花の開花で「季節」を感じられますね。

春を告げる花といえば、桜や梅、桃などを思い浮かばれる方が多いでしょう。

今は、春の「お花見」といえば「桜」ですよね。

毎年4月上旬、桜の開花に合わせて新入社員はお花見の場所取りで大変でしょう。

しかし、「お花見は桜」となったのは江戸時代頃からの話で、それ以前はそれこそ奈良時代まで遡っても「お花見は梅」だったことってご存知ですか?。

梅ってとかく桜と比較されることもあるのですが、その魅力って桜とは別物だと思うんです。

梅の花って、花びらの先が「丸く」て可愛いいんですよね~。

桜のように「わ~ッ」と沢山の花を咲かせ華々しいのもいいですが、ポツポツと1つ1つの花が群れずに咲く梅も素敵です。

梅の花を近くで見るとホント綺麗で可愛いいので、ぜひゆっくり見て欲しいな~と思えます。

ところで、「桜前線」や「桜の開花予想」はテレビのお天気情報でも見聞きするのですが、なかなか「梅前線」や「梅の開花予想」の情報は入ってきませんよね。

今回は、「梅の見頃は?」や、「梅は何月の花?」なのか?についてあらためて見ていきたいと思います。梅

といえば春をイメージするものですが、「何月の花?」って聞かれると…。

【スポンサーリンク】

梅の見頃は?

梅の花にも、桜のように「梅前線」なるものがあります。(なかなか聞きませんが…)

毎年2月上旬の九州地方の開花を皮切りに、徐々に開花前線は北上していきます。

意外に関西地方や中国地方は若干遅れ気味なんですね。

梅の開花を早い順に並べると、

・九州地方 2月上旬頃
・東海地方 2月中旬頃
・関東地方 2月下旬頃
・中国地方 3月上旬頃
・関西地方 3月上旬頃
・北陸地方 3月下旬頃
・東北地方 4月中旬頃
・北海道  5月上旬頃

梅の開花前線は、日本を2月上旬~3ヶ月に渡って縦断していくんですね。

なんとなく「梅」というと春の花ではあるものの、まだ少し寒い時期から咲く花というイメージですが、北海道では5月上旬・ゴールデンウィーク頃にもなるんですね。

北海道では、桜の開花も同じ時期。

北海道のゴールデンウィークは花満開って感じなんですね。

梅の花は長く楽しめる!

梅の花は、桜と違って長く楽しめる花なんです。

桜って開花から1週間ほどで満開を迎えますが、梅は開花から1つ1つと開花が進み、1ヶ月ほどで満開となるのです。

先に梅前線を紹介しましたが、あくまでそれは「開花日」であって、「梅の見頃」となるとその1ヶ月ほど後の時期となります。

・関東の梅の見頃 3月下旬頃
・関西の梅の見頃 4月上旬頃

といった感じしょうか。

「梅の見頃」は、だいたい桜の開花の少し前くらいの時期なんですね。

【スポンサーリンク】

梅は何月の花?

春を告げる花「梅」の開花(梅前線)は、全国で2月上旬~5月上旬まで3ヶ月もの長い期間で徐々に上昇していきます。

「何月の花?」という疑問には、それぞれの地方の梅前線を当てはめるのがいいと思いますが、「何月の花?」というからには見頃の意味も含まれると思うので、先に紹介した「梅前線」の開花日~だいたい1ヶ月程の期間の「月」を答えるのがベターかなと。

たとえば関東地方や関西地方で、「梅は何月の花?」と尋ねられたら

・関東地方 開花が2月下旬なので「3月の花」
・関西地方 開花が3月上旬なので「3月の花」

あらら、どちらも「3月の花」になってしまいました(苦笑)。

桜は何月の花と尋ねられれば、関東・関西ともに4月という感じだと思います。

梅の花はその1ヶ月前「3月の花」という感じでしょうか。

まとめ

今回は、「梅の見頃は?」や「梅は何月の花?」なのか?についてあらためて見てきました。

桜の場合は開花から満開まで1週間ほどと短いですが、梅は開花から満開まで1ヶ月ほど掛かるので、「見頃」としても余裕をもって長く楽しめそうです。

梅の木は、1本でも「力強さ」と花の美しさを感じられるものではありますが、梅園では一面の色づきに「圧巻」をも覚えます。

「桜」のお花見ほど人出も多くないと思います。

ゆっくりとお花見するにも「梅」はおススメですよ!。

梅の花は、春の訪れを強く実感させてくれます。

1つまた1つと開花していき、徐々に満開へと向かう梅の木。

通勤・通学で目にする機会があるなら、1日1日春に向かう日々を楽しめそうですね。

【スポンサーリンク】