この冬は「暖冬」といわれ、雪へ備えは完全に油断していました(苦笑)。

たしかに、初雪も遅かったし、何度か降っても雪が積もることもなく。

車のタイヤも、楽観的に「大丈夫だろう!」なんて冬タイヤに交換せずいたんですよ…。

それが、まさかの大雪予報!。

「関東平野部でも5~10㎝の積雪が…」なんていうお天気お姉さんの神妙な顔を見ると、「明朝の出勤は大丈夫か?」って急に心配になったりしてね。

実際に、雪は何度から降るのでしょう?。

会社では、パソコンで「天気予報」ばかり眺めてるオジサマが、たしか「何度」か言ってたけど…。

でも、「根拠は?」って聞けば、「北国育ちの勘だよ」なんて言ってるのだからアテにならない(苦笑)。

さらに、大雪が一度降ると、けっこう暖かい日が続いても、雪掻きされた雪がなかなか溶けることなく、道端に積まれっぱなしということもありますよね。

いったい、雪は何度で溶けるのでしょう?。

とくに、都内や平野部の方々は雪に不慣れなだけに、今回のテーマ「雪は何度から降って何度で溶ける?」は毎回頭を悩ませます。

まったく、会社のお天気オジサマはアテになりません。

ここは、一緒に探っていきましょう!。

【スポンサーリンク】

雪は何度から降る?!

この疑問を探るにあたって、前提になるのは「雪が降る可能性がある」気象条件であるかということです。

だって、気温が低い=雪が降るというワケではありませんものね。

「西高東低」のいわゆる冬型の気圧配置では、日本海側では雪になりやすいものの、その雪雲は高い山々を超えることなく、関東など太平洋側の地域では晴れて乾燥した日が続きます。

なのにナゼか、名古屋周辺だけ雪が降ることがあります。

冬のあいだ、名古屋周辺には「伊吹おろし」と呼ばれる強風が吹きつけます。

関ケ原近くにある矢吹山にちなんだ名前ですが、この部分だけ高い山々が途切れていることから、日本海側からの寒気・雪雲がそのまま抜けてくるルートになっているから。

つまり、太平洋側、とくに関東平野部の地域で雪が降るのは、気温が「何度から」よりも、まずは気象条件が大きく影響するモノなのです。

関東平野部で雪が降る気象条件は?!

太平洋側、とくに関東平野部では、以前の記事 「冬将軍とは?言葉の由来は?誰のこと?」 でも紹介した、気温がグッと冷え込む「西高東低」の冬型の気圧配置になっても雪が降ることは多くありません。

東京・横浜・千葉など、関東南部と呼ばれる地域で雪が降る原因の多くは、「南岸低気圧」による仕業!。

南岸低気圧とは?

「南岸低気圧」という言葉じたいは、テレビやラジオの天気予報で聞いたことがある方が多いと思います。

とくに、年明け1月から春先にかけて多く発生するとされています。

南岸低気圧(なんがんていきあつ)とは、日本列島南岸を発達しながら東に進んでいく低気圧のこと。
冬から春(概ね毎年1月から4月にかけて)にかけてよく発生する。

さらに、東京など関東南部の地域に大雪を降らせる原因となるのも「南岸低気圧」

日本列島の太平洋側に大雪や大雨を降らせることが多く、特に東京を含む関東地方南部における大雪のほとんどは南岸低気圧によるものと言われている。
暖気を運んでくる日本海低気圧とは対照的に、日本に寒気を運ぶことが多い。

急速に発達する南岸低気圧は「爆弾低気圧」などとも呼ばれ、さらに大雪の原因になります。

・2014年2月の、十数年ぶりとなる大雪、東京で2週連続で30㎝前後の積雪。
・2018年1月の、4年ぶりとなる大雪、東京で20㎝を超える積雪。

などが記憶に新しいトコロでしょうか。

関東平野部で雪が降る気温は何度?!

前述したように、太平洋側、とくに関東平野部の地域で雪が降るのは、気温が「何度から」よりも、まずは日本列島南岸を発達した「南岸低気圧」が通過するなど、気象条件が大きく影響します。

その気象条件であることを前提に、あらためて「雪は何度から降る」かを見てみましょう!。

気温が何度になると雪が降る?大雪になるのは何度から?

空から降るそれが雪なのか雨となるのか?、その判断基準となるのが上空1500m付近と地上の気温が何度であるか。

・上空1500m付近の気温が、マイナス6℃以下
・地上の気温が3℃以下

概ね、この2つの条件が揃うと予想されると「雪が降る」と判断されるのだとか。

たしか、会社のお天気オジサマは「4℃以下」って言ってたような…。

まぁ、近いからいいか(苦笑)。

大雪となるかの目安となるのが、上空5500m付近の温度。

・上空5500m付近の気温が、マイナス36℃以下

と予想されると大雪になる可能性が高く、マイナス30℃以下となれば注意が必要。

しかし、これらが「雪は何度から降る」についてのセオリーではあるものの、ときに地上の気温が4℃以上でも雪が降ることがあります。

それが湿度との関係。

いや、雪が降る条件って、けっこう奥が深いですね…。

雪が降るか雨になるかは湿度も関係する?!

「南岸低気圧」の通過などの気象条件と合わせて、上空1500m付近がマイナス6度以下、地上が3℃以下の気温になると雪が降ると判断されるとのことですが、4℃以上でも雪が降ることがありますし、逆に3℃以下でも雪が降らないこともあります。

その違いは「湿度」。

湿度が低いほど、雪となって地上まで降る(到達する)ことが多いのです!。

なぜ、湿度が低いと雪となるのでしょう。

「昇華(しょうか)」という言葉を聞いたことがありますか?。

簡単にいうと「氷が液体とならずにそのまま水蒸気になる現象」なのですが、身近なトコロだと冷凍庫の氷が長く放っておくと、徐々に小さくなっていくことでしょうか。

氷がの表面が一気に水蒸気となり、凍室の壁に付着した水蒸気は「霜」となるのです。

はぁ… 冷凍庫の壁の霜は、氷など凍っていたモノの表面が昇華してできたモノだったんですね(苦笑)。

高校の化学の授業が大の苦手だった私ですが…

回りの湿度が低いほど、昇華が起こりやすい環境なのだと理解すればOK!。

さらに昇華が起こるときは、熱を奪われた氷の温度は低下します。

この現象が上空の雪のかたまり「雪片」でも起きるのです。

湿度が低い日、昇華によって温度が下がって雪片は、通常雪が降るとされる3℃以下の条件でなくても、地上まで溶けることなく雪となって到着するのです。

極端な例では、地上の気温が10℃近くにあっても、湿度が10%以下であれば雪が降ることもありえるとのこと。

それでも、実際には湿度が30%を下回ることはごく稀なので、「雪は何度から降る?」については、気温8℃くらいが限界のようです。

【スポンサーリンク】

雪は何度で溶ける?

大雪が一度降ると、けっこう暖かい日が続いても、雪掻きされた雪がなかなか溶けることなく、道端に積まれっぱなしという光景が…。

路面の雪が凍ればツルツルで、車を運転するのはもちろん、歩くのさえ危ない。

いったい、雪は何度で溶けるのでしょう?。

雪が溶けるのは気温が何度より日光・日差しが重要!?

雪って、云わば氷の結晶ですよね。

雪(ゆき、ドイツ語: Schnee、英語: snow)は大気中の水蒸気から生成される氷の結晶が空から落下してくる天気。

雪が「氷の結晶」ならば、イメージ的には気温0℃を境に溶けるモノ。

なのに、暖かな日が続いてもなかなか溶けることなく、雪掻きされた雪は道端に積まれたままになっています。

なぜだと思いますか?。

実は、雪は気温で溶けるのではなく、太陽からの光「日光」で溶けるモノなのです。

マイナス5℃という凍える気温でも、日差しが強ければ雪は溶ける。

逆に、いくら夜に気温が上がっても、日差しがなければ雪が溶けることはありません。

加えていうなら「風」でしょうか。

いくら気温が上がっても、空気の流れがなければ雪と接している部分の空気は雪で、ほぼ0℃に冷やされてしまうから。

風が吹いて、雪のまわりの空気に動きがなければ、何度になっても、雪はなかなか溶けることがないのです。

日光・日差しがあるのに雪がなかなか溶けないのは?

雪が溶ける条件の日光・日差しがあっても、実際には、なかなか雪は溶けてくれません(苦笑)。

なぜ?。

それは、雪が「白い」から。

これ、小学校の理科の実験で経験されたと思いますが、「黒い」モノは光を日光を吸収して中の温度が上がるけど、白いモノは日光を反射してしまいます。

黒い紙で覆ったペットボトルの水の温度は、どんどん上がりましたよね。

雪が早く溶けるには?!

一度積もった雪は、気温が何度になれば溶けるモノではなく、日光・日差しが重要とはいえ「光を反射する」する白い雪はなかなか溶けてくれません。

少し溶けたかな…と思っては、また凍っての繰り返し。

ここからは、さらに雪が早く溶ける方法を見ていきましょう!。

塩をまく!

「塩」といっても、家庭の食卓で使うお塩ではなく、通称「塩カル」と呼ばれる「塩化カルシウム」のこと。

ご自宅に「売るほど」お塩があるなら、それもアリですが…(苦笑)。

これも、小学校の理科の実験で経験されたコトかもしれませんが、水に塩を混ぜると氷はじめる温度「氷点」が下がります。

ということは、水は普通0℃になれば凍るモノが凍らなくなります。

つまり、塩をまくと、温度が低くても雪が溶ける効果があるというワケです。

これは、雪が降る前にまいても効果あります。

積もりにくくなるし、積もっても溶けやすくなりますから。

冬の時期にホームセンターを覗けば、普通に「塩化カルシウム」が売っています。

雪が降った時に、何度かに分けて使えるので、1袋準備しておくといいかもしれませんね。

黒いポリ袋に入れる!

最近は、ゴミ袋も「半透明」のモノと指定されることが多く、「黒いポリ袋」をあまり見掛けなくなりましたが、積もった雪を早く溶かすに、黒いポリ袋は効果大!。

先に紹介した通り、黒い紙で覆ったペットボトルの水の温度が上がるのと同様、黒いポリ袋に雪を入れると早く溶けてくれますよ。

まとめ

今回は、「雪は何度から降って何度で溶ける?」をテーマに取り上げました。

雪は何度から降るかについては、太平洋側、とくに東京・横浜・千葉など関東平野部と呼ばれる地域を例に紹介しました。

関東平野部で雪が降るのは、日本列島南岸を発達した「南岸低気圧」が通過することが大きく影響します。

それを前提としての「何度から」。

・上空1500m付近の気温が、氷点下6℃以下
・地上の気温が3℃以下

概ね、この2つの条件が揃うと「雪が降る」と判断されます。

さらに、大雪となる目安となるのが、上空5500m付近の気温がマイナス36℃以下になることでした。

雪は「何度で溶ける?」についても、気温ではなく「日光・日差し」が重要だということ。

どんなに暖かくても、日差しがなければ雪は溶けてくれません。

とはいえ、日差しがあってもなかなか溶けることのない雪。

雪が早く溶けるには、

・塩をまく
・黒いポリ袋に入れる

などを挙げてみましたが、小中学校の理科の実験を思い出せば、「なるほど」納得な方法だったのではありませんか?(苦笑)。

いかがでしょう?。

これからテレビやラジオの天気予報で「雪予報」を見聞きしたら、いくつかのフレーズに敏感になるのではないでしょうか?。

・南岸低気圧
・上空1500m付近の気温(マイナス6℃以下)
・地上の気温(3℃以下)
・上空5500m付近の気温(マイナス36℃以下)

もう、会社のお天気オジサマの「勘」をアテにしなくてもよさそうですね(笑)。

【スポンサーリンク】