年末もいよいよ仕事納めが近づく頃になると、職場や取引先の方々との挨拶で、「良いお年を~」という言葉を交わすことが多くなります。

「今年も頑張ったね~」「来年もよろしくね~」と明るく新年を迎える感じが伝わる、年末ならではの挨拶でとても気持ちのいい言葉だと思います。

しかしこの「良いお年を」という挨拶は、職場の同僚や学校の同級生の間ではごく自然に使われる言葉なのですが、けっして敬語的な表現ではありませんよね。

「良いお年を」これをそのまま目上の方、会社の上司や学校の先生に対して使うのはいかがなものでしょうか?。

ネット上の相談コーナーでも、上司への年末の挨拶でも「良いお年を」と言っていいものか?と、悩まれている方がとても多い様子が伺えます。

そもそも年末の挨拶で自然に交わしている「良いお年を」の意味を、よくわからず使っているという方も少なくないかもしれません。

またお世話になったすべての方々に年末の挨拶をして回ることも難しく、最近ではメールで挨拶される方も多いでしょう。

今回は、年末のご挨拶「良いお年を」について

・「良いお年を」の意味は?
・上司や学校の先生へ向けての敬語的な表現
・メールで挨拶するならば?

など、一緒に見ていきましょう!。

これで、年末の挨拶を悩まずに済むと思いますよ!。

【スポンサーリンク】

年末の挨拶「良いお年を」の意味は?あとに続く言葉で変わる?

年末に交わすこの多い「良いお年を」という挨拶。

職場の同僚や学校の同級生の間では、ごく自然に使われる言葉ではありますが、実はこの「良いお年を」とは、かなり「短縮」「省略」された表現でそのあとに続く言葉で、その意味も大きく変わってくるものなのです。

良いお年をお迎えください

年末は、誰もが忙しい時期。

「大掃除やお正月の飾りつけなど慌しくも無事に過ごして、新たな良い年を迎えてくださいね」の意味が込められた言葉です。

この「お迎えください」の場合の「良いお年を」は、迎える新年のことを表しますね。

良いお年をお過ごしください

先の「お迎えください」の元となったのが、「お過ごしください」とされています。

「年末を無事に乗り切れるように過ごしてください」という意味で、この場合の「良いお年を」は、まさしく今年残された日、旧年中のことを表します。

というのも、昔の年末は商人をはじめ庶民にとっても決算の時期でした。

買掛け金の支払い、借入れたお金の返済のためにお金を工面するために走り回る、「無事に年を越せるか否か!?」という一大事な時期だったのです。

無事に年末を過ごされることを祈るように、「良いお年をお過ごしください」と表現したのですね。

現代の「良いお年を」の意味は?

年末に交わされる挨拶「良いお年を」に続く言葉として、「お迎えください」と「お過ごしください」のどちらが正しい正しくないはありません。

しかし現代では、多くの場合「お迎えください」の気持ち、つまり「良い新年をお迎えください」の意味を込めて使われているようです。

「お過ごしください」となると、昔のように「なんとか乗り切ってください」的な意味合いに感じてしまうのかもしれません。

【スポンサーリンク】

「良いお年を」の敬語的な表現とは?!

おそらく多くの方は、目上の方に対しての年末の挨拶に「良いお年を」は失礼にあたるだろうなと思っていると思います。

ただ、難しく感じるのが「良いお年を」を敬語的に表現するなら?ということでしょう。

「良いお年を」を、敬語に直す言葉などないといってもいいと思います。

例えば「言う」を敬語(尊敬語)でいうと「おっしゃる」や、「食べる」を「召し上がる」などといったものはありません。

「良いお年を」は、「良いお年をお迎えください」や「良いお年をお過ごしください」を短縮・省略したものですから、短縮・省略せずにキチンと「良いお年をお迎えください」とするだけで敬語的な表現となりますので安心してください。

どんな目上の方であっても、「良いお年をお迎えください」と挨拶されれば、嫌な思いをされる方はいないと思います。

「良いお年を」のメールで使うなら?

年末、本来ならばお世話になった方々へ挨拶に回りたいところですが、正直限られた時間の中では難しいのが実情ですね。

とはいえ、昨今はメールという便利ツールがありますので、出来る限り年末の挨拶メールを送りたいと思われるでしょう。

昔なら、挨拶に回れずに残念な思いをされた方でも、メールを上手に使えばお相手との関係を良い形に保つことができますからね。

その年を締めくくる挨拶ですので、

・今年1年の出来事を、「具体的な事例」を挙げて感謝の意を伝える
・年末・年始の営業予定
・来年も引き続きお力添えを頂きたいお願い

などを含めた文としつつ、最後に「どうぞ良いお年をお迎えください」で締めるのがスマートでしょう。

例え職場の同僚や友人、同級生といったお仲間の中での年末挨拶メールであっても、「良いお年を」ではなく、あえて「良いお年をお迎えください」と挨拶できれば、「あれっ?、ちゃんとしてる!」って思われること間違いなしですよ。

まとめ

今回は、年末の挨拶でよく聞かれる「良いお年を」について、その「意味」や「敬語」的な表現、メールで挨拶するならについて見てきました。

なにげなく使っていた「良いお年を」でしたが、その意味を知ることで、挨拶に対する気持ちも変わってくるのではないでしょうか。

ズバリ敬語というものではないかもしれませんが、「良いお年を」と省略せずに「良いお年をお迎えください」としっかり言葉とすることで、目上の方への年末の挨拶でも問題ありません。

今回の記事で、年末の悩みが1つ解消できたなら嬉しいです。

仲良しグループの年末最後の挨拶では、「良いお年を~」「バイバ~イ!」もいいものですが、「良いお年をお迎えください」とキチンと言えるだけで、ちょっぴりカッコイイかもしれませんよ。

【スポンサーリンク】