今回のテーマは、「ウインナーとソーセージとフランクフルトの違い」について。

正直、どれも似たり寄ったりな気もしますが…。

「太さに違いが?…。」

イイ点ついてます!。

けれど、チョッと足りないかな~。

イメージとしては、朝食やお弁当のおかずには「ウインナー」で、「フランクフルト」はコンビニやお祭りの屋台で串に刺してあるモノって感じでしょうか(笑)。

レストランや居酒屋チェーンでは、チョッとしたお酒のおツマミに「ソーセージ盛り合わせ」的なモノがありますね。

香辛料が利いてるから、コレがビールにとても合うんですよね~!。

ごめんなさいね、庶民的な話で…(笑)。

けれど、「ウインナー盛り合わせ」や「フランクフルト盛り合わせ」って見掛けなくありませんか?。

今回は、少し「答え」を先に言ってしまいましょう。

その方が、違いを比べるのにわかりやすいから。

ソーセージとは、ウインナーやフランクフルトなどの総称です。

さらに言えば、もっと太い「ボロニア」だってソーセージ。

・ウインナーソーセージ
・フランクフルトソーセージ
・ボロニアソーセージ

そう、それぞれ「ソーセージ」を略して呼んでいるだけで、みんな「○○ソーセージ」なんです(笑)。

というワケで、ウインナー・フランクフルト、ボロニアまで、それぞれソーセージの違いについて見ていきましょう!。

【スポンサーリンク】

ソーセージとは?!

まずはココ、「ソーセージとは?」を押さえておかないと先へ進めません。

ウインナー・フランクフルト、ボロニアまでどれもソーセージなんですから。

ソーセージ(sausage)

肉類を細かく砕いて調味し,羊,豚,牛などの腸,あるいはその代用となるケーシング (包装材料) に詰めて,乾燥,薫煙を行い,そのまま食べられるように加工した肉製品。腸詰ともいう。

そう、最近は「ケーシング」と呼ばれる腸に似せた人工詰め袋が使われていますが、本来は羊や豚、牛などの腸に、塩漬けした後に味付けをしたすり潰した肉を詰め、乾燥や湯煮、燻製した保存食品の総称なのです。

ここで出てきた「羊・豚・牛」の腸の太さの違いが、ウインナー・フランクフルト、ボロニアの違いに関わってきます。

どの腸がどれなのか、わかりますか?。

ウインナーとフランクフルト、ボロニアの違いは?

やっと本題という感じですか?。

お待たせしてしまってスミマセン。

「ソーセージ」があってのモノでしたので…。

このウインナーとフランクフルト、ボロニアの違いは、使われる腸の種類や太さがポイント!。

元々は「羊・豚・牛」と、詰め袋に使われたの腸の種類が違いの決め手でしたが、人工詰め袋(ケーシング)が主に使われるようになった現在は、日本農林規格(JAS)によって「太さ」が違いの決め手となっています。

チョッとした雑学にもなるので、覚えておくと役立つカモです。

しかも、簡単に覚えられますから。

ウインナーとは?

まず、ウインナーとは、本来「羊」の腸を詰め袋に使ったソーセージを指したモノです。

豚や牛の腸を詰め袋に使ったモノは、ウインナーとは呼びません。

また、人工詰め袋(ケーシング)が主に使われるようになった現在は、日本農林規格(JAS)で、ウインナーとは太さ「直径20㎜未満」のモノと分類されています。

そう、ウインナーはニョロ~っと細い感じや、プリっと可愛い感じのソーセージです。

ちなみにウインナーの呼び名は、「羊の腸を使った細めのソーセージ」の発祥地、オーストリアのウイーンを由来としてのモノ。

ウインナーとは、「ウイーン風ソーセージ」という意味なんです。

【スポンサーリンク】

フランクフルトとは?

次に、フランクフルトとは、本来「豚」の腸を詰め袋に使ったソーセージを指したモノです。

羊や牛の腸を詰め袋に使ったモノは、フランクフルトとは呼びません。

ウインナー同様、人工詰め袋(ケーシング)が主に使われるようになった現在は、日本農林規格(JAS)で、フランクフルトとは太さ「直径20㎜以上36㎜未満」のモノと分類されています。

たしかに、コンビニの「ジャンボ・フランク」の太さ&長さだと、1本でも食べ応えありますモノね(笑)。

ちなみにフランクフルトの呼び名は、発祥地であるドイツ・フランクフルトに由来するモノ。

フランクフルトとは、そのまんま「フランクフルト風ソーセージ」という意味なんです。

ボロニアとは?

最後に、ボロニアとは、本来「牛」の腸を詰め袋に使ったソーセージを指したモノです。

羊や豚の腸を詰め袋に使ったモノは、ボロニアとは呼びません。

ボロニアについても、人工詰め袋(ケーシング)が主に使われるようになった現在は、日本農林規格(JAS)で、ボロニアとは太さ「直径36㎜以上」のモノと分類されています。

牛の腸だけに、ボーンッ!とけっこうな太さがあります。

我が家では、ある程度の厚さで輪切りっぽく切って使う感じかな?。

お弁当のおかずに入れてあげると、パパも喜んでますよ(笑)。

ちなみにボロニアの呼び名も、発祥地イタリア・ボローニャ地方に由来してのモノです。

ボロニアとは、「ボローニャ風ソーセージ」という意味だったんです。

まとめ

今回は、「ウインナーとソーセージとフランクフルトの違いは?」について、ソーセージとはウインナー・フランクフルト、ボロニアまでも含めた「総称」みんな「○○ソーセージ」というコトを最初に紹介した上で、それぞれの違いについてまとめてみました。

違いのポイントをまとめると…

・ウインナー   
 本来は「羊」の腸詰め。日本では直径20㎜未満のソーセージ

・フランクフルト
 本来は「豚」の腸詰め。日本では直径20㎜以上36㎜未満

・ボロニア
 本来は「牛」の腸詰め。日本では

直径36㎜以上

のソーセージ

これらウイーン・フランクフルト・ボローニャなど欧州が発祥のソーセージは、元々は「保存食」として発展した食文化。

その後、アメリカや日本など世界中で人気が高まるコトで、詰め袋とする「腸」が足りなくなってしまったそうです。

そこで開発されたのが、人工詰め袋(ケーシング)。

現在、日本国内で流通しているソーセージは殆どがこちら。

つまり、ワタシたちが手にとるこれらのソーセージ商品は、「太さ」の違いで分類されていたモノというコトなんですね。

【スポンサーリンク】