最近はぐっと寒い日が多くなり、いよいよ今年も年末を意識する季節になりましたね。

冬至やクリスマスといったイベントが終わってしまうと、もう大晦日がすぐにやってきます。

年末の昔ながらの風習としては、「歳神様」を気持ちよくお迎えするために、家の大掃除をして正月飾りをするというものがありますが、大晦日ならではの風習の1つが「年越しそば」ではないでしょうか。

でもどうして私たち日本人は、大晦日に「年越しそば」を食べるようになったのでしょうか?。

そもそも、なぜそばなのでしょう?。

今回は「年越しそば」について、色々な情報を集めてみました。

・なぜそばなのか?
・具材は何がいい?
・年越しそばはいつ食べる?
・おまけ?

などを中心に、わかりやすく紹介していきたいと思います。

【スポンサーリンク】

年越しそば、大晦日になぜそばなの?

大晦日に「そば」を食べることは、江戸時代から続く風習のようです。

しかし年越しになぜそばだったのでしょうか?

これには「風習」であるが故に、理由は諸説あるようです。

当時の江戸っ子にぜひ聞いてみたいところですね。

そばは「厄を断ち切る」?!

「そば」は、食べている最中にも「簡単に切れてしまいやすい」と思いませんか?。

「つなぎ」が少ない「十割そば」などは、特に切れやすいですよね。

そばは「切れやすい」

それ故に、その年の「悪いもの」「厄」を断ち切るという意味が込められ、年の最後「大晦日」に食べるようになったという説。

そばで「長寿・長生き」?!

「長寿や長生きを願ってのもの」、年越しそばの由来で良く聞かれる説ですね。

麺上のそばの姿から連想されるもので、「細く長く生きられますように」と願って食べるようになったという説。

このそばの「細く長く」は、引越しの際の「引越しそば」にも通ずるものだとか。

そばのような「健康」を願う?!

そばはとても丈夫な植物で、寒暖の差が激しい土地や、あまり肥沃でない土地でも元気に育ってくれるありがたいもの。

たとえ雨風に打たれ倒れ掛かったとしても、陽が当たることで再び元気になるほどの強さを持った植物。

この姿からそばには、「健康」「丈夫」というイメージが強く、健康で丈夫なカラダでいられるようにとの願いでそばを食べるようになったという説。

そばで「金運上昇」?!

これもまた、素晴らしい説ですね!。

江戸時代には、「金箔」などを扱う金細工が飛び散らかった金粉を、そば粉を練って団子状にしたものを使って集めていました

「そばは金を集めるもの」として、「金運上昇!」の願いから食べるようになったという説。

「そば」は美味しいだけでなく、栄養素的にみてもビタミンやたんぱく質も豊富に含まれているので、健康にいい食べ物であることに間違いありません。

いくつかの説を挙げただけでも、連想ゲーム・源担ぎのような理由付けで「年越しにそばを食べる」ようになった感じがしますが、結果的に健康的な食べ物であったということもいえそうです。

年越しそばの具材は何がいい?

大晦日に「年越しそば」を食べる風習は江戸時代から始まったものとされていますが、良くも悪くも「これが正しい年越しそば!」というスタイルはない様子。

裏返せば、「お好みでどうぞ!」なワケです。

「冷たいそば」でも「温かいそば」でもOK。

具材も「お好みで」となるワケですが、やはり年越しそばでは「縁起物」と呼ばれる具材が人気のようです。

ここでは、年越しそばに合わせる代表的な具材をいくつか紹介したいと思います。

海老(えび)

海老は正月のお節料理にも使われる、「腰が曲がるまで」と長寿を意味する具材

日本でお祝いの席では、縁起物として特に重宝されている食材です。

「天つゆ」代わりに、温かいそばの汁を吸わせたり、冷たいそばの「そばつゆ」に付けても食べても美味しいですものね。

ねぎ

ねぎは、労を「ねぎらう」からの語呂合わせ的な具材です。

実際、ねぎには食欲を増進させてくれたり、風邪を予防してくれる効果もあるので、大晦日に食べる「年越しそば」の具材にはピッタリな感じがします。

【スポンサーリンク】

油揚げ

油揚げには、神様の使いとされる「きつね」のイメージがあります。

稲荷神社では、きつねがお迎えしてくれますものね。

お稲荷さんは元々農作物を守る神様でしたが、次第に「商売繁盛」の神様にもなったことから、油揚げを食べること=「金運」や「商売繁盛」にいいものとされるようになりました。

具に油揚げをドンと入れた、シンプルな「きつねそば」でしょうか。

ニシン

京都には、「ニシンそば」という名物そばがあるほど。

ニシンは正月のお節料理でも、その卵である「数の子」とともに「子宝に恵まれる」として縁起物の食材ですね。

さすがに「縁起」を担いだ具が多くなってしまいました。

そもそも年越しに「そば」を食べる理由が、「源担ぎ」的要素が多いものですから、プラスアルファな具材も「縁起物」でといったところでしょう。

年越しそばはいつ食べる?

「年越しそば」って本当は「いつ食べるのが正解?」と思いながら、なんとなく毎年食べている方も多いと思います。

でも、色々調べてみても、「これが正解」といえるような時間帯などは見当たりません。

大晦日でもお仕事をされている方々は、ランチで「今日は年越しそばとするか?!」という方もいらっしゃるでしょうし。

紅白歌合戦の前の夕食を、ちょっと豪華な具材を入れた年越しそばにするご家庭もあるでしょう。

大晦日の特番みながら一杯やって、「〆の年越しそばが最高だよ」という方もいるかもしれません。

どんな時間帯であれ、12月31日「大晦日」の間に食べれば「年越しそば」となるようです。

年越しそばは「年を越しながら」ではない!!

思わず「!マーク」を2つもつけてしまいました…。

「年越しそば」というくらいだから、「年越しをまたいで食べるもの」と思われている方も結構多いようなのですが、「言い伝え」としては「間違い」。

年越しそばを食べる時間帯に「正解はない」と紹介しましたが、年を越してからもそばを食べるのは良くないといわれています。

それは、年越しそばが「厄を断ち切る」という思いが込められたものにつながります。

その年にあった悪いことや厄は、その年の内に断ち切ってしまいたもの。

新年にまで、連れていってしまってはダメですよね。

さらに、年越しそばを年を越してからも食べていると、「金運」も「健康運」をも逃げてしまうといわれています。

ここで一番注意したいのが、大晦日の特番みながら一杯やって「〆の年越しそばが最高だよ」という方でしょう。

紅白歌合戦で「サライ」が聞こえてきてからそばを茹でていては、遅れをとってしまうかもしれません。

茹で上がったころには「除夜の鐘」が聞こえてきてしまいます。

年越しそばを「〆」にするのなら、時間配分にも気をつけた方がいいかもしれませんね。

おまけ「うどんではダメ?」

10割そばなど、「つなぎ」の少ないそばが好きという方もいれば、正反対に「そばが苦手!」という方もいます。

そばアレルギーもあることですし、年越しそばを「うどん」など他の麺類で代用することはダメなのでしょうか?

これまで、年越しそばが「そば」である意味など紹介してきましたが、「そばアレルギーで食べられない」、そもそも「そばが好きではない」という方は「そばでなくてOK」なのです!。

「細く長く」に例え、長寿・長生きを願うなら、「うどん」や「パスタ」など他の麺類でも当てはめることが出来ます。

現代的な考え方かもしれませんが、実際に「讃岐うどん」の本場で有名な香川県では、そばではなく「年越しうどん」とされる方の割合が多いのだとか。

地域性によるものだとは思いますが、これぞ「そばじゃなきゃダメ?」というワケではない例ではないでしょうか。

まとめ

今回は「年越しそば」について、色々な情報を集めてみました。

そばには「厄を断ち切る」や細く長くから「長寿」などの意味を込められたものだったことを、改めて知る機会になりました。

合わせる具材も、新年のお節料理に使われるような「縁起物」がいいようです。

大掃除・正月飾りなど、「歳神様」を気持ちよくお迎えする準備を済ませた後は、思い思いで「年越しそば」を味わいましょう。

年越しそばを食べるのは、ランチタイムでもいいですし、様々な具材を盛った豪華な夕食の年越しそばもいいでしょう。

気をつけるべきは、「年を越さないこと」。

そばを年を越して食べると、折角の「金運」も「健康運」をも逃げてしまうといわれています。

香川県の「年越しうどん」を例に「そば」じゃなきゃダメというカタイ縛りも取っ払ってしまえば、インスタントで簡単な「赤いきつね」や「緑のたぬき」で年越しというのもOKなのかもしれませんね。

【スポンサーリンク】