「8月11日は何の日?」ととっさに聞かれて、答えられますか?。

答えは…「山の日」、祝日ですね。

山の日って、いつから祝日になったか覚えていますか?。

40を過ぎた会社員のワタシにとって、「山の日」はホントなじみが薄い。

8月11日といえば、多くの会社がお盆休みとなる直前。

夏休み真っ盛りの「子ども」にとっては、元々お休みなのでさらに興味がないかもしれませんが、この「お盆休み」直前の日という点に、なにやら「大人の都合」が意味・由来に含まれていそうなコトは想像つきますが…(苦笑)。

毎日働く会社員の身としては、「山の日」だろうと「海の日」だろうと意味を後から取ってつけたような祝日であっても、お休みが増えるのは大歓迎なワケです。

ただこの「山の日」、最近できた祝日にしては、8月11日に固定されていて「ハッピーマンデー」制度が適用されてないんですよね。

きっと休日を増やしてレジャーで「お金を使ってもらう」のが目的のハズなのに…。

海の日は「7月第3月曜日」なのに、ライバル的存在の「山の日」は8月11日に固定されている…。

チョッと不思議な点でもあります。

・山の日はいつから祝日になったのか?
・山の日はなぜハッピーマンデー制度が適用されていないのか?

今回は、この点を中心に探ってみたいと思います。

なにやら、大人の事情が満載な雰囲気ですね(笑)。

【スポンサーリンク】

山の日はいつから祝日になったの?!

そもそも論で、8月に「山の日」という祝日なんてあった?と思う方が多いかもしれませんね。

というのも、無理はありません。

山の日が祝日に制定されたのは2014年(平成26年)で、実際に施行されカレンダーに載ったのは2016年(平成28年)と、ホントについ最近のコトで歴史が浅い祝日なんです。

山の日とはどんな意味の祝日?

Wikipediaで「山の日」を調べても…

祝日法(昭和23年7月20日法律第178号)2条では、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としているが、山に関する特別な出来事などの明確な由来があるわけではない。

となっているほどで、これほど、過去に関連づける意味がない祝日というのも他にありません。

ライバル的な7月の「海の日」でさえ「後づけ的」とも言えますが、明治天皇が1876年(明治9年)に「明治丸」という船で、東北地方から北海道まで航海したのち、無事横浜へ帰着した日が「7月20日」だったコトに由来してしています。

たしかに「山」は日本の国土の70%以上を占めているとされています。

ワタシたちは、昔から山、自然から色々な恩恵を受けてきたワケですから「感謝」する気持ちは大切だと思います。

ただ、それがなぜ8月11日なのか?。

その「日」を山の日とする特別な意味はなく、大人の事情で「取ってつけた理由」しか感じられません。

山の日が8月11日に決まったワケは?!

8月11日が「山の日」として祝日に制定される前、1年の間で祝日がない月は6月と8月だけでした。

祝日を増やすコトでお休みが多くなれば、レジャーなどで国民がお金を使ってくれる機会が増える…。

さらに、8月のお盆休みに合わせて新しく祝日を作れば「お盆休みが長くなるのではないか?」から始まったコトのようです。

では、なぜ8月11日が「山の日」となったのでしょう?。

山の日はなぜ8月11日?

「山の日」なる新しい祝日を作るにあたって、いくつかの「日にち」が提案されました。

それまで祝日がない、6月と8月が候補に挙がります。

・山開きの日とするコトが多い「6月第1日曜日」
・絶好の山歩きシーズンとなる6月上旬
・お盆休み前の8月12日

中でも、多くの企業がお盆休みとしている8月13日~15日の前日にあたる8月12日を「山の日」祝日とすれば4連休となり、レジャー人口が増えるだろうと考えるのは当然。

なのに、なぜ8月11日となったのでしょう?!。

【スポンサーリンク】

山の日が8月11日になったワケは?!

8月12日を「山の日」とすればお盆休みが長くなる…。

しかし、8月12日としなかった大きな理由があったのです。

もう一度質問!。

「8月11日は何の日?」。

もうお分かりですね。

祝日「山の日」です。

もう一問!。

「8月12日はどんな日?」。

……。

お若い方だと知らない方も多いと思いますが、8月12日というと「日航ジャンボ機墜落事故」の日です。

羽田空港発の日本航空123便が群馬県「御巣鷹山」の山腹へ墜落し、500名以上の方々が亡くなった日。

8月に「山の日」として祝日を新しく増やそう!、どうせななお盆休みの前日に!と考えたモノの、「飛行機が山に墜落し」多くの犠牲者を出した8月12日を「祝日」とするのはどんなモノか…との意見も多く…

山の日は「8月11日」と制定されたというワケ。

「山の日」はなぜハッピーマンデーじゃないの?!

最近はより多くの方にレジャーを楽しみ「お金を使ってもらおう」と、多くの祝日がハッピーマンデー制度で月曜日にして3連休とする動きがある中、なぜ1番新しく制定された「山の日」がハッピーマンデーじゃないのでしょう!?。

その理由は、大きくわけて2つあるように思います。

「日航ジャンボ機墜落事故」の日がハッピーマンデーになってしまうから!?

そもそもは「お盆休みを1日長く」と8月12日がイイのでは?と考えられていた山の日は、500名以上もの方々が亡くなられた「日航ジャンボ機墜落事故」当日ということで見送られ、その前日「8月11日」となりました。

ハッピーマンデー制度で、例えば「8月第2月曜日」といった形で定めてしまうと、何年かに1度多くの犠牲者の命日にあたる「8月12日」が「ハッピー」な日となってしまいかねません。

お盆休みが長くなるから!?

特に中小企業など、「お盆休み」を8月13日~15日頃に設定されているケースが多いようです。

当初の狙い通り8月12日を「山の日」として祝日に制定することで、単純に連休が4日に増えるもくろみがあったのだろう思います。

しかし、どうでしょう?。

さらに前日の8月11日が「山の日」となったことで、間の12日を「有給」として5連休とする企業も増えたのではないでしょうか?。

この記事を書いている2018年は、奇しくも8月11日の山の日は「土曜日」に当たってしまいましたが、それでも13日~15日と合わせて5連休になりそうです。

まとめ

今回は、8月11日の祝日「山の日」について、

・山の日はいつから祝日になったのか?
・山の日はなぜハッピーマンデー制度が適用されていないのか?

についてを中心に見てみましたけど、かなり「大人の事情」を含んだ新しい祝日だと、あらためて分かった感じがします。

夏休み中の子どもたちには、殆ど影響のない祝日「山の日」。

私たち会社員にとっては、お盆休みが長くなってありがたい「祝日」。

意味はあまりないかも知れませんが、お国だって「休日を増やしてお金を使って欲しい」と制定したに違いない「山の日」です。

避暑地と呼ばれるような夏の「観光スポット」も素敵ですね。

家族に「山の日」に何して楽しむアンケートを取ってみては如何でしょう?。

ワタシ個人的には、山に囲まれた河原で「バーベキュー」が理想なんですけどね。

家族がどんな反応するかな…(苦笑)。

【スポンサーリンク】