつねうどん」は?となると、関東も関西も同じく、「油揚げ」がのったうどんであって、ココに違いはない。

となると、「たぬき蕎麦」をはじめとした、関東と関西の「たぬき」や「きつね」の違いの問題は、この「きつねうどん」をベースとして、それぞれ変化していったモノだと言えそうです。

今回のテーマは、「たぬき蕎麦!関西と関東の違い!」。

関東・関西で、たぬき蕎麦の違いがナゼ生まれたのかについては、謎の部分も多く、ホントさまざまな説があります。

関東・関西それぞれ、どのように変化していったのでしょう。

まずは、変化のベースとなる「きつうどん」の発祥から見ていきましょう。

【スポンサーリンク】

「きつねうどん」 関東と関西の違い!

関東と関西とに、ほぼ違いがないのが「きつねうどん」

まずは、ココを足掛かりに話を進めていくとわかりやすい。

きつねうどんの発祥は関西!

大阪は船場にある、1893年(明治26年)創業の「うさみ亭マツバヤ」の初代店主、宇佐美要太郎さんが作られたモノが「きつねうどん」の最初だとされています。

寿司屋で修行していた経験から、いなり寿司をヒントに、「かけうどん」に甘辛く煮た油揚げを別皿で添え、それを「こんこんうどん」として出したメニューが始まりらしい。

のちに、お客さんの中で、油揚げを直接うどんにのせて食べるスタイルが流行りだしたコトを受け、はじめからうどんに油揚げをのせて出すスタイルへと変わり、いつしか「きつねうどん」と呼ばれるようになったとされています。

このことは、「Wikipedia」にもしっかり紹介されています。

創業者・宇佐美要太郎が、奉公先の寿司屋が廃業したのを機に、1893年(明治26年)にうどん店「松葉屋本舗」を開店。

当初、うどんの付け合わせとして、稲荷寿司用の甘辛く煮た油揚げを別皿にして出していた。しかし、油揚げをそのままうどんの中に入れて食べる客が多かったため、うどんに油揚げをのせて一緒に出す事にした。これがきつねうどんの元祖とされる。

また、そこは商人の街・大阪「船場」。

商人たちの口伝えで、全国へと広がっていったのでしょう。

大きな油揚げがのった関西発の「きつねうどん」は、関西も関東どちらも違わず、そのまま「きつねうどん」と呼ばれるようになったのです。

「たぬき蕎麦」 関東と関西の違い!

ココからが今回の本題の、たぬき蕎麦の関東と関西の違い。

関西は大阪・船場が発祥のきつねうどんが「ベース」となり、ココから関東と関西の「たぬき蕎麦」に違いが生まれていきます。

関東のたぬき蕎麦

きつねうどんの発祥が関西なら、たぬき蕎麦の発祥は関東だとされています。

関東で「たぬき蕎麦」や「たぬきうどん」が生まれたのは、江戸時代の終わり頃。

蕎麦にのせられたかき揚げから、いつしかイカなどの「種」がなくなり、「種抜き」→「た抜き」→「たぬき」と呼ばれ、「たぬき蕎麦」「たぬきうどん」となっていったとされる説。

さらに、関東ではごま油で揚げるコトから、衣が黒っぽくなりやすく、その濃く茶色がかった衣の見た目から「たぬき」が連想されたという説などもあります。

昔から、「きつねとたぬきの化かしあい」といわれ、ライバル的存在の両者。

関東では、具を油揚げから揚げ玉に化かすコトで「たぬき蕎麦」や「たぬきうどん」が生まれたのです。

しかし、関東を発祥としたこの「たぬき蕎麦」のスタイルは、そのまま関西に広がることはありませんでした。

関西のたぬき蕎麦

関東の「たぬき蕎麦」は、ベースとなった「きつねうどん」から、具を揚げ玉に変化させたモノであるのに対し、関西の「たぬき蕎麦」は、「きつねうどん」から麺を蕎麦に変えたモノ。

関西では、「うどんがきつねなら蕎麦はたぬきだろう」という流れから、のせる具「油揚げ」はそのままに、麺を蕎麦に化かすコトで「たぬき蕎麦」は生まれたのです。

ライバル視されるきつねとたぬきを意識した感は同じですが、化かしたモノが、「関東の具」「関西の麺」で違いがあるのです。

「きつね蕎麦」 関東と関西の違い!

これまでも何度か登場しているように、関東はうどん・蕎麦ともに、のせる具で「きつね」か「たぬき」と呼び方が変わる。

ということで、当然「きつね蕎麦」とは油揚げがのった蕎麦ということになる。

では、関西のきつね蕎麦は?となると…。

関西に「きつね蕎麦」という呼び名のメニューは、一般的に存在していません。

それは、関東でいう「油揚げ+そば」のセットが、関西ではすでに「たぬき蕎麦」と呼ばれているから。

「たぬきうどん」 関東と関西の違い!

これにて、関東と関西の「たぬき」や「きつね」の違いの問題がひと段落するします(苦笑)。

しかし、この「たぬきうどん」こそ、関東と関西に大きな意識の差があることも見えてきてオモシロかったりするのです。

関東のたぬきうどん

関東では、うどんや蕎麦にのせる具で「たぬき」や「きつね」の呼び方が変わる。

・油揚げをのせたモノが、きつねうどんであり、きつね蕎麦。
・揚げ玉が入ったモノが、たぬきうどんであり、たぬき蕎麦。

関東では、具の変化で呼び方が変わるコトから、この4つがしっかり存在する。

関西のたぬきうどん

一方、関西では「きつね蕎麦」だけでなく、「たぬきうどん」もお店のメニューに存在しないコトが多い。

但し関西でも、揚げ玉とは呼ばないモノの、「天かす」もうどんや蕎麦に入れる具の定番になっているのは確か。

関西では「天かすうどん」

関西では、揚げ玉のコトを「天かす」と呼ぶことから、「天かすうどん」「天かす蕎麦」と呼ばれています。

「天かす」とは、天ぷらを揚げたときに出る「揚げかす」のコト。

「捨ててもいいモノ」という意識からなのか、テーブルサービスにしているコトも多く、わざわざメニューとして載せていないお店も多いのです。

関西では「ハイカラうどん」

関西でも大正時代頃から、天かすをうどんや蕎麦に入れるようになったとされています。

しかし、関西人からすると「捨ててもいい天かすを入れる関東の人はハイカラや」と皮肉を込め、「ハイカラうどん」・「ハイカラ蕎麦」と呼ぶようになったとされています。

まとめ(おさらい)

今回は、題して「たぬき蕎麦!関西と関東の違い!」として、関東と関西のうどん・蕎麦の「たぬき」や「きつね」の違いを比較しながら見てきました。

途中ややこしいトコロもあったと思うので、ざっくりまとめて、もう一度おさらいしておきます。

①.きつねうどんは「油揚げ」がのったうどんで、関東と関西で違いがない!。
②.関東のたぬき蕎麦は、揚げ玉入り蕎麦。関西のたぬき蕎麦は、油揚げがのった蕎麦。
③.関西に「きつね蕎麦」は、一般的にメニューにない!。
④.関東のたぬきうどんは、揚げ玉入りのうどん。関西では「ハイカラうどん」と呼ばれたり、「天かす」をテーブルサービスとして、「たぬきうどん」がメニューにないお店が多い。

冒頭の質問、「たぬき蕎麦」と聞いて、あなたはどんな蕎麦を頭に思い浮かべましたか?。

ワタシは「揚げ玉入りの蕎麦」を思い浮かびましたし、さらに油揚げがのった蕎麦は「きつね蕎麦」と呼ぶのが普通です。

そう、埼玉出身の関東人。

今回のテーマ「たぬき蕎麦!関西と関東の違い!」を記事にしながら思ったのは、同じ名前でも関東と関西、地域によって違いがあるコトはオモシロくて興味深い。

いつもの調子で「たぬき蕎麦~」なんて注文したら、出てきたのは「きつね蕎麦」だったということは、関東人ならではの失敗かもしれません。

自分が食べたい「たぬき蕎麦」は、このお店では何と注文したらイイのか?、「天かす蕎麦」か「ハイカラ蕎麦」か。

その逆も然りです。

「ハイカラ蕎麦~」って注文しても、関東の店員さんには通じません…。

出張先のランチなどで、蕎麦やうどん屋さんに入ったら、ぜひメニューを見て確かめてみましょう。

長い社会人生活。

そんな食文化の違いも、出張の楽しみだったりするモノです(笑)。

【スポンサーリンク】