お子さんがいらっしゃるご家庭、今年は「芋掘り遠足」行かれましたか?。

すっかり秋も深まり、これから迎える冬には焼き芋も楽しみの1つになりますね。

トラックでの「石焼き芋販売」も、そろそろ回ってくる季節ですものね。

焼き芋を食べると、オナラが「ぷぅ~」っとなるので…と気になる方も多いようです。

漫画の世界だけのお話かと思っていましたが、実際に焼き芋とオナラは多いに関係するものなのです!。

オナラが出るということは、良くも悪くも「腸が動いている」証拠です。

確かに焼き芋に使われるサツマイモは、便秘解消に繋がる食品といわれています。

「焼き芋が好き」という女性は多いので、美味しく食べて便秘解消になれば、それはとても嬉しいですよね。

しかし、「焼き芋で便秘解消!」と思っても、食べ方を間違えると逆に便秘になってしまうのだとか。(それは大変ッ!)

今回は、焼き芋で便秘解消?便秘になる?について、それぞれ分かりやすい内容で紹介したいと思います。

【スポンサーリンク】

昔から便秘対策に重宝されてきたサツマイモ

焼き芋に使われるサツマイモが「便秘解消」に繋がることは、現代のように科学的にその効果が証明されるよりずっと昔から知られていました。

人々が実際にサツマイモを食べることで、悩んでいた便秘が解消した効果を言い伝えられてきたものでしょう。

秋が旬のサツマイモも、保存方法が確立された現代は、ほぼ1年中スーパーで買うことが出来ます。

焼き芋以外にも、てんぷらや芋ご飯、大学いもやスイートポテトなど、サツマイモには味しいレシピがたくさんあります。

焼き芋で便秘解消?!

昔から便秘解消にいいといわれてきた、焼き芋に使われるサツマイモですが、それにはしっかりとした理由があります。

焼き芋には豊富な「不溶性食物繊維」が!

焼き芋を割って食べると、まさに「食物繊維」が豊富になモノであることが見てとれます。
焼き芋で便秘解消するのは、ズバリ食物繊維が豊富だからです。

食物繊維に「水溶性」と「不溶性」があることは、最近メディアなどでも紹介されることが増えましたが、焼き芋のサツマイモに含まれるのは「不溶性食物繊維」 です。

「水溶性」「不溶性」それぞれの食物繊維は、異なる形で便秘解消へ繋がります。

焼き芋のサツマイモの「不溶性食物繊維」は、腸の中で消化された食べ物の水分を吸収することで自身の容積を増やし、腸の動きを活発にする働きを持ちます。

ちなみに、一方の「水溶性食物繊維」は海藻類などに多く含まれるものです。

わかめや昆布の表面の「ヌルヌル」が水溶性植物繊維の正体で、腸の中を滑らかな状態にして便を押し出す働きがあります。

サツマイモの成分「ヤラピン」が便秘に効く!?

サツマイモに含まれる「ヤラピン」という成分。あまり聞き慣れない名前ですが、サツマイモを包丁で輪切りにした時に、皮の下あたりから出てくる「白く粘つく液体」が「ヤラピン」です。

このヤラピンには、便を先へ先へと送る、腸の「ぜん動運動」を促す効果が期待されます。

さらに、ヤラピンは焼いてもすり潰してもその効果に変化がないということから、当然「焼き芋」からも得られるものです。

野菜や果物類などは、実と皮の間にこそ栄養が豊富に含まれるといわれますが、ヤラピンも皮のすぐ下に最も多く含まれています。

焼き芋は「皮ごと」食べた方がいいっていわれますが、それを科学的にいうと「ヤラピン」が多く摂れるからといっても過言ではありません。

また、焼き芋は「皮ごと食べるとオナラが出にくくなる」って聞いたことありますよね?。

あの言い伝えのような話も、ヤラピンが食物繊維の多いサツマイモの消化を助けるからだとされています。

【スポンサーリンク】

焼き芋で便秘になる?!

これまで、焼き芋に使われるサツマイモに含まれる「不溶性食物繊維」や「ヤラピン」などが便秘解消に効果的だと紹介してきたのですが、焼き芋を食べるとかえって「便秘になる」という方もいらっしゃいます。

便秘解消にいいとされる焼き芋を食べて、ナゼ便秘になってしまうのでしょうか?。

ポイントは水分不足!

焼き芋のサツマイモに含まれる不溶性食物繊維は、腸の中で消化された食べ物の水分を吸収することで自身の容積を増やします。

さらに言えば、便の水分まで吸収してしまうので、便秘がちな方にとっては、より「便が固く」なってしまうことにも繋がります。

便が固くなれば、便秘がさらに頑固なものになることは、容易にイメージ出来るのではないでしょうか。

サツマイモだけでなく不溶性食物繊維(根菜・野菜)を食べると、便から水分を吸収してしまうので便を固くさせ、さらに便秘になってしまう可能性が大きくなるのです。

焼き芋を食べて便秘解消!と思うなら、「水分も一緒に多く摂る」がポイントです!。

美味しい!美味しい!と焼き芋だけを食べるのではなく、お茶や牛乳などを一緒に飲みながら食べるようにしましょう。
(焼き芋と牛乳の組み合わせって、けっこう合うんですよね~。)

それだけで、腸内の便から水分を吸収されることが少なくなるので、「焼き芋食べると便秘になる」ことを防いでくれます。

まとめ

今回は、焼き芋で便秘解消?便秘になる?について、それぞれのワケを紹介しました。

焼き芋のサツマイモに含まれる「不溶性食物繊維」は、便秘解消になるものですし、逆に食べ方によっては、便秘が悪化してしまう原因にもなることが分かりました。

ポイントは、「水分を一緒に摂りながら食べる」ということでした!。

焼き芋を食べると便秘になってしまうという方は、特に「お茶や牛乳と一緒に」がポイントです。

焼き芋と牛乳、けっこう美味しいですよ~。

【スポンサーリンク】