2月14日は、日本でもすっかり定着したイベントの「バレンタインデー」です。

女性が「好きな男性にチョコレートを贈る」日とされていたり、また「好き」とかどうかに関わらず、職場の同僚や上司、学校の同級生も含めて「義理チョコ」もバレンタインデーの経済効果に貢献しているのだとか。

でもこの現在日本でおこなわれている「女性から男性へ」チョコレートを贈る習慣は、日本だけの習慣で「日本ならではの文化」だったことを知ってますか?。

元々は海外から入ってきたイベントのバレンタインデーですが、アメリカを例にとると、バレンタインデーの習慣は日本のモノとまったく異なります。

どこでどうなって、日本では「女性から男性へ」チョコレートを贈る習慣になってしまったのでしょう?。

今回は、アメリカでのバレンタインデーの習慣はどんなものなのか?を中心に紹介してみたいと思います。

女性だけでなく、男性こそ参考にしてもらえたら嬉しいかな…と。

【スポンサーリンク】

バレンタインデーの由来を少し紹介!

アメリカも日本もバレンタインデーは、同じく2月14日

クリスマスなどと同様、キリスト教徒が関わる出来事が由来の世界共通の日で「バレンタインデー」と呼ばれています。

英語で表すと、「Valentine’s Day」や「Saint Valentine’s Day」となります。

「の」を意味する「’s」が付いていることからわかるように、日本語に訳すと「聖バレンタインの日」となり、

「バレンタイン」とは、3世紀頃のローマ帝国にいたキリスト教聖職者の名前。

ウァレンティヌス(Valentinus)やバレンタイン(Valentine)の名で知られる聖職者です。

「バレンタインデー」とは彼の名前にちなんだモノに違いないのですが、諸説あるなかで有名なのは、

当時の皇帝「クラウディウス二世」は、妻子持ちは「強い戦士になれない」として戦士の結婚を禁じていました。

しかしそれに反抗するように、司祭であったウァレンティヌス(バレンタイン)は内緒で若い男女の仲を取り持ち、結婚させていたのです。

これが皇帝「クラウディウス二世」から大変な怒りを買う原因となり、彼は2月14日に処刑されてしまったのでした。

当時のローマ帝国内では、キリスト教が迫害を受ける立場にあったことも影響したのでしょう。

その後この処刑日2月14日を「聖バレンタインの日」、そして「愛の日」と呼ばれるようになっていったと言われています。

バレンタインデー!アメリカの習慣は?!

日本のバレンタインデーの習慣は、「女性から男性へ」チョコレートを贈り告白するイメージが強く、逆にアメリカでは「男性から女性へ」告白するとよく見聞きするのですが、実はそれだけだとチョッと「イメージが違うなぁ」とも思います。

もう一度、バレンタインデーの由来を見てみましょう。

バレンタインデーとは「愛の日」なんです。

「男性から」とか「女性から」とかの縛りなんてなくて、アメリカではバレンタインデーを「愛を伝える日」として広まっているのです。

日本では、「告白する日」的なイメージの強いバレンタインデーですが、アメリカでは既に夫婦となっていたり恋人の関係にある2人が「愛を祝い」「愛を確かめ合う」的なイベント行事になっているのです。

バレンタインデーのプレゼント!アメリカでの習慣は?

女性から男性へチョコレートを贈るのは、日本ならではバレンタインデーの習慣であり経済効果も含めて文化にもなりつつありますが、アメリカでも確かにプレゼントを贈る習慣はあるようです。

・メッセージカード
・花
・宝飾品

などが定番のようです。

これをみてどう思いますか?。

花や宝飾品、どちらかといえば日本でも「男性から女性へ」のプレゼントの定番ですよね。

そうなんです。

アメリカでのバレンタインデーは「愛を伝える日」で、男性・女性に関係なくお互いに「愛を確かめ合う」日なのですが、どちらかというと男性がリードする形が多いといえます。

この習慣から、アメリカでのバレンタインデーの習慣は「アメリカでは男性から女性へ告白する日」とのイメージが強まり広まっていったのかもしれません。

アメリカでのバレンタインデー習慣は、日本とはまったく異なるものだと改めて紹介しましたが、次からはやはり日本で根付いているバレンタインデーの「義理チョコ」や「お返しの日」とされる「ホワイトデー」なる習慣の違いについても見てみましょう。

【スポンサーリンク】

バレンタインデー!アメリカでの「義理チョコ」事情!

アメリカでのバレンタインデーは、「愛を伝える日」であり「愛を確かめ合う日」です。

アメリカ人からすれば、「義理」の愛ってナンデスカ~?って感じでしょうね。

アメリカのバレンタインデーはどちらかというと、夫婦や恋人たちが「愛を確かめ合う日」で、あまり告白の日としてのチョイスはないのですが、しいて「告白の日」だとしても「義理」なんてありえませんから。

アメリカのバレンタインデーに、「義理チョコ」はありません!。

ただ、バレンタインデーに濃厚なチョコレートケーキ「ブラウニー」などを焼いて持参し、オフィスで配る方もいるようです。

でもこれは、
「義理」の形ではなくて、バレンタインデーとしてのイベント性を利用して日ごろの感謝を表すものでしょう。

ひょっとして、日本の義理チョコの原形はここから来てるのでしょうか?。

いやいや、チョッと違いますね…。

バレンタインデーのお返し!アメリカでのホワイトデーは?

男性サラリーマンの多くが「本命チョコなんてもらったことないよ!」という中、頭を悩ませるのが義理チョコでもお返しが礼儀の「ホワイトデー」。

義理チョコが日本ならではの習慣なら、ホワイトデーも日本ならではの習慣…。

残念ながら「ホワイトデー」こそアメリカにはまったく無い習慣で、日本ならではのモノです。

それこそ、商業戦略に乗せられたモノかなと…。

アメリカでのバレンタインデーは、ディナーを予約したりするなど、どちらかといえば男性が主体でお互いに「愛を確かめ合う日」であって、その日に男性からも女性からも「花」や「カード」を贈りあったりするもので、後から「お返し」を考えるものではありません。

ホワイトデーこそ、「結婚祝い」や「出産祝い」などことあるごとにお金を頂いたことに感謝し、そのお返しを贈る日本ならではの文化を反映した習慣でしょう。

ホワイトデーには「キャンディ」や「マシュマロ」が一時期定番になりましたが、それも「全国飴菓子工業協同組合」さんや福岡のお菓子屋さん「石村萬盛堂」さんが考えたモノが全国的に広まった形だとされています。

当時は、1970年代。現代のようにインターネットでの宣伝効果・拡散などもない時代ですが、割と短期間であれだけ全国的にお返しの文化「ホワイトデー」が広まったものだなぁと感じます。

まとめ

日本ではすっかり、女性が好きな男性へチョコレートを贈り愛を「告白する日」という習慣が根付いていますが、アメリカでのバレンタインデーの習慣はまったく異なるものでした。

アメリカでのバレンタインデーは、どちらかといえば既に夫婦である2人や交際している恋人関係の2人が、「愛を伝え」「愛を確かめ合う」特別な日だったのです。

アメリカのバレンタインデーでは、男性・女性ともにプレゼントを贈り合うというのが習慣化されていますが、ディナーを予約するなど、どちらかといえば男性がリードする形のようですね。

また、「義理チョコ」や「ホワイトデー」なるものは日本ならではの習慣であって、アメリカにはない風習であることを改めて認識させられた思いです。

しいて日本とアメリカのバレンタインでーの習慣に共通点を探すとするなら、「好きな人へ愛を伝える」という部分でしょうか。

日本では「告白」の日のイメージが強いかもしれませんが、告白された男性も相手の気持ちを温かく思いやる気持ちも大切にしてくださればと…。

【スポンサーリンク】