紅茶を冷やす、「アイスティー」のスッキリとした美味しさ。

新緑の季節を向かえ、これから段々と暑い日が多くなってくると、アイスティーを飲む機会も増えてきますよね。

ご自宅でも、「アイスティー」を作って楽しまれる方も多いのではないでしょうか。

茶葉の種類ごとに味や香りが異なるのは、紅茶の楽しみの1つですね。

しかし、「好きな時に飲めるように」とご自宅でアイスティーを作り置きすると、紅茶が白くにごるコトってありませんか?。

味はともかく、見ため的にスッキリ感が半減してしまいます。

コンビニや自販機で買うペットボトルの紅茶が、「白くにごる」ことは見たことがありません。

紅茶を冷やす過程に、白くにごる原因があると聞いたこともありますが、どんな理由だったかな…。

暑くなる季節だからこそ、見ためもキレイなスッキリとしたアイスティーを作って楽しみましょう!。

今回は、タイトル「紅茶がにごる理由は?冷やすことが原因?」について、探っていきたいと思います。

【スポンサーリンク】

紅茶が「にごる」理由は?!

暑い季節、紅茶を冷やす「アイスティー」を楽しもうと自宅で作ると、ナゼか紅茶が「白くにごる」ことがあります。

この「白くにごる」現象は、「クリームダウン」「ミルクダウン」と呼ばれるモノ。

喫茶店などでは「当然」のようにキレイな紅茶「アイスティー」が提供されますが、ナゼに自宅で作り置きしようとすると「にごって」しまうのでしょう。

紅茶が「にごる」最大の理由は、紅茶の成分であるタンニンやカテキンなど「ポリフェノール類」「カフェイン」が冷やすことによって、白く結合して浮き出てくることにあります。

タンニンなどのポリフェノール類が多く含まれている上質な茶葉ほど、白くにごる「クリームダウン」は起こりやすく、キレイで透き通ったアイスティーを作ることが難しくなっていきます。

紅茶を冷やすことで「白くにごる」のは、茶葉の質が低いからではなく、逆に上質な茶葉ほど「にごる」という意外な理由でした。

紅茶は良質な茶葉ほどよく「にごる」?!

紅茶の茶葉が良質なほど、白くにごる「クリームダウン」は起こりやすいとされています。

その理由は、茶葉が良質なモノになるほど、茶葉に含まれるタンニンやカフェインの含有量が多くなってくるからです。

また茶葉の質に関わらず、茶葉の量や蒸らす時間の長さで「濃く」抽出することで、それらの成分が濃くなり同じように「白くにごる」原因になります。

紅茶がにごるのは冷やすことが原因?!

紅茶がにごる原因が冷やすことなら、自宅で作るアイスティーだけでなく喫茶店やペットボトルのアイスティーだったにごるハズですが、違いますよね。

紅茶がにごる理由は、紅茶を冷やすことが原因ではなく、紅茶の「冷やし方」にあります。

紅茶をゆっくり冷やすとにごる?!

たとえば、あとでアイスティーにして飲もうと思って、冷蔵庫に入れておいたら紅茶がにごっていたというコトありませんか?。

冷蔵庫に入れた紅茶は、一気に冷えるというより冷蔵庫内の温度によって「ゆっくり」冷えていきます。

コレが紅茶が白くにごる原因。

紅茶はゆっくり冷やすことで、先に紹介したような、タンニンやカテキンなど「ポリフェノール類」と「カフェイン」が結合し「にごりやすい」状況を生んでしまうのです。

【スポンサーリンク】

紅茶の「にごり対策」は一気に冷やす!

見ためもスッキリとした「にごりのない」美味しいアイスティーを作るには、淹れた紅茶を一気に冷やすのがコツ。

紅茶をアイスティーで楽しむなら、いつもよりやや多めの茶葉で「濃い目」に紅茶を淹れ、ピッチャーなど大きめの容器にたっぷりと氷を入れて、そこへ一気に紅茶を注いで冷やしましょう。

マドラーを使って混ぜると、冷やす効果が高まります。

ビール缶を素早く冷やしたいときに、「氷水」に浮かべた缶をクルクル回すと効果的なのと同じ原理。

しっかり冷やしたあと、それぞれ氷を入れたコップへ注げば見ためもスッキリ、美味しいアイスティーが出来上がりです。

また紅茶の香り成分は、温度が高いほど発散してしまうといわれています。

氷で一気に冷やすことで、紅茶本来の香りが逃げることなく楽しむことができるのも嬉しいですね。

最初から低温で作る「水出し」もいい!

見ためもキレイで美味しいアイスティーを楽しむ方法として、「水出し」もおススメです。

日本茶や麦茶などでは、すでにお馴染みの作り方ですよね。

紅茶を高温で淹れることで、カテキンなどポリフェノール類とカフェインが引き出され、それらがゆっくり冷やされることで白くにごる原因にもなる。

ならば「水出し」という最初から低温で作ることで、白くにごる失敗が少なくなるというモノ。

低温の水出しで作る紅茶のメリットは、「テアニン」と呼ばれるリラックス成分が多く引き出されること。

逆にカフェインなどの吸収が抑えられるので、夜寝る前の1杯としても睡眠の妨げにならないのではないでしょうか。

紅茶を冷やす「アイスティー」にあう茶葉は?!

ここまでの内容で、アイスティーを見ためも味もすっきりと美味しく楽しむなら、一気に冷やす際に氷で「やや薄まる」ことも踏まえ、紅茶本来の香りが強く、且つ「タンニン」などポリフェノール類が少ない茶葉が適していることがわかりました。

ということは、どちらかというと「上級茶葉」よりも中~並級の茶葉のほうが冷やして飲む紅茶「アイスティー」には向いているのでしょう。

タンニンの少ない茶葉は?

紅茶が白くにごる理由の1つである「タンニン」。

タンニンを多く含む茶葉の代表格は、アッサムやダージリンなど。

やや渋めの茶葉でしょうか。

逆に「にごり」にくいとされるのが、セイロンやキーマン。

喫茶店で使われるアイスティーの茶葉で、セイロンを元としている「アールグレイ」が多く使われるのは、「にごりにくい」という特性を生かしたモノなのかもしれませんね。

まとめ

暑い季節こそ「コスパ」も含めて、オウチで作る美味しいアイスティーで日々癒されたい。

でも、自宅でアイスティーを作り置きすると「白くにごる」、見ためにガッカリな紅茶になってしまうことがあります。

今回は、そんな「紅茶がにごる理由は?冷やすことが原因?」について見てきました。

「白くにごる」こと自体、ポリフェノールのタンニンやカテキンとカフェインが結合したモノなので、特段カラダに悪いわけではありません。

要は「見ため」のスッキリ感というトコロでしょう。

もしも紅茶が「にごる」ことが気になるなら、

・ゆっくり冷やさず、たっぷりの氷で一気に冷やす。
・「水出し」で紅茶を作る。
・アールグレイなど「にごりにくい」茶葉で作る。

など、チョッとの工夫で解決しそうです。

段々と暑くなるにつれ、冷たいアイスティーで美味しく癒されたいですね。

自宅で作るアイスティーは、にごって見ためにも美味しさ半減!という方に、今回の記事が少しでもお役に立てればと思います。

【スポンサーリンク】