今回は、建物にある「定礎」のお話。

「定礎ってなに?」という方も、アレですよ、街のビルやマンションの正面玄関近くの壁に「定礎」って彫られている「石板」のコトといえば、

「あ~アレね!、定礎・定礎!」

と、なるハズです。

きっとお勤め先のオフィスビルや商業施設の玄関近くで目にしているのではないでしょうか。

ただ残念なコトに、いったい何のためのモノなのか?、なかなか知られていないのも事実。

けっこう目立つトコロに「バーンッ!」と埋め込まれているんですけどね…(苦笑)。

「定礎」と彫られた下には、日付も彫られています。

きっと、ビルの「竣工日」かナニかを記念したモノなのだろうと想像つくものの、定礎のホントの意味を知っている人は少ないのではないでしょうか。

ところで「定礎」…、読み方はダイジョウブですよね?。

いや、「ジョウセキ」って読んでる方もいるようで…(苦笑)。

また、定礎は「タイムカプセル」になってるなんて話、聞いたコトありませんか?。

今回は「定礎」について、石の意味や、実際あの石の奥には何が入っているのか?、などハッキリさせちゃいましょう!。

【スポンサーリンク】

「定礎」の読み方は?!

いや、ココから始めるのも如何なモノかと思いましたが…(苦笑)。

今回の記事を書く前に、会社の若手社員に「定礎」を指さして、「コレなんだか知ってる?」って聞いたんですけね。

その時聞こえてきたのが、

「ジョ…、ジョウ…、ジョウセキですか?」

だったモノで…。

無理もありません、自分の日常に無関係なモノですものね。

定礎の正しい読み方は、「ていそ」

ダイジョウブ、合ってますよ!(笑)。

定礎の意味は?!

ここからが「定礎」についての本題。

定礎とは、文字通り「礎(いしずえ)を定める」コトで、その昔、建物は「礎石(そせき)」という石を据えてから建て始めるコトに由来します。

礎石(そせき)とは、建造物の土台(礎)となって、柱などを支える石のこと。転じて、ものごとの土台や基礎のことをさす。 礎石を用いない場合、柱が直接地面と接することから湿気や食害などで腐食や老朽化が早く進む。 近代以前の建物において通常使われるものであったため、地震による倒壊や焼失をした後でも礎石だけは残り、後世、歴史などを知る貴重な資料となる。

簡単にいえば、建物の柱を直接地面に立ててしまうと、虫や動物(シロアリかな?)に食べられてしまったり、湿気で腐ってしまことで柱の痛みが早まってしまうことから、柱を立てる場所の下に建物の土台(礎)となる石を敷いていたのです。

この礎(いしずえ)となる石が、「碇石(そせき)」と呼ばれるモノです。

定礎とは?

定礎(ていそ)とは、建物を建てるときに柱の土台となる「礎石」の位置を定めるコトを意味すると同時に、定礎=建築工事のスタートを意味しています。

古くは、礎石を定める「定礎」は、建物を建てる上で重要な最初の工程でありましたが、現在のビル建築では地盤まで杭を打ち込む工法が用いられるコトから、礎石も定礎も実際には行われていません。

しかし現代でも、事故なく建築が進められ、また完成後の建物が立派なモノとなるようにとの願いで、建物を建て始める前に「定礎式」が行われるコトがあります。

ニュースなどで紹介されるような、大手ゼネコンが大型案件のスタートを「定礎式」と言っているのは、昔からの流れを継いでいる呼び方であって、実際には「地鎮祭」であることが多いようです。

神主さんがお祓いし、会社の偉い人たちがクワを持って、「エイッ!、エイッ!」と砂山を崩すような儀式は正しく「地鎮祭」の姿です…。

【スポンサーリンク】

現代の定礎・定礎式の意味は?!

ビルなど大きな建物を建てる工事では、現在は強固な地盤の深さまで杭を打つことで、建物を支える技術が確立されているので、土台となる「礎石」を置くようなコトや「定礎」の意味ははなくなりましたが、現代も形を変えて「定礎式」は引き継がれています。

最近の定礎式は、建物が完成した際や、建物の「仕上げ」の段階で行われることが多くこれまで無事工事が進めてこれたコトへの感謝、この後の完成までの安全祈願、建物・会社の発展を祈願する形の式典の意味合いが強くなっています。

また現代の定礎式では、建物の一部に「定礎」と彫られた石をはめ込むと同時に、中に「定礎箱」と呼ばれる箱も一緒に入れられるようになりました。

定礎箱は「タイムカプセル」!?

建物の壁にしっかりとはめ込まれた「定礎」「定礎石」の奥には、「定礎箱」なる腐食にも耐え得る「銅」や「ステンレス」素材の箱が埋められています。

その始まりは、明治末期の頃からだという説があります。

定礎箱の中には、あとから開けた際に建築当時の様子を偲べるようなモノを入れるのが一般的なのだとか。

・氏神様のお札
・建築図面
・定礎式当日の新聞
・流通している紙幣、硬貨
・建築主や関係者の名前が刻まれた銘板

など、いわゆる「タイムカプセル」的な意味のモノだと考えてイイでしょう。

また最近では、ビルなどのような大きな建物だけでなく、個人向けの戸建て住宅にも「定礎箱」を入れ、壁に「定礎石」を埋め込む方が増えてきているのだとか。

・家の図面
・家族写真
・新聞、雑誌

などを入れているそうです。

自宅に「定礎」とは、心に余裕のあるリッチな発想な気もしますが、とても素敵なタイムカプセルになりそうですね。

ただ小・中学校で工程に埋めたようなタイムカプセルとは異なり、定礎・定礎石は建物と一体になるよう固められてしまっているので、実際にはその建物が壊される時まで、その中身は見ることはできません。

その点が、「〇〇年後に開けてみましょう!」という、学校などのタイムカプセルとはチョッと違うトコロですね。

まとめ

今回は建物の玄関口近くによく見かける「定礎(ていそ)」について、石の意味や、実際あの石の奥に何が入っているのか?について見てきました。

「定礎」の本来の意味は、昔の建築技術で柱の土台となる石「礎石(そせき)」の位置を決めるコト、つまり文字通り「礎(いしずえ)を定める」コトを意味モノでした。

しかし現在は、強固な地盤まで杭を打つ技術が確立されていることから、「礎石」も「定礎」もありません。

それでも、形を変えて「定礎式」は現在も引き継がれています。

建物が完成した際や、建物の「仕上げ」の段階で行われることが多く、これまで無事工事が進めてこれたコトへの感謝、この後の完成までの安全祈願、建物・会社の発展を祈願する形の式典の意味合いが強くなっています。

明治末期頃から、現在のように建物の壁に「定礎」と彫られた石をはめ込むスタイルになったとされていますが、同時に、中の「定礎箱」と呼ばれる箱に、当時を偲ぶモノをまるで「タイムカプセル」のように入れるようになったのだとか。

どうですか?、「定礎」について色々わかってくると、ご自宅のマンションや、毎日通うあのビルの入口にもある「定礎」、中身がとても気になってきませんか?。

実は昨日、会社の入口の「定礎」の枠を力づくで開けようと試してみたんですけど、アレは無理です…(苦笑)。

いつか会社を社屋を建て直すときに、社長やご重役の方々だけが見るコトができる会社の「タイムカプセル」なんでしょうね。

【スポンサーリンク】