本格的な春の訪れを感じた「桜」の花が散った頃から、道端のあちこちで咲きはじめるのが「ツツジ」

区や市が環境整備で植えられたモノでしょう。

歩道の花壇には赤紫色のツツジの花がキレイに咲いています。

赤紫色の花が、花壇を華やかに彩ります。

また、似たような時期に「サツキ」の花も咲きはじめます。

この2つの花、とてもに似てますよね?。

どっちがどっちか違いがわからないという方も多いのではないでしょうか?。

私は同居している義父が、盆栽でサツキを育てることを趣味にしているので、サツキは花のつき方や大きさなど、何となく分かる気がしていますが、ツツジとサツキの違いとなると・・・・・・正直まったくわかりません!(苦笑)。

気になって少し調べてみたら、ツツジとサツキとでは「葉っぱ」1つとっても、しっかり見分けられるモノのようです。

とても似ているツツジとサツキの違いや見分け方を知っていたら、お散歩デート中でも、家族にも、カッコイイこと間違いなしです!。

チョッとした雑学ではありますが、一緒に見てみましょうか。

【スポンサーリンク】

ツツジとサツキはとても似ている?!

ツツジとサツキ、とてもよく似ています。

それもそのはず、ツツジもサツキも「ツツジ属・ツツジ科」に属する植物。

「ほとんど同じってこと?!」

そのとおり!。

実はサツキには、「サツキツツジ」という別名があって、サツキはツツジの仲間の1つなのです。

それでも、義父が楽しんでいるような園芸・盆栽の世界では、サツキはツツジとは別物であって「サツキ」なのです。

ツツジとサツキの違いを大雑把に紹介すれば、花びらも葉っぱも大きくて、開花時期も早いのが「ツツジ」です。

ツツジよりも花や葉っぱも小さく、ツツジが咲きおわった頃から咲きはじめるのが「サツキ」。

それでは、ツツジとサツキそれぞれの特徴を比較しながら、「違い」「見分けるポイント」を見つけていきましょう。

ツツジとサツキの違い!見分けるポイント!

先に紹介したように、サツキは「ツツジ属・ツツジ科」の仲間のなかで5月(皐月)頃に咲くことから、「サツキツツジ」という別名があります。

ツツジというと、歩道の花壇などに植えられた「街路樹」的なモノや庭木とされることが多く、対してサツキは「盆栽」などで親しまれている方が多いという点も違いの1つでしょうか。

ツツジとサツキは葉っぱで見分けられる?!

今回の記事のタイトルで、「ツツジとサツキの違いは?葉っぱでの見分け方!」としたくらいです。

花が咲いてなくても、葉っぱをみれば違いを見分けることができるのでしょうか?!。

葉っぱを見ただけでツツジとサツキを見分けられたら、「スゴイッ!」って思われること間違いありません!(笑)。

街路樹で多く見かけるツツジは、「オオムラサキツツジ」という種類。

今回は、このオオムラサキツツジとサツキの見分け方という形にしますね。

葉っぱの硬さや形の違い

葉っぱの硬さの違いは、ツツジは柔らかく、サツキは硬い。

葉っぱの形も、ツツジは細い楕円形~卵型に対し、サツキは葉先がトガッているという点が見分けやすいポイント。

サツキ

葉っぱの粘毛の有無

ツツジは公園の外周、遊歩道にも多く植えられています。

子どもたちが公園で遊んで帰ってきたら、服に葉っぱが沢山ついていたということはありませんか?。

ツツジ

葉っぱの表側にツヤがなく、裏側に「粘毛」と呼ばれる毛が生えているのが「ツツジ」

逆に葉っぱの表側にツヤがあり、粘毛がないのがサツキ。

公園遊びして帰ってきた子どもの服についた葉っぱは、「ツツジの葉っぱ」かもしれません。

粘毛というくらい、けっこうシッカリ服についていて、なかかな取れないんですよね~。

花を見ずとも、また花が散ったあとでも、ツツジとサツキは「葉っぱ」の違いで見分けられるのです。

ここからは、花の見ための違いなどからツツジとサツキを見分けるポイントを見ていきましょう。

【スポンサーリンク】

ツツジとサツキは花の大きさが違う!

サツキの花の大きさは、3.5cm~5cm。

対するツツジの花の大きさは、5cm~7cmと一回り大きいことがわかります。

ウチの義父が育ててるサツキの花って、5cmくらいありあそう!。

これって、サツキではけっこう大きい方みたいですね。

「お義父さんのサツキの花、とても大きいですね!」って、チョッと持ち上げてみよ…。

ツツジとサツキは花の色が違う?!

オオムラサキツツジの花は、その名前のとおり「赤紫色」ですが、一般的なその他のツヅジでは、白・ピンク・紫、中には黄色など色合いが多彩なのが特徴

それに対して、サツキは「紅赤色」の花が多い。

またサツキには、同じ一株の中に、紅赤色単色の花だけでなく、「絞り咲き」や「覆輪」と呼ばれるように配色が異なる色々な花が混ざるように咲いて楽しませてくれるモノもあります。

盆栽でサツキを育てている方にとっては、この点が楽しみの1つでもあるようですね。

ツツジとサツキは開花時期が違う?!

とても似ているツツジとサツキですが、それぞれ開花時期が違います。

多少は被る時期があるとしても、ツツジが咲きおえた後にサツキが咲きはじめる感じです。

・ツツジの開花時期 : 街路樹に多いオオムラサキツツジでは、4月中旬~5月上旬
・サツキの開花時期 : 5月中旬~7月頃

ツツジとサツキは新しい葉っぱ「新芽」の伸びる時期は一緒!?

ツツジとサツキを見分ける違いを見てきましたが、「一緒のモノ」がありました!。

それは、新しい葉っぱ「新芽」が伸びる時期はツツジもサツキも「5月」ということ。

「えっ、なんで?」
「花が咲く時期が違うのに?」

と思われるでしょうが、ツツジとサツキでは新芽と花の関係に違いがあるのです。

・ツツジは、花が咲いてから新芽が伸びる
・サツキは、新芽が伸びてから花が咲く

この新芽の伸びと花の関係の違いから、開花時期は違うのに、ツツジとサツキの新しい葉っぱ「新芽」が伸びる時期はだいたい一緒の5月になるんですって。

ツツジの葉っぱと花の関係は、桜の「ソメイヨシノ」が花が咲いてから新芽が伸びるのと同じ感じなんですね。

まとめ

今回は、とても似ているツツジとサツキの違いは?について、それぞれを比べながら見分け方を見てきました。

花が咲いてなくても、葉っぱには「形」や「粘毛」の有無、「ツヤ」の有無などはかなり違いがあるので、見分ける大きなポイントになりそうです。

花が咲いていなくても、「これはツツジ、赤紫色の花が咲くよ」なんて見分けられたら、「なんでわかるの!?」って思われること間違いなしです。

そのあと赤紫色の花が咲いたなら、「スゴイ!、ホントだ~!」ってね。

また品種改良もドンドン進んでいるので、「花」だけ見ただけではツツジとサツキの違い・見分け方はたしかに難しくなっていますが、

・開花時期
・花の大きさ

あたりをポイントにしていけばいいと思いますよ。

今年も6月頃になると、義父はサツキの剪定作業で汗を流すのでしょう。

盆栽のサツキは、せっかくキレイに咲いた花を早々に摘んで、枝を切ってコンパクトに保つんです。

いつかあの20鉢のサツキを、義父から受け継ぐ日がくるのかな(苦笑)…。

【スポンサーリンク】